2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

「寒くなると、恋しくなる食べ物って…なあに?」

070 本格的な冬の訪れです。

と言うことは間もなく長崎は ランフェスの季節です。 メイン会場の湊公園には もう飾りつけの作業が 急ピッチで進んでいます。

 今年は 2月8日 (月) ~ 22日 (月) の期間です。

大好きな長崎。 そろそろ “お里帰り” したくなったでしょsign02

 さて……クイズです。

「寒くなると 恋しくなる長崎の食べ物は 何~に?」 

066 答えは…ちゃんぽん です。

だけど、どうしても 私は皿うどんが好きです。 皿うどん派です。

今日も、やっぱり 皿うどんを注文しました。

065 そして、平和楼へ来たからには このギョウザを食べなければ 来た意味がありませんsweat01 それほどに 我が家では テッパン です。

5個で 750円。 決して安くはありませんが、どうしても食べたくなるのです。

064 プリップリの エビチリもおススメです。

068 ランチタイムには、このようなメニューがあります。
067 「チーフ、次回 長崎へ帰った際は 是非行きたいわ。 因みに何処にあるのかしら?」 と思ったあなた。

この はし袋を良~く ご覧なさい。 「リカちゃん通り」 って、あるでしょsign02

そう、浜町の リカちゃん通りよheart04  うふふ。 まだ、分からないって?

大好きな “無量庵”

024 昭和レトロな 香りがするガラス窓です。

021 今夜は、またまた 食事会でした。

年末年始… 何かと 美味しい物を食べる機会が多いチーフです。

これじゃ、「痩せたい」 と思うのは 夢の また夢ですsmile

上記の おしながき も 高島料理長の手書きです。 

「今日は、 合鴨が おススメです。」 と、言われたのでお任せでお願いしました。

008_2 小鉢 くじら大根

011_2 前菜 炙りからすみ と、他 盛合せ

013 温物 ぎんなん蒸し

014_2 お造り 旬魚 盛合せ

015 焼物 合鴨ロースト

019 蓋物 西海ポークと白菜の鳴門 蕪のスープ仕立

023 酢の物 炙り白子と金ふぐの湯引

025 食事 牡蠣ごはん

026 デザート りんごと小豆のチーズケーキ

 ふ~ぅ。 食べました~。

美味しいお酒と、楽しいお喋り。 贅沢な時間です。

食べ物に感謝しながら 完食させて頂きました。 

何だか…怪しい?

001 これって、何だと思いますか? パーッケジの色に 何だか見覚えがありますか?

003 そう…コレです。 オレオのクッキーです。

002 年末に帰省した 長女のお土産です。

中国製のお菓子ですってぇsign02 何だか…怖いcoldsweats01

「色んな思いは捨てて、先ずは食べてごらん。 美味しいから…note」 と。

「ほんまかいなぁ~。 何ばし 中国製のお菓子は食べんでもよか。」 と私。

 今、流行の 中国人の日本への爆買いツワーにも 日本のお菓子は人気です。

中でも、チョコレートや 抹茶系のお菓子は特に購買力が強いです…。

005_2 そのオレオのクッキーを 開いて見ると…こんな感じ。

日本のオレオは 真っ白なクリームでしょ。 なのに カラーチップ入りです。

どう、思いますかsign02 ちゃんと、食品規制に基づいた色かしら?

 何かと 疑り深い母です。 中国の食の安全性の 「確実」 は、いつになるのでしょうか。

今日は、うなぎ。

 お正月気分も すっかりなくなり、いつもの日々を過ごしてるチーフです。

全国的に 正月三が日は どこも晴れだったようで、娘も帰省せずに 千葉の (どこかの) 海岸へ初日の出を 見に行ったようです。 素晴らしい写メが送ってきましたからsun

004 その娘が、お正月を外して帰省したので、長崎空港の帰りに 諫早によって ランチしました。

「北御門の 石焼ひつまぶしを食べたい。」

という、リクエストに応えて…。 先ずは “う巻き” で。 食べるのが一所懸命で、写真を撮り忘れましたsweat01

 名古屋のひつまぶしは 一度も食べたことがないので、

比較出来ませんが 私はここのが一番好きですsign01 (かといって、2番目も3番目も知らない私sweat01)
 運ばれてきた時は ガンガンに焼けた石焼が パチパチと音を立ててきます。

底は おこげになってます。008一膳目は そのままで。 二膳目は 温泉卵を入れて。 三膳目は、お出汁を入れて。

そして…最後は 薬味を入れてsign03

 凄いでしょ。 何と! 4通りも楽しめる お料理です。

005 男性軍は、正調 うなぎ です。

006 この器は、どうも長崎ならではの物らしいです。

この独特な陶器には 穴があり そこに熱々の熱湯を入れて いつまでも 鰻が 冷えないように工夫されてます。 最後の一切れまで 熱いままです。

 011 もともとは、諫早の中心を流れる本明川 (ほんみょうがわ) で、鰻がよく獲れたそうで 鰻店が数多くあります。

諫早のアーケードには、老舗の鰻屋もあります。


014 長崎から車で 約20分。 その向かってる時間も 気持ちを高めて ますます美味しくなる時間だと思います。 おススメですsign03

日本だけど…イギリス?

001 こんにちわconfident また。食べ物の話題です。

で……コレって、な~ぁんでしょうsign02

002 こんな、パーケージにはいってました。

“幻の島原いぎりす” と。

004 パンフレットを読むと

「寛永14年 (1637年) の島原の乱のときに、城に立てこもる天草四朗と 信徒の為に作られたのが始まりで……」 とあります。

凄いですsign03 約400年も前から伝わる食べ物ですって。

(パンフレットのお母様も、ちょっとクラシカル??coldsweats01)

もともとは、いぎりす の原料は有明海でとれる “いぎす草” という海藻。

それを煮詰めて 白身魚と人参を混ぜて固めたものです。

 私は子供の時から このイギリスを知ってました。

魚の生臭いにおいや、野菜が入った 不思議な食べ物はとても 子供の味覚では、好きになれない食べ物でした。

009 お正月に、何故か主人が買ってきました。

わさび醤油で頂きました。 まぁ、なんて美味しい事。

「子供の時に食べた いぎりす と、全然違うわ。 ホントに美味しい。 それとも、いぎりすの味が好きって…私が大人になったって事かしらんsign02」 と。

 60ウン歳で、やっと 大人になったチーフですcoldsweats01 うふふ。

005 このお店も、そうとう歴史があるようです。

文化二年 (1805年) 約、200年も続いてます。 今度、行ってみようかな。

http://www.shimabara.jp/nakaya/

結構、稼働率は良いです。

001 御宿 U山 の客室 “松の間” です。

かつては、子供部屋でしたが 一人、二人と 家を出たので 今ではスッキリした状態です。

 年末年始に長女が 帰省しました。 勿論、松の間に ご宿泊です。

年が明けて 次女が帰省しました。 これまた、数日 ご宿泊です。

004 布団を、干す時間さえ有りませんsweat01

そんな、 “悩める旅館の女将” の力強い味方がコレです。

007 もう、ご存知ですね。 レイコップ ですheart04

もう、既に 丸窓からビッシリと 綿ぼこりが見えるでしょ? CMでは

「まぁ、少し吸っただけで こんなにダニが取れて もう、ビックリです。 こんな状態の布団に 寝てたなんて……。」

と、異口同音に愛用者が話してます。 が……私に言わせると ダニ ではなく 単なる綿の繊維だと思います。 毎回、毎回 ダニが山のように取れるわけがありませんもの。

 でも…長雨が続く 梅雨時や日差しが少ない 冬にはとても助かります。

あっ、因みに これは ジャパネットで購入。 

そして、先程から気になってるでしょう 白いベット。 これも ジャパネットでした。

エアーベット っうものです。 そろそろ、足だの、腰だのと 痛くなる昨今。

 テレビで紹介されるのを見て、 「これだっsign03」 と思ったものです。

しかし…実際は あまり好きにはなれなかったですsweat01  何せ、エアーでしょ?

寝返りを打つ度に サワサワと、音がして 一度気になったら ズット気になって、寝付かれません。 なので、普段は使わないで この 松の間に置いたままですcoldsweats01 そんな訳で、御宿 U山の 稼働率は かなり高いです。 利益は全く発生しませんがsweat01

006 さて、そんなお客様 (長女) の忘れ物がコレです。

ハムスターのコロコロ遊園地と、ヒマワリの種を入れる器、そして水がゆっくり出るボトル。

彼女 (ハムスター) の乗車賃は ¥280 でした。 新幹線+かもめ の分がです。

003 去年よりも また一段と大きくなってましたsweat01

072 ところで、お馴染みのチャト様。

このスタイルで一日中寝てます。 が…長女に言わせると こんな状態を

「ニャンモナイト」 って、言うんですって。 確かに~bearing

実は…年末から

030  バリ島へ出かけてました。 美味しい物を食べるツワーです。 

033 ほらっ、こんな感じや
034 あんな感じも すっかり バリ風でしょsign02

「えっ、バリ島ではなく……バリ風ですってsign02

うふふ。 分かりましたかぁ~。 実はここ、去年の末に出来たレストランです。

お店の名前は知りませんが、もしかして 全国チェーンのお店かも?

028 でも、メニューも それらしき内容です。

これは ナシゴレン ¥800  醤油味でもないし、オイスターソースの味でもない。

やはり、日本にある調味料ではないお味。 けっこう、私は好きでしたが…。

027 あとは、ごくフツーの スパゲティとサーモンのカルパッチョ。 量が多いです。

029 お部屋は、このような小部屋になってるので 周りを気にせず いついつまでもおしゃべりが出来ます。 女子会にはピッタリのお店でね。

031 こうして、カウンター席もあるので お一人様にも、入りやすいと思います。 長崎浜町の アーケード近くです。

おせちに飽きたら…

009 お正月料理は、実は もう二日目から飽きるものです。

フツーで、シンプルな物が 一番です。

 年末にブリを頂きました。 これって 出世魚でしょ?

私的には、ブリに成長する前の “ハマチ” が好きです。 でも…大きなブリを 1/4頂いたので 結構な量ですsweat01

「さすがに、ブリの刺身が毎日じゃぁ 飽きるわねぇ~down」 と私。

「じゃぁ、ブリしゃぶ にしたらどうかしらsign02」 と、年末から帰省してる娘。

011 で、鍋一杯に 敷き詰めた昆布のすきまをぬって、しゃぶしゃぶスタート。 

012 冷蔵庫整理の為にも、 ありったけの野菜を投入。

めんつゆ、ポン酢、ごまドレッシングの3種類で 食べました。 どれも、なかなかgoodの お味です。

 この後のシメに、雑炊で頂いたのは 言うまでもありません。 完食しましたよscissors

008 これは、鯨のベーコンです。

実は私、このベーコンが大好きです。 けれど…かなり 高価なので そうそうは頂くことはありません。 お正月用に 鯨専門店の 日野商店から、ネットで注文しました。

だけど…切り口が 下手でしょsweat01 美味しい物も切り方一つで 大いに味が変わります。

「次回からはブロックではなく、スライスしてるのにしてね。」 と、お願いしましたconfident

日野商店のHPです。http://www.hino-s.co.jp/index.html

013014


015 鯨のあれこれも 勉強になりました。

お正月は、のんびりと。

006004

早いもので、お正月も三が日を過ぎました。 皆様のお正月は如何でしたか?

お客様で忙しかったでしょうかsign02

 我が家は、“の~んびり” のお正月でした。

おせちは、勿論 買いますsweat01  一品ずつ作るなんて…とんでもないわcoldsweats01

これは 某ホテルの おせちです。

005 こちらは、主人が贔屓にしてる 鮨やさんの ちらし寿司です。 年末に 限定15食で作られました。

これで、4~5人前です。 酢飯も美味しかったし、何より この玉子焼きがサイコウです。

(魚ではなく、玉子焼きですかぁsign02 褒めてもらうのは…) と、言われそうですね。

007 我が家の雑煮です。 数年前もアップしましたが、薄く切った大根を一番下に敷き、その上に餅をのせます。

実は、この海老…おせちに入ってたものです。 これを入れただけで急にゴージャスになりました。 でも…長崎の 本当の雑煮には 入ってませんよhappy01

薄口の醤油味です。 一年に一回しか 雑煮は食べませんね。

 お隣りは、お正月にふさわしい お皿です。 この皿…いったい誰のものか分かりませんsweat01 年末に台所を掃除してたら 忘れられた戸棚からこれを発見しました。

何とも、おめでたくって それぞれの取り皿として デビューさせました。

謹賀新年

054 長崎市八坂町の 清水寺。 清水さんって、呼んでます。

056 なかなか歴史あるお寺です。 赤ちゃんが出来て

“腹帯” のお祝いには ほとんどの長崎市民は こちらでお参りします。

勿論、私も…confident その後、七五三の お祝いもこちらで。 お得意様です…うふふ。

055 

058057 この日は、暮れのある日。 お墓参りに行ったので

参拝客は ほとんど居ませんsweat01  お正月は、たくさんの参拝の人達です。

060 こんな、ご案内がありました。

そろそろ私も……こんな年頃でしょうかsign02  いやいや、まだまだ 先にしましょhappy01

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »