2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

早く…見たいですね。

001 定期的に歯科へ行きます。

歯のメインテナンスの為です。 「めざせ、8020運動scissors」 が目標ですから……happy01

すると、待合で上記の冊子がありました。

地元、長崎大学の機関紙のようです。

003 すると、こんな項目が…。

そうsign01 風に立つライオン の映画化の話題でした。

ファンの方なら、もうすっかり熟知してるほど、柴田紘一郎先生とさださんとの出会い。

 柴田先生役は、大沢たかおさん。 これも、もうご存知ですね。

009 少し拡大してみます。

010 なかなか、興味深い内容です。

011


007 現役で、ケニアで活躍されてる先生も、大沢たかおさんの

同僚役で出演されてるとか……。

「長崎弁なら大丈夫ですscissors」 って。 ますます公開が待たれますね。

映画館へ行きました。

 久しぶり、何にも用事がない日曜日なので、久々に映画へ行きました。

かといって、

「これが、見たいlovely」 と言うのも無く、 とりあえずインターネットで検索。

 ありましたぁ。  ノア 約束の舟 です。

実は私が学生時代に学校から授業の一環としてみた映画が、 「天地創造」 でした。

聖書で習ってたし、宗教の時間にも習ってたので 何となくストーリーも頭に入りました。

あと、「十戒」 や 「ベンハー」 なども学校からの推薦映画でした。

 もう、かれこれ50年前の映画です。

 “ノアの方舟” の場面もけっこう鮮明に覚えています。

 荒廃した世の中を、洗浄する為、神から選ばれし ノアの家族。

 全種類の動物、鳥、爬虫類、etc. もちろん、全て“つがい” で 方舟にやって来ます。

 なのに……今日見た、この ノア 約束の舟 のなんと、荒々しくて おどろどどろした、内容ではありませんか。

少々、デフォルメされているとは言え…。

 しかしながら、地球誕生から、人類誕生までの 気が遠くなる程の年月で完成された 美しい地球。 まさか、まさか 私たちの時代で 破壊する訳にはいけません。

そんな、私たちへの警鐘の映画だと思いました。

 公式HPです http://www.noah-movie.jp/

 そして、50年前に見た 天地創造ですhttp://www.youtube.com/watch?v=5pPUd0J768A

005_2 心身ともに ドヨ~ンとした、気持ちで帰ったら

こんな物が届いていました。 広島に居る長女から父の日のプレゼントですってhappy01

わざわざ、オーダーしたのではなく 本当に、こんなお酒があるそうです。

http://iamkamu.blog129.fc2.com/blog-entry-792.html

 お蔭で、少し元気になりました。

しかしながら、最近の映画は 効果音がマックス過ぎて 私にはついていけませんsweat01

 

やはり、素敵でした。

 先日も、このブログでご紹介しましたが 映画 「サクラサク」 の田中光敏監督の 講演会がありました。

032  左の方です。

映画づくりに見る 「市民力」  が、演題でした。

とても、お話がお上手で 監督の話術にぐいぐい引き込まれていきました。

 「サクラサク」 の裏話もたくさん お聞きしました。

監督でなければ、出来ない事、また ご苦労された事などです。

「サクラサク」 の映画化の権利をめぐって、テレビ局との話。 そこに、さだまさしさんの

ご尽力のおかげで、田中監督がメガホンをとった話。

なかなか、興味深いものばかりです。 一つ、一つがまるで、宝物みたいな お話でした。

 さださんは、この映画製作にあたり、たった一言 監督に、お願いした事。それは…

「暖かい涙が出る映画に して下さいね。」

だそうです。 私も、いち早く 試写会へ行く機会がありました。 まさに…

「ラストの美しい桜と、さださんの歌。 気づいたら “暖かい涙” が、頬を伝わっていました……。」

でした。  公開は、4月5日 全国でスタートします。

 034 皆で、写真を撮りました。 私の横に (背後霊みたいに…うふっ) いらっしゃるのが、 この 「サクラサク」 の映画化にもっとも ご努力された方。

そう…「福井在住の 一女性」 です。 本当に、素敵な方です。

037 皆さんが、手に持ってるのは 田中監督のサインです。

ドサクサで私も 頂きました。

コン ティキ

「何? 何? コンティキ って?」

と、思ったでしょう? 映画なんですよ。

068 実は、東京の話題がもう少しありましたsweat01

この日は一人で 電車に乗って、渋谷まで行きました。 前日、娘が

「風立ちぬ すごく良かった~。」

と、言ったので私も急に見たくなりました。 長崎でもあるけれど あえて、東京の映画館へ行こうと思って……。

 東京の友人にメールしました。

「渋谷にある、シネコンって何処? 教えてね。」

「ヒカリエ、宮益坂、道玄坂、西武隣り などかな?」 と返信が。

「まぁ、じゃあヒカリエにするわ。 最近出来た建物でしょ?」 と私。

でも……最上階にあるのは 劇場であって、映画館ではなかったですcoldsweats01

道玄坂を探しながら…

note 雨~降りの道玄坂 バスを待つあなたの~ぉ

と、ふと こんな歌が浮かびました。 懐かしいheart04

 平日と言うのに長崎の “おくんち” の人出の10倍くらいの人・人・人……。 

これが、毎日?067


渋谷の交差点で信号待ちしてたら 向かい側にこんな映画の案内が……。

なんか、いい感じ。

「やっぱり、今日は “風立ちぬ” は止めて コンティキにしようscissors」 と。

初めて聞く映画。 キット 全国区ではない 珠玉の作品だけど 興行的にはちょっと困難な映画ではないかと判断しました。

 ストーリーはこちら ⇒  http://www.kontiki.jp/

全世界で 5000万部翻訳された 冒険もの。

、太平洋をいかだで横断する。 という無謀な計画にも関わらず 一人の死者も出さず 全員が目的地にたどり着いた事は、とても感動的でした。

 上映までに時間があったので、何処かでランチを…と思い、あちこちを フラフラと歩いてたら 全く方向を見失いました。 困った!

道行く お嬢さんに聞いてやっと、映画館の前に辿り着きました。ふ~っsweat01

066 この映画館の最上階の和食屋さんで 牛ステーキ丼。

065 一人ランチも 寂しくありません。

 





  

ゆかりの地を訪ねて ③

029 いつ見ても 異国情緒を感じさせる景色 ですね。

056 丘の上の洋館や、まっすぐ伸びたソテツの木。

少し曲がった オランダ坂…etc.

活水大学へ行く、道中に喫茶店があったのを覚えていますか?

右写真がそうです。 今は、長崎市が買い上げて 無料の憩いのスペースになっています。

有料ですがお茶も頂けます。

031_2 さるくのメンバーさんは、ここで暫しの休憩。 結構、あちこち歩き回りましたので。

「特別の許可をもらって 活水のチャペルを見学します」 と、さるくガイドさん。

039 こちらは小チャペル。 

先日 TSUKEMENのコンサートがあったのは、大チャペルでした。

ここは、蝶々さんの赤ちゃんが洗礼を受けたシーンでした。 当時のままに大切に使われたチャペルは重厚さを感じます。

048 椅子も……045 柱も……

049 ランプも当時のままです。

130年の歴史の中で、何人の女学生が祈りを捧げたのでしょうか?

051 約2時間余りの “蝶々さん さるく” 色んな長崎を知る事が出来ました。

しかしながら…返す返すも…市川森一先生の早すぎる死が、悔やまれます。

ゆかりの地を訪ねて ②

016 その後、趣きある通りをそぞろ歩き、諏訪神社へ。

019_2 ほんの2ヶ月前には、あんなに賑やかに、盛り上がった

“長崎くんち” も今はひっそり。 長坂も静か

に参拝者を迎えています。023_2

 さるくの方も 諏訪神社の歴史や、おくんちの イロハを話して下さいました。

因みに 約400年前に丸山の芸者さん 2人が、諏訪の神様に舞いを奉納したのが、 おくんちの始まりとか……。

ちょうど、古式ゆかしく 神前結婚式もあってました。

027_2  さて、次は電車で移動。

5番の “石橋” 行きに乗りました。 私のお膝元……東山手・南山手方面へ……GOrun

“蝶々さん” ゆかりの地を訪ねて ①

去年、NHKで 市川森一さんの脚本で 宮崎あおいさん主演の蝶々さんが放映されましたね。

皆さん、ご覧になりましたか? 後編が終わる頃、ほぼ同じ時期に市川さんの訃報が 流れました。 本当に、大事な方を亡くしました……。

まだ、まだ市川さんの作品を見たかったのに……。001

 先ず、歴史文化博物館に集合。 約20人余りの参加者。

004 徒歩で、玉園町の聖福寺へ。 こちらは、アメリカ海軍士官ピンカートン氏が、 いよいよ本国へ帰還するという 蝶々さんとの別れのシーンでした。

007 映画 “解夏” ファンには馴染みの 鬼塀ですね。

008 真夏の酷暑の中、機材運搬に苦労した事や 蚊が多くて、俳優さんの顔にかかって 何回も撮りなおした事や……。

010 大雄宝殿/元禄10年 (1697年) 建立。

300年の歳月が経ち あちこちが傷み始めています。 今、この宝殿の修復活動が進んでいます。

世話人の欄に さだまさしさんのお名前もあります。

崩壊寸前の軒先や、崩れだした屋根も心配です。

雨やどり掲示板で この聖福寺の修復工事の話し、煎茶茶碗の事を掲載しました。

http://amayadori.white.coocan.jp/?m=listthread&t_id=1334&summary=on

こんなもの まで…

Cimg0595 皆さん、お久しぶり~paper

約2週間ぶりの ご無沙汰でした。

忙しかったんです。 そして、「おくんち」 と 「大還暦」 が一度に来て お店も、チーフも、てんやわんやでした。

本当に 有り難い事でした。 お世話になりました。

 そして、久しぶりに お買い物へ出掛けたら…

こんなお米 発見sign03

いくら、来年から NHK大河ドラマ 「龍馬伝」 が始まるといっても…ここまでもかぁ~?

そう言う私も、ちょっと気になって買ってしまいました。 本当に 「うまいぜよ!」 かしら?

Cimg0633  そして、雨やどりの お酒コーナーにも、

「龍馬コーナー」 を設けました。

蔵元は、龍馬に関係ある 高知・長崎・鹿児島 のお酒を集め 各地の味比べが楽しめますよ。

 そうそう、私 先日 NHK長崎放送に電話を掛けました。

「あの~、龍馬伝のエキストラの募集は ありませんか?」

「いえ、まだ長崎での撮影予定は未定です。 来年に入ってからです…」 と。

 前回、「精霊流し」 も 「解夏」 も 私が知らない内に

終わっていたので 今度こそ! の強い思いです。

 皆さ~ん、もしも私が エキストラに出演出来たら 必ずお知らせしますね。

見たくないでしょうが……かつらかぶった、下町のおばさんが うろちょろ歩いてたら……チーフです。うふふ 

映画 「スラムドッグ$ミりオネア」

Cimg6784  最近 見た映画がコレです。

期待しなかった分、見終わった時は とても感動しました。

インド映画です。日本でも人気番組だった “クイズ ミリオネア” このインド版の映画です。

 主人公の男性は、幼い頃スラム街で育った為、

「今まで、最後までこのミリオネアで優勝した者は 誰一人いなかった。 医者や学者や有識者の誰もが……。なのに、スラム出身の若者が 解るはずがない。 きっと、何か不正をしてるに違いない…」 と、この司会者 (インド版 みのもんた でしょうか?) は、面白くありません。

 しかし、この若者は何も不正はしていません。

全ての問題が、偶然にも 彼の壮絶な人生の経験から得た、問題と一致したからです。

あぁ~、本当に感激しました。 GWに何にも計画がないあなた。 お勧めの作品です。

 で、これで終わりではありません。

先日、帆船まつりの時、インド人の方々もたくさんお見えです。彼らは、キット エリートの方々でしょう。 制服をバシッと身にまとい 紳士的な態度です。

雨やどりにも、たくさんの方が来ました。 そして、私は勇気をだして聞きました…。

私 「インドの方ですか?」

客 「はい、そうです。」

私 「じゃぁ、この映画は ご存知?」 と、このページを開いて見せました。すると…

客 「あぁ、勿論 知ってます。 彼は、初出演でこの演技。 彼は…(と、みのもんたさんを指して) インドでベテランの役者です。」 と。

 もう、それからと言うもの それは、それは盛り上がりました。 彼は、部下らしき人に私との2ショット写真を撮りました。 何故か、部下までもが一緒に…!

 キット今頃、彼の家で 話題になってるかも?

「この日本の女性は、“スラムドッグ~” を見て、感激したんだよ!」 って。

私のカメラにも、一緒に写って 貰えば良かった~残念です。

水戸黄門様。

 今日は、野母崎ゴルフカントリーで 玲子さんの 【クリスマス コンサート】 が、あると言うのに……。 

全く、不似合いな 話題で申し訳ないです。

でも……“長崎大好きなあなた” へどうしてもお知らせしたくて!

 12月15日(月曜日) の夜8時から放送の 水戸黄門。 この日は、長崎ロケの黄門さまが見れますよ。

 長崎おくんちや、奉行所なども 出ます。 NBCの女子アナウンサーもエキストラで出演しました。 TBS系です。 是非!ご覧下さい……

 今は、「水戸黄門なんて、嫌いよ!」 という、若々しいあなた。 でも…キット!

「水戸黄門ほど面白いテレビはないわ。ストーリーが決まってるし、安心して見れるから」 と。

 事実、我が家の義母も、実家の母も、姉のお姑さんも……黄門さまが大好きです。

 もう、今は亡くなったけれど……おじいちゃんの部屋からは、毎日 夕方になると、

note 人生楽ありゃ 苦もあるさ~

 のメロディーが大音響と共に聞こえ、夕飯のしたくを始めた私の包丁さばきも、音楽に合わせて リズミカルに動いてました……。

より以前の記事一覧