2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 残念なお知らせです…。 | トップページ | まっくろ くろすけ »

大好きな “長崎のちまき”

005 長崎で初夏の声が聞こえたら、おのずと食べたくなるものがこの ちまきです。 餅屋さんで一本 ¥500前後 くらいです。

さらし布を 長方形に縫い合わせ袋を作ります。 この中にもち米を入れるのですが……

プラス 唐あく を入れます。 この 唐あくは、長崎特有のちゃんぽん麺に入ってるあの“味”と 同じものです。  私は、この唐あくの味が大好きです。

 でも…今は 食品添加物の 使用禁止項目になってるそうです。  ただし、長崎の場合は “長崎の食の文化” として、認可されてると聞いてます。 

006 唐あくの味がしない ちまきなんて、食べたくなかっpunch

(…、強気の長崎弁)

さて…食べ方として 先ずさらしの袋を開きます。

007 何故か、右肩に 縫い糸が…… そうです!!

008 ちまきは こうして糸で切るのが正解なんです。

包丁なんかで切ったら 大変です。 もう、切り口がガタガタ。 写真みたいに すっきりと切れませんし 包丁にも べったり くっつきます。

009 そして、お砂糖だけをかけて 食べます。

中には、きな粉をかける人もいますが、私は 断固として 砂糖のみです。

 今日も、食後に 頂きました。 本当に美味しかぁ~。 だから…

「長崎って 好きheart04

« 残念なお知らせです…。 | トップページ | まっくろ くろすけ »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

チーフ、こんにちは。
ちまき、知らなかったです。どんな味なんでしょうか?
東京で開催される物産展にはないですねー。
やはり、地元ならではなんでしょうかね?
お砂糖をかけるんですね。びっくりぽんです。

鯉の形をした羊羮も、そろそろですね。
あれは、初節句のお家が配るとか。ケンミンショーでやってました。
桃のカステラに鯉の羊羮。長崎独特の御菓子ですね。

まだまだ私の知らない長崎があります。
今年はどこをさるこうか、今からワクワクでーす。

美樹さん、こんにちは。

  GWが、スタートしましたね。 心なしか長崎の各観光地もお客様が少ないようです。
 市内の中心街の駐車場も まだ 「空車」 の文字が見えましたから…。

  さて、美樹さん ちまきは ご存知ないですか?
 かなり、個性ある味だから 「好き、嫌い」 があるかも知れません。 子供の頃から食べてたら
 「嫌い」 なんて事は先ずないでしょう。むしろ 「懐かしい、故郷の味」 ですから…。

  東京で開催される 物産展 にも、無いかも知れませんね。 何故なら、生もの だから、賞味期限も短いです。残念sweat01

ちまきに砂糖!(◎o◎)
関東では有り得ないっす。
ちまきと言えば竹笹にくるまれた火薬ご飯のような餅米のおにぎりって感じの記憶があります。
どこか中華的な食べ物だったよね~?
長崎では渡来した歴史が違うんだろうか?
今年の夏に長崎に行った際にチャレンジしてみます。
ちなみにどこで食べられるんだろうか?

あらっ、ドンさんこんにちは。

 今年の夏に長崎ですってsign02 やはり、精霊流しを見に来るのでしょうか?
 その時に、長崎のちまきを食べるって?
 残念ながら、それは無理ね。 このちまきは、期間限定で 青葉若葉の今の季節にしか売ってません。
 …、と言うか 今じゃなければ美味しくありません。
 今の季節に食べるのが 一番美味しいのです。 不思議でしょ?
  震災に遭った熊本の姉も 何か欲しい物はある? って聞いたら
 「かすてらと、ちまき」 ですって。
 さださん、いち早く “ナイス選択” でしたねscissors

はい!

今年の夏に長崎行きを計画しています。
喜代子さんに最後のお別れをしたいと思って…

東京?でも「お別れ会」があるらしいとのことですが一般の参加ができるのか判らないこともあり、精霊流しに来んね?と呼ばれてる気がしています。

喜代子さんには「翔べイカロスの翼」の長崎上映会の際に協賛金もいただいたにも関わらずご招待したのですが体調がすぐれないとのことで来ていただけなかったんですよ。

あの時に喜代子さんから「いつもまさしを応援してくれてありがとうね?」と声をかけられたことが忘れられません。

ドンさん。
 やっぱり、今年の夏は長崎ですね。
 喜代子さんは、さださんの還暦コンサートで “私が母です。” の幕の前で笑顔で手を振られた事が
思い出されます。
 ドンさんも、貴重な思い出があるのですね。 忘れる事は出来ませんね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 残念なお知らせです…。 | トップページ | まっくろ くろすけ »