2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2017年3月 | トップページ | 2017年6月 »

からこ野ランチ

019 018

 また、またランチへ行きました。 桜見物の日に……。  新緑がまぶしい。

001 予約をしてたので 窓辺の席に案内されました。

007 004

009 からこ野ランチを頂きました。 ¥1280

手が込んだ、オードブルやスープ。 素材も良いです。

010 他にもこんな品々。 

003 何より、こちらの奥様手作りの パンが好きなだけ食べれます。 だけど…もう、この年齢になったら そうそう食べれるものではありません。

014 デザートもたっぷりと。 その上…

017 可愛い器に入った 黒糖アイスも。

お腹も、心も満腹です。 

 基本は、女友達と出かけるのですが (お喋り時間が 無限ですから…) だけど、この日は主人と一緒。 3回に一回。 いえ、5回に一回は 主人を誘います…仕方なくsweat01happy01

また、隣接する工房は 陶芸家のご主人の作品がいっぱい。

クラフトデザイナーでもあるそうです。 なかなかいい感じでした。

もう…終わりましたね。

022_2 長崎市郊外にある桜並木。 この日は4月9日です。

流石に、桜は散り始め 葉桜状態です。 

021_2 ズームにして見ました。こんな感じ。

久かたの 光のどけき春の日に しず心なく 花の散るらむ

小倉百人一首です。 いつの時代にも、春の桜は 気になるものですね。

020 この先に不思議な 蕎麦屋さんがありました。

しかも…トレーラーハウスがあり “チェーンソー教室” とありました。

長崎にそんな教室で 生徒さん、どんな人が居るのかしら? ワイルドな人?……house

 026 027


029 その後、道なりに走ると “森山図書館” がありました。

木の香りがする、居心地のよい町営の図書館でした。

仕事をリタイアしたら こんな所でのんびり一日過ごしたいなぁheart04

やっぱり…花より団子

028 桜見は、まだまだ続きます。 

まるで中国の有名な観光地みたいな……その割には、名前を忘れましたsweat01  鋭く立ちはだかった奇岩と桜。 そして霧。

032 今日は、ここへやって来ました。

佐賀県黒髪地区。 嬉野インターから降りて、普通道を約40分ほど走ります。

その道中には、立派な桜並木が あちらこちらで見られ、なかなか贅沢なドライブです。

030 立派な展望台もあります。

あいにくの お天気でお客様は私達だけ。 雨もポツリポツリと降ってますrain

 「桜を見るのに、わざわざ来たの? こんな所まで?」

 「いえいえ、私達には桜より もっと魅力的な物が メインなんです。」 ⇒ 相変わらずの一人妄想芝居。

060 そうsign01 黒髪茶寮です。 去年の秋、紅葉を見に来た時

以来2度目です。 (写真は、その時のを使用してます。)

本当に美味しいです。 一日限定2組まで。 お料理上手な奥様が一人で作られます。

035 037

038 春巻きの皮にとろけるチーズがはさんでます。

これは とっても美味でした。 早速 真似しなきゃ~scissors

039 040

なんか、目にも良いし お腹にも良い。 どれも少量だけど けっこうお腹いっぱい。

041 042


「今日は、美味しい伊万里牛が 思ったよりお安かったので ハンバーグではなくこちらにしました。良かったですね。

お値段は変わらずです。」 と。 こんな所が個人のオーナーって感じでいいわheart04

043 コーヒーとデザート。 お値段 ¥3000

053 晴れた日なら、別棟にある この茶室でデザートが頂けるそうです。 なんとも、贅沢な時間ですね。

 その後は、今 若者に人気の 糸島へ行きました。

道の駅 糸都彩々 は、広くて大きくて もうビックリ。 また、行きたくなりました。

観桜会

長崎にある 中国領事館。

012 毎年、この季節になると 関係者、および ご近所さんへ

“招待状” が届きます。

「領事館の桜も膨らみ始めました。 4月2日、観桜会を開きます。

ささやかな、お食事も ご用意してます。」 と。

024 014

こうして、たくさんの方々がお見えになります。

 実は私、毎年 スルーしてました。 亀山社中のお花見と重なるから…。

しかしsign03 今年は違います。 何が何でも行こうと思ってました。

026 実は、この女性が この春から長崎領事館へ赴任された方です。(お名前忘れましたsweat01) 

ちょっと興味も有りましたから 今年は参加。 (相変わらず、ミーハーですcoldsweats01)

流暢な日本語で ご挨拶。

 やはり、思いはどなた様も同じで 例年よりも参加者が多かったと聞いてます。

025 しかしながら、肝心の桜はこんな状態。

今年は何処も開花が遅かったようですね。

どこも、ここも…桜だらけ

 北海道、東北地方を除く 日本の都市には、もう すっかり桜便りが聞かれます。

長崎ももうどこも満開ですね。

049 9日の日曜日、私も桜見物に出掛けました。

ココは、長崎市琴海町利根川沿いの見事な桜並木です。

044 手前には、菜の花。コントラストが美しい。

050 この日は、雨あがりで いまいち快晴とは言えません。

しかし、桜には最後の日曜日とあって、たくさんの人々です。

桜とぼんぼり。 そして、花冷え。 まだまだ 寒いですね。

 この日は、大の仲良しママと出かけました。彼女は

「私ね、どんなに素晴らしい桜を見ても あの時の桜には敵わないわcherryblossom

「あぁ、京都 宇治の あの桜ね。 私も忘れられないわ。 貴女が日本を離れて、海外に住むからって 思い出の日本を見ておこう。

って、出かけたあの場所。 同時に、もみじの新緑も忘れないわ……」

「確かに~。 とっても 優しい良い時間だったねぇ。」 と。

 そんな、思い出深い桜に出会った事に、感謝です。

皆さんも、“私だけの桜” って、あるでしょうnote

056

« 2017年3月 | トップページ | 2017年6月 »