2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

パインテールファーム

 「せっかく、雲仙へ来たのだから ちょっと寄りたい所がある…」

と、主人が言ったので とりあえずsign02 同行しました。

017 雲仙の温泉街を抜け、諏訪の池をめざし、また すごい道無き、道を走ってやっと到着です。

「あらっ、素敵っ。 こんな所に、こんなお店が…」 って、感じです。

012 テラスの先には、のんびりと2頭の牛が草を食んでます。

オシャレな店内。 オーナーご夫婦は、ご高齢…と、言っても私達より お若いかもsign02 

すみません…sweat01

014ヤマメの里で、お腹いっぱいになった私達。

さりとて、何も注文しない訳にはいかず フルーツピザと、

016 濃厚ヨーグルトと、バニラアイスです。

“別腹” とは、よく言ったものです。 ちょんと、食べれましたから…good

018 山の中にある 癒しの場所。

のんびりと過ごすには おススメの パインテールファームです。

http://djobidjoba.com/works/%E8%BE%B2%E5%A0%B4%E3%83%BB%E3%83%81%E3%83%BC%E3%82%BA%E8%B2%A9%E5%A3%B2%E3%80%8Cpine-tail-farm%EF%BC%88%E3%83%91%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%83%A0

↑HPでは、ないけれど…

この季節がやって来ました。

007_2 長崎県雲仙の 山中にある “ヤマメの里”

今年も早々に行って来ました。 ちょうど、お昼時に行ったのですが 訪れたお客様は

私達と あと一組のみ。 気の早い客でしたsweat01

 ヤマメのから揚げ。 私はコレが一番美味しいと思います。 頭からしっぽまで食べれます。

008 次は 塩焼きです。 写真を見て分かるように まぁ、塩加減の多い事。 「辛さ、辛さdown」 です。

次回、お邪魔した際は 「塩加減は どうぞ 控えめに…」 と、言うつもり。

004 流しそうめんも お願いしました。

何せ、行ったのが五月の下旬。 長崎市内はもう 充分 暑かったのですが…。

流石に 雲仙の山の中。 寒くてクーラー要らず。

「何ばし (長崎弁です。) そうめんを水に流さずとも そのまま食べる方が今日は正解ね。」

と、言う事で 初めの 一すくいは流しましたが あとは、そのままつゆに入れて スルスルと…。  う~ん、美味なり~。

 本当に美味しい 夏の風物詩です。

010 しかし、ちょっと油断したら ほらっsign01 狙われます。011 あちらから、こちらから…と、敵も熱心です。

他にも数匹いました。 ここの飼い猫でしょうか? でも…何か、可愛いheart04

からこ野ランチ

019 018

 また、またランチへ行きました。 桜見物の日に……。  新緑がまぶしい。

001 予約をしてたので 窓辺の席に案内されました。

007 004

009 からこ野ランチを頂きました。 ¥1280

手が込んだ、オードブルやスープ。 素材も良いです。

010 他にもこんな品々。 

003 何より、こちらの奥様手作りの パンが好きなだけ食べれます。 だけど…もう、この年齢になったら そうそう食べれるものではありません。

014 デザートもたっぷりと。 その上…

017 可愛い器に入った 黒糖アイスも。

お腹も、心も満腹です。 

 基本は、女友達と出かけるのですが (お喋り時間が 無限ですから…) だけど、この日は主人と一緒。 3回に一回。 いえ、5回に一回は 主人を誘います…仕方なくsweat01happy01

また、隣接する工房は 陶芸家のご主人の作品がいっぱい。

クラフトデザイナーでもあるそうです。 なかなかいい感じでした。

五島列島の銘菓

001  先日、一緒に 女子旅した Sちゃん。

彼女の故郷は五島です。 でも…今は 誰も住んでいません。

 先日、仕事で 五島へ行った社員のお土産がコレ。 “治安孝行” ちゃんここ って、読みます。

 Sちゃんが、高校時代の夏休み、冬休みに 帰省した際は 必ず

「ちゃんここ 買って来てねheart04

って、お願いしたものです。 図々しくも 一度だってお金は払わなかったような…多分sweat01

002 あんこがたっぷりで。きな粉をまぶしてます。

今、思えば 随分、素朴なお菓子です。

でも…あの頃は とても 美味しい食べ物でした。

時代と共に 変化するのですね。 ちなみに冬になると…

「Sちゃん、ちゃんここ と かんころ餅 を、お願いねhappy01

と、言ってました。 この頃から、結構 図々しいチーフでしたね。 うふふ。

 だけど、Sちゃん の お父様は私達が遊びに行くと とても喜ばれて、島じゅうを車で案内して下さいました。

夏は 美し過ぎる海岸で キャンプも 体験させて下さいました。

 帰りには、立派すぎる ウニや、干し物も お土産に持たせます。

あの頃は…何にも知らず 悩みも、心配もなく 一日中笑って過ごしてましたね。

そんな、時期があっても 良いでしょう。 長い人生の ほんの 一場面ですheart04

義理堅いJ子さん

028 またまた 食べてますsweat01

 松ヶ枝ターミナルで販売し始めて 約7~8年になります。

ちょっとしたキッカケで リサイクル着物を売ってる人と知り合いになりました。 彼女にそこを紹介をしたら

「楽しそう。是非 やってみたいわ。」 と。

 いざ蓋を開けてみると…断然 私の店より、よく売れてます。

羽織¥1000  長着¥2000  着物生地で作った絹のスカーフ¥2500 

すべて、リサイクル品ですが 状態は綺麗ですし、正絹だから 間違いありません。

男性用の黒い羽織を、欧米人の恰幅のよい殿方が着ると…まるで 007のジェームスボンドみたいです。 裏地が 龍や虎の模様が びっしりと描かれてます。

惚れ惚れするくらい 似合ってますheart04

 彼女は 「E子さんの、お蔭。」 っていつも言います。

そう言っては 何回 ご馳走になった事か。 もう 充分すぎるくらいご馳走になりました。

だけど 今日は

「E子さん、この前の欧米船の売り上げは 過去 最高だったのよ。 E子さんに どうしても ご馳走したいわlovely」 と。

 そんな訳で せっかく ダイエットを誓った私ですが お誘いに乗ってしまいましたhappy01

029 031 中華サラダや、点心。


032 033 カシュ-ナッツと鶏の炒め物。 北京ダック。

034 035 いかの炒め物。ふかひれスープ。

036 037 熱々の中華おこげ。

デザートの杏仁豆腐。 ふ~っ、お腹いっぱいですsweat01

 前回の私が食べた ちゃんぽん、皿うどん とは大違い。

J子さん、 私こそ喜んで頂き 本当に嬉しいです。

これからも お互いに刺激し合って 更なる売上を 更新しましょうね。

新地中華街に誕生

067 新地中華街に新しいお店がOPENしました。060 059 店内は、いたってシンプル。 とても中華料理店とは思えない内装。

クリスマスツリーが飾ってますね。 実は…コレ、去年の事ですsweat01

068 メニューもかなり シンプル。 品数が少ないです。

でも…ほとんどが観光客なら この料理数で充分ですよね。

ちゃんぽん、皿うどん、炒飯。 この3品で 長崎の味が 感じれるから…。

061 062 勿論、私達も 定番のちゃんぽん、皿うどんです。

ちゃんぽんは “ザ・フツー” ですが、この皿うどんが 一味もふた味も違ってました。

「どこが どう、違うの?」 と、友は言います。

「いや~、何と言うか。 一度食べたら 病み付きになるような…そんな味さ。 もしかして麻薬みたいな 何か不思議な物が入ってるのではないかしらsign02」 と私。

「失礼なannoy 麻薬も、なんにも入ってませんannoy

と、もしもお店の方の耳に入ったらキット 名誉棄損で訴えられるかも…おぉ、怖っthink 

 でも…本当に美味しいんです。 とっても、不思議な味。

064 小龍包も注文しました。 やはり こちらは普通の美味しさ。 皿うどんみたいに感動もありませんでした。

 やっぱり、久しぶりに 皿うどんを食べに行かなきゃあdash

ちょっと、小浜まで…

 今年も残りわずかとなりましたね。 

「そういえば、最近は 温泉に入ってないね。」

と、いう事になり 長崎から一番近い温泉は……小浜温泉sign03 となりました。

 向かった先は、「伊勢屋旅館」 の、立ち寄り湯です。

「えっ? 何故、そこですか? 小浜温泉にはたくさんの旅館があるでしょう?」

と、思ったでしょsign02  実は、ある理由があるんですsweat01

その理由は 後ほどhappy01

001 伊勢屋の中にある 食事処の “伊勢路” へ。

先ず、運ばれたのが “地元 雲仙野菜とローストビーフのサラダ”

004 たっぷり “きのこのスープ”

005 ペンネの シーチキン和え?

もう、ここまでで 何となく お腹いっぱい感ありです。

006 やっと、メインディシュがきました。 ハンバーグです。

007 主人は、雲仙ポークのソテーです。

009 010 デザートもしっかり付いてます。 これで なんと ¥1620 です。 お安いでしょsign02

011 店内も ちょっとレトロ感があります。

008 窓からは、小浜の旅館のあちらこちらから湯けむりが上がってます。

Y子ちゃん、再び…

 Y子ちゃんは、結構 仕事が出来る キャリアウーマンです。

仕事柄 日本中のあちら、こちらを 回ります。

019 今回はコレ。 “ふ” です。

私が 毎回 オーバーアクションで 全身で美味しかったアピールをするので彼女は

「やりがいが あるわheart04」 と、喜びます。 いえ、喜んでるのは私ですよ。

おやつ麩 ですって。 しかも、石川県加賀麩ですって。

http://www.fumuroya.co.jp/product/kanmi.html

023 上品で 軽いタッチ。 私好みの メープル味です。

麩菓子 だから、軽くって あっという間に 一人で一箱食べてしまう勢いですsweat01

022 もう一つは コレ。 栗かのこケーキです。

http://obusedo.com/shopping/index.html

024 上等の栗が 丸ごと ドドーンと入ってます。

濃いめの 日本茶で 美味しい時間を過ごすことが出来ました。

有難う…Y子ちゃん。 それにしても Y子ちゃんは独身です。 一人にしておくのがもったいないくらいです。 (この私の つぶやきは、彼女には 内緒よ ear)

京都 和久傳のれんこん菓子

 とってもグルメな友人がいます。

その方から頂く お土産に “ハズレ” は、一度もありません。

だから、毎回 楽しみですheart04

036 今回はこれです。 何だかとっても 上品な箱。

しかも…賞味期限が わずか三日です。 これは期待出来そうです…。

037 箱を開けると笹に包まれた お品。 ドキドキheart04

038 封をあけたら 笹の香りが ぷ~んとします。

039 中身はこんな感じ。 レンコンのでんぷん質で ゼリー状に固まってます。 だけど 柔らかいぷるるん感が 満載。

和三盆で上品な 甘さ。 あっと言う間に 一個食べます。

「もう一個、食べようかしら? 賞味期限は 三日だし…早くたべなきゃ。」

と、大層な 理由を付けて 二個目にチャレンジ。 本当に、本当に美味しく頂きました。

 Y子ちゃん、いつも有難う。 また…宜しくねhappy01 うふふ

和久傳さんのHP http://www.wakuden.jp/shop/?page_id=866

長崎茶寮

006_2 最近 ちょっといい感じのお店を見つけました。

012_2 女性たちの口コミは、絶大です。 平日の今日も たくさんのお客様。 しかも…100%女性ばかり。

009_2 そんな訳で、少し待って お席に案内されました。

色々と迷った挙句、 “彩り にぎりセット” にしました。 多分…¥1800?だったかな。

 お料理にはちょっとうるさい、尚且つ 和食のお店を経営してる友人と一緒に。

すると…写真では左下にチラリと見える お味噌汁を一口飲んで

「あっ、何だか生臭い。 これ、魚から出汁をとったのかしら?」 と。

「えっ? 魚から出汁をとってるから美味しいんじゃないの?」 と私。 人の味覚って千差万別ですね。

 それにしても私達の評価は厳しかった。

「ねぇ、これってよくよく見れば高いよね。 にぎりのシャリも機械で握ってるし、あとはフツーの小鉢が3種類。 入れ物を大皿の石にしてるから、パッと見は 素敵だけど、それほどでもないわね。」 

と、辛口ざんまいsweat01 お店の方、ごめんなさいconfident

013 しかしながら、前回 訪れた際に会計時に頂いた

この 生ビールサービス券をちゃっかり使用した私達。

お食事は終わりましたが…肝心の おしゃべりはまだまだ終わりがありません。

 再度、メニューを見て

「フレンチトーストをお願いします。 一つで良いです。 あっ、お皿は2個ねhappy01」 と。

010_2 写真は撮り忘れましたが 紅茶とコーヒーをそれぞれ飲みながら 女子トークは永遠に続きました……scissors

HPが有ります http://www.nagasaki-kawatoku.co.jp/saryo/

より以前の記事一覧