2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 謹賀新年 | トップページ | 遠藤周作文学館 »

節分祭

044 2月3日は、全国各地で 節分の行事が行われました。

ここ長崎市 諏訪神社でも、 恒例の 豆まきが開催されました。

長崎に住んで うん十年。 こうして節分祭に来たのは初めてでした。

 実は私が 入会させて頂いてる 婦人会の奉仕活動の一環です。

035 73段ある、長坂にも たくさんの人々が登って来ます。039 境内には 甘酒や福豆も販売されてます。

この 甘酒売りですが、何だか楽しそう…来年は 是非、この仕事を希望しようと思います。

 えっ? じゃぁ 私の仕事ですか?

豆まきをされる、年男 年女 や、長崎の著名人の方々に 紋付袴を着せる お手伝いです。 着物さえ 一人で着れない私が 袴なんて、とんでもないcoldsweats01

しかし、控室には “日本着物着付け~” の皆様が控えていらっしゃいました。

 だから、その方たちの助手となって 

「やれ、伊達帯じゃ」 「背中に入れる枕じゃ」 「袴の紐を ぎゅ~っと締めて」

等々の 要望に テキパキと対応した私good ⇒ 普通、自分では自慢しないsweat01

 038 とても良い経験が出来ました。

18時から始まる 豆まきは30分毎に 撒く人が変わります。

045 次から次へと 参拝者がいらっしゃいます。

034 まだ日が浅いうちに到着しましたが こうして消防自動車も待機して 何やらお祓いをしています。 何かしら?

036 あぁ、分かりました。

古くなった お札などを燃やしてるのですね。 火の粉を浴びて 今年の幸せを祈ります。

« 謹賀新年 | トップページ | 遠藤周作文学館 »

祭り」カテゴリの記事

コメント

長崎の節分が夜に行われると言うのは初めて知りました。
東京では昼間から豆まきをするのが恒例になっているところが多いですから。
今までが「仕事の鬼」だったので、今年はその鬼さんには去って行って欲しいんですが、働かなくては生活もままならないですからね~。
今年は福よ来い!福よ来い!と願っております。

 ドンさん、こんにちは。

  えっ? 節分祭が “夜” と言うのは 長崎だけ? これまた驚きです。
 確かに、ニュース等では 成田山では 海老蔵さん一家が豆まきしてましたが昼間でしたね。
 それに 新しく横綱になった 稀勢の里 も昼間でした…。

  ドンさんも お体を大切に “仕事の鬼” もほどほどにね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 謹賀新年 | トップページ | 遠藤周作文学館 »