2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

諏訪神社で新年会

016 今年、初めての “敬神婦人会” でした。

長坂の一番上では 新郎新婦の 前撮りの真っ最中。 純日本風ですね。

 ちなみに 長崎検定3級の問題には、必ず出る項目があります。

「長崎 諏訪神社の長坂は 何段あるでしょう?」 と。

4択ですが、私は直ぐに答えられます。 何年たっても…

「73段です。 つまり…73 ナガサカ で、覚えやすいでしょ。」

 さて、本題です。

012 本殿での、祝詞をよみあげ 宮司さんの新年の挨拶を聞き 巫女さんの舞いを見た後は、こちらへ移動します。

004_2 遠くに、宮司さんのお顔が見えます。

けっこう、ご年配の方々が多いです。 私が入会した時

「お若い方を、お誘い下さいましたね。」 

と、紹介して下さったJ子さんは言われたそうです。何か…ごめんねってcoldsweats01、感じです。

005_3 以前は、ホテルで新年会が開催されてましたが、諸般の事情で このような形になりました。 会費¥1000 の新年会。

 私はこの方がよほど参加者も増えて 賛成です。

007_2 食後には、お抹茶を一服頂きます。

この茶碗、可愛いでしょう? 手前には“百福” 

茶碗の中には、おたふくさん。 

いろんな抹茶椀が使用されましたが、皆さんこの茶碗が気に入った様子。

008 飲み終わったら、また おたふくさん。

今年は、おたふくでいっぱいな 一年になりそうですheart04

006_2 茶菓子は、新年の定番。 花びら餅です。

ごぼうが入って、宮中で愛される新年の菓子です。

011 010

 貴賓室からは、美しい日本庭園が見えます。

もうすぐ、節分。 この お部屋で豆まきをされる方々の 羽織はかまの着付けをお手伝いする、ご奉仕が控えてます。

でも私…今年は 甘酒売りですって。 ピッタリな役割ですscissors

邦久庵を訪ねて

 邦久庵 (ほうきゅうあん) って、何?

実は、私も 全く、初めて聞く言葉でした。 先ずは、こちらをご覧ください。

https://www.hokyuann.com/

http://www.okamura.co.jp/magazine/wave/archive/1606ikedaB.html

 長崎県の大村湾の入り江に 佇む伝統的な日本家屋です。

 建築家 池田武邦氏が 終の棲家に選んだ場所です。 日本初の超高層ビルを建築された有名な方のようです。 

 去年の、晩秋。 この庵が一般公開され さっそく応募しました。

 この入り江は複雑で、やっと たどり着いた。って、感じです。

004 茅葺屋根の落ち着いた家屋。

010 池田先生の書斎。

008 居間の中心にある囲炉裏。 

 晩年は、地元 長崎の 総合科学大学の建築課で教鞭をとられました。 その時の

教え子だった方が、いろりを囲んで 先生の事、邦久庵の事などなど…を話し、

美味しいシフォンケーキとコーヒー付きで,彼の話に耳を傾けました。

005 006

すぐ裏には、大村湾の美しい海につながります。

013 011_2

随所に、先生のこだわりがあるようです。

 建築の “いろは” を知らない私は 猫に小判 状態で、ちょっと申し訳ない気持ち。

古き良き 日本建築に興味がある人…是非、訪ねてみませんか?

 この海の先には…詩島につながってますよ。

♪雪の朝

 1月11日。 

何と、朝起きたら 一面の雪。雪。雪。 今季、初めての雪が積もりました。

雪に慣れない 長崎人は、途端に パニック。

会社でも、山間部に住んでる人からは 

「車にチェーンを、巻いてます。」 とか、

「バス停まで、歩きましたが 全くバスが来ませんsweat01」とか…。

「いいよ。ゆっくりで。こんな天気じゃ お客様も居ないでしょうから…。」

 しかし、社員さんは真面目です。 あらゆる手段を使って 一人、二人…と、出社しました。

015 我が家の庭です。 凄いでしょsign02

016 017

 毎年、この場所に 律儀に咲く水仙。 ポンポンと、雪を払ったら…可憐な花が。

018 長女の記念樹にも、

020 次女の記念樹にも。

019 木瓜(ぼけ) と、雪。 なんか、絵になるなぁheart04

021 枇杷の木にも雪。 今年、ちゃんと美味しい実がなるかしら? 

024 今日は、迷わず会社まで歩いて行きました。

道行く人は、誰も居ません。

026 027

永井隆博士の、「如己堂」 も、寒そうです。

029 南山高校。 プチ情報ですが、佐田繫理さんの母校です。

 間もなく、お昼になります。 まだまだ 雪は降ってます……。

心田庵

 何だか、年を取ると…と、言いつつ 自分では

「いえ、まだ若い。若い。」 と、言い聞かせてる 今日この頃のチーフです。

033 それにしても、秋はやはり紅葉が似合います。

季節限定で この心田庵が一般開放されます。 今年は11月26日から12月12日まででした。

040
 1680年代に 長崎市の鳴滝地区に建てられました。 何兆晋(がちょうしん) という通訳士で、父は日中貿易で財をなした 大富豪でした。

庭園の至る所に こだわりの箇所が見れます。

ここの、歴史はさておき…庭や建物をご覧ください。

034 036

035 苔むした、風情ある庭。

031 琴の演奏もあります。 

030 お茶席も有ります。

032 テーブルに映る 紅葉。 これは、何処の紅葉名所でも見れますね。

041 玄関は、わら葺屋根。

大切に保存して頂いてた 長崎市に感謝ですね。

秋・AKI・あき

035 長崎市民会館横の街路樹です。

さしずめ、長崎版 “絵画館のいちょう並木” と、いったところでしょうか?

好きなんですheart04  この通りが……

036 なんか、ちょっと寒々しい色彩。 でも…好き。

037 銀杏のじゅうたん までは行かないけれど、しばらくすると道いっぱいに黄色が広がるでしょう。 その時は また、踏みしめに行くつもり。

038 信号待ちしてたら、ご近所の公園が いい感じに。

秋って、素敵です。 だけど……何だか もの悲しくて、心がキュ~ンとなるのは私だけかしらsign02

生さだ の舞台裏

 いよいよ、終わりました~weep

約一か月に渡る 長帳場の さだまさしの世界 が…。 入場者数も予想をはるかに上回り、また 佐田商店の売り上げも これまた 当初の予想をはるかに超えました。

皆様、本当に有難うございました。 

そんな最終日の中 生さだ も美術館もありました。

観覧希望でハズレた方々も 屋外で さださんの “入り待ち” を見るために遠方より長崎へいらしてます。 懐かしいお顔で 美術館は溢れてます。

002 私が居る売店から 遠くに小針画伯が見えます。

ちょっと、拡大して見ましょう。

001 あっ、なんとなく 分かりますね。 後ろには、画伯の書かれる様子をジッと見てるファンの皆様も…。

003 せっかくだから、私も直ぐ近くまで行って拝見しました。

まだ、蛇踊りの 蛇と、めがね橋 が少しだけ。 間に合うのかしら?

と、心配もなんのその。 本番には見事 完成されてましたね。

蛇の腹も 波々の赤い線が描かれ 蛇に命が吹き込まれた様な完成度でした。

006 美術館の閉館時間まで、見学者もいましたよ。

007 当日の、何よりラッキーな方々が座る椅子も 出番を待ってます。 私みたいに 

「絶対に、当ててやるぞ~ぉぉぉsign03

みたいな暑苦しい思いの人より

「えっ? さださんの観覧希望ですって? 面白そうだから出してみようかしらsign02

位の人が きっと当選したに違い有りません。

 お蔭で 私は次の日の日曜日は 疲れ果てて 10時まで 眠り姫状態でした。

何故なら、日本シリーズの勝敗が決まらず 延長戦。

あっと言う間にヒットがでて、ソフトバンクの勝利。 その 勢いで目が覚めて そのまま 生さだ です。 面白くってついつい最後まで見ました。

もう、前半が終わりました…。

 004 県美でスタートした「さだまさしの世界」

お蔭様で連日、多くのお客様がいらしてます。

10月6日~11月5日までの約1ヶ月の期間です。

「あらっ、まだまだ あるわね。大丈夫!」

そう、思ったあなた。 それが間違いの元sign01 思い立ったらその時に…ですよ。

 012 撮影OKの所も たくさんあります。

これは、フリーフライトと、まさしパイロット。

フィギィアでお出迎えです。 似てるような、似てないような…sweat01

 016 「歴史館へようこそ…」

と、愛川欣也に何だか似てるなまっさんが ご案内。

018019 

ヴァイオリン少年と、月光仮面になりきってた頃のまさし少年。

022 025

「少し愛して、長~く愛して…。」 グレープワイン。

 もっと、もっとたくさんのフィギァがあり 本物のさださんに代わり、ご案内してくれます。

なかなか、ユニークで楽しく 見甲斐があります。

 さださんが大切にしてる思い出のギターなども展示されてます。

撮影禁止も多々あり、やはり足を運んで見なきゃ この良さを説明出来ませんconfident

031 まっさんと、一緒に写真が撮れるコーナーでは…

肩を抱かれたようなポーズや、手をつないだようなポーズ。

色々、出来ますよ。

036 グレープのお二人も お出迎え。

001

 詩島神社前でも、この通り。皆さん同じポーズで 記念写真です。

043  神社の日めくりは毎日変わります。それも楽しみ。

 生さだの日も、私は佐田商店で販売してます。

009 店内はこんな感じ。

「チーフ、こんにちは~heart04

だけではダメよ。 プラス お買い物もたくさんしてねhappy01 うふふ ⇒押し売りはしませんsmile

訂正します。

「詩島が見えるレストラン」 の中、

まちろぐ⇒ 長崎まちねた が正解です。

http://nagasakimachineta.blog.fc2.com/blog-entry-1868.html

そして、レストランかすみのHPも ご参考に。

http://kasumi.main.jp/

詩島が見えるレストラン

 待ちに待った “さだまさしの世界” が、いよいよスタートしましたね。

長崎は、あいにくの小雨でのスタートです。

しかも、明日からは 私が大好きな おくんちも始まります。 三が日は晴天に恵まれそうです。

7日は、佐田玲子さんの “おくんちライブ” です。

伊藤料理長も、お客様へふるまう お料理に頭を痛めてましたよ。

 さて…。

本日のタイトルの通り、 実は そんなレストランが 郊外にあります。

琴海という場所。 長崎市内から車で30分程 走った所です。

067 このこんもりした島ですって。

“ですって…” なんて、まるで他人事みたいだけど…まだ、ちょっと信じがたい感があります。

まちろぐさんの、ブログに掲載されて、初めて知りました。

何故なら、このお店は もう3~4回は行ってたから、 だけど…そんな事実はつゆ知らず、過ごしてました。066


065 テラス席からは、大村湾が一望出来ます。

こちらのオーナーさんが、いらしたので聞いてみました。すると…

「そうです。あの島が さだまさし(ファンでないから、つい呼び捨てsweat01) の島よ。 テレビでもあったでしょう? 工事中は 夜通し 電気が点いてましたよ。

今は、誰もいないようで 夜は真っ暗です……。」 と。

レストラン かすみ って、いいます。 もしも、興味がありましたら是非。

(どうしても、どうしても ここへ行きたい方。 そっと、私に連絡してね。 もしも、私のお休みの日に重なったら お連れ致しますconfident)




出島表門橋、間もなく完成。

045 その昔、出島と長崎の街をつなぐ 唯一の架け橋が コレでした。 長い歴史の中で 橋は壊され、出島の形は埋め立てられ、貴重な建物も姿を消しました。

 しかし、数年をかけ出島は 見事に復元されました。

そして、最後の一点が この “出島表門橋” です。

 久しぶりに、出島へ出かけました。

049 最近はこうして、着物を着て 園内を散策する人が多くなりました。 まるで、その時代にタイムスリップしたようです。

しかし、その横を通り 彼らの話を聞くと…なんと、中国人ではありませんか。

あの可愛いお嬢さんも、今風な男の人もです。

中国語が私の背後で聞こえます。 

 1時間 ¥2000 園内を回るには十分な時間ですね。

皆さん、嬉しそうに写真を撮りまくり。 素敵な 思い出になったでしょう。

051 052

そもそもが、上記の写真が橋の欄干です。 そして、左が、表門橋の原型ですって。

ウエストがキュッと引き締まってる感じ。 しかし、今回はウエスト引き締まりではなく

一直線に美しいフォルムを描いてます。 皆様、見に来てくださいね。

033 034

035 032 これが、有名な出島の木です。

 こうして、出島を園外から見下ろせる所でランチしました。

036 手ごねハンバーグと…

037 夏野菜をたっぷり乗せたドリアです。

040 039 二階へ上る階段もユニーク。044 他にも、こんなお店や 雑貨を売るお店もありました。

「私、もう 何回も出島へは行ったわ。」

と言うあなた。 そう言わずに 新たな気分で お出掛け下さいね。

より以前の記事一覧