2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2017年4月 | トップページ

パインテールファーム

 「せっかく、雲仙へ来たのだから ちょっと寄りたい所がある…」

と、主人が言ったので とりあえずsign02 同行しました。

017 雲仙の温泉街を抜け、諏訪の池をめざし、また すごい道無き、道を走ってやっと到着です。

「あらっ、素敵っ。 こんな所に、こんなお店が…」 って、感じです。

012 テラスの先には、のんびりと2頭の牛が草を食んでます。

オシャレな店内。 オーナーご夫婦は、ご高齢…と、言っても私達より お若いかもsign02 

すみません…sweat01

014ヤマメの里で、お腹いっぱいになった私達。

さりとて、何も注文しない訳にはいかず フルーツピザと、

016 濃厚ヨーグルトと、バニラアイスです。

“別腹” とは、よく言ったものです。 ちょんと、食べれましたから…good

018 山の中にある 癒しの場所。

のんびりと過ごすには おススメの パインテールファームです。

http://djobidjoba.com/works/%E8%BE%B2%E5%A0%B4%E3%83%BB%E3%83%81%E3%83%BC%E3%82%BA%E8%B2%A9%E5%A3%B2%E3%80%8Cpine-tail-farm%EF%BC%88%E3%83%91%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%83%A0

↑HPでは、ないけれど…

この季節がやって来ました。

007_2 長崎県雲仙の 山中にある “ヤマメの里”

今年も早々に行って来ました。 ちょうど、お昼時に行ったのですが 訪れたお客様は

私達と あと一組のみ。 気の早い客でしたsweat01

 ヤマメのから揚げ。 私はコレが一番美味しいと思います。 頭からしっぽまで食べれます。

008 次は 塩焼きです。 写真を見て分かるように まぁ、塩加減の多い事。 「辛さ、辛さdown」 です。

次回、お邪魔した際は 「塩加減は どうぞ 控えめに…」 と、言うつもり。

004 流しそうめんも お願いしました。

何せ、行ったのが五月の下旬。 長崎市内はもう 充分 暑かったのですが…。

流石に 雲仙の山の中。 寒くてクーラー要らず。

「何ばし (長崎弁です。) そうめんを水に流さずとも そのまま食べる方が今日は正解ね。」

と、言う事で 初めの 一すくいは流しましたが あとは、そのままつゆに入れて スルスルと…。  う~ん、美味なり~。

 本当に美味しい 夏の風物詩です。

010 しかし、ちょっと油断したら ほらっsign01 狙われます。011 あちらから、こちらから…と、敵も熱心です。

他にも数匹いました。 ここの飼い猫でしょうか? でも…何か、可愛いheart04

あそぼーい

012 北九州のホームに立ってます。

あっsign01 向こうから 列車が静かにホームに入ってきました。

015 あそぼーいです。 何だか可愛いheart04

 今日は、コレに乗って 博多まで行きます。

 本当は、熊本県の阿蘇地方を走る列車ですが、去年の大地震の影響で まだ不通になった箇所があり こうして違うコースを 健気に 別の場所で仕事してるのです。ウルウルweep

016 車内はこんな感じ。 なんか銭湯っぽい…。

017 先頭車両からの眺め。 いえ、後方車両ですねsweat01

018 020

車内は色んな アイデァで、子供たちを飽きさせません。

022 シートが可愛いですね。 親子仲良く 座れるなんてsign01

023 ほらっ、やっぱり子供たちの天国でした。 ひのき玉のプールで楽しそう。

019 車内販売があると ついつい、買ってしまいます。 私も子供…?? (図々しいhappy01)

今年も、たわわに…

002 我が家の庭にも 枇杷が実りました。

去年は、雪が降って 枇杷農家には 大打撃の年でした。

でも…今年は豊作の年です。 長崎のあちこちで オレンジ色の枇杷の実をたくさん見かけます。 

003 でも…

こんなに たわわに、鈴なりに実った枇杷。 取るに苦労します。

高~い 三脚でも届かないのですから。

006 けっこう、立派です。

果物屋さんでの “びわっち”さんの立ち位置は、かなりの上段に鎮座されてますsweat01

 今年も、旬の物が 頂けて幸せな時間でした。

« 2017年4月 | トップページ