2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

少し早かったようです。

002 長崎県国見町にある 鍋島藩の邸宅です。

国見高校の元小峰監督で有名な町。 

003 2月15日に行きました。

この日は島原に用事があったので、帰りの15時頃行ったので何だか寂しい雰囲気。

この緋寒桜は翌週の 21日22日辺りが一番の見頃でしょう。

014 なかなか風情ある町並みです。

007 鍋島藩主の橘邸宅は、一年前に大々的に手をいれて

一般公開になりました。 内部は写真撮影禁止でしたが、この外観から 想像出来ると思います。 重厚なしつらえです。

008005一度は、訪れてほしい長崎の自慢できる場所です。

いよいよ、始まりましたぁ~。

016 長崎の冬の風物詩、ランフェスが今年もスタートしました。

今年は、例年よりちょっと遅めの 2月19日~3月5日です。

今更? ……って、言われそうですが 旧正月のシステムがいまだ、分かりませんsweat01

どうして、毎年 日にちが変わるのかが…coldsweats01
019 長崎のメイン会場は、どこも華々しい飾りつけで、心がウキウキします。

022 そして…例年の如く、主人は まそ行列に参加します。

新地中華街の有志からスタートした、このお祭り。 100年事業を目指いてます。

観光業にかかわってる私達としては、ささやかな、ささやかな 協力ですconfident

025 そして、この季節にお菓子屋さんの店先に登場するのが、

桃カステラです。 大・大・大~好きです。 娘時代には

「桃カステラが無い地方には お嫁に行きたくないわ。」

と まで思ってたアホな私ですsweat01coldsweats01

今では、宅急便という立派な手段があるのにねheart04

 

ソラマチで…。

019 下から見ると さすがに圧巻。

035 根本?は、こんなにでっかい土台。 当然だけど…。

029030 ソラマチは広すぎて、いったい今、私はどこにいるの? 状態ですsweat01 スケートリンクまであります。

028 数えきれない位の、店舗があるソラマチだけど…

この 「問屋国分」 っていうコーナー。 そういえば以前テレビで見た事がありました。

ちょっと、ユニークな試み。 それは……

025 国分の缶詰を使った料理を出す お店って事。

ちょうどお昼どきなので 思い切って入ってみました。

024 すっきりと清潔感あふれる店内。 上記のメニューから

026 私が注文したのは 「焼き鳥丼」 です。

確かに缶詰の味はしました。 だけど玉子でふんわりとじて仕上げたお味はグッドですscissors

しかも…このお値段が、なんと ¥500 です。

東京のソラマチの店舗で このお値段で頂けるなんて…。 皆様におススメです。

しかも、ちょっと 奥まった場所。 穴場中の穴場です。

020 その後に ちょっと疲れて 休憩に頂いたマンゴームース。

コチラが ¥540 。 いかに……先ほどの 焼き鳥丼がお得感有りですねhappy01

 他にも、色々と刺激を受けた東京でしたが 今回はこれで終了。

私……自慢じゃないけれど、結構 一人であちこち電車で移動出来るようになりましたconfident

ちょっと、いい感じに撮れました。

 仕事で上京しました。

東京は、雨で すごく寒かったです。 写真もあまり撮ることもなかったのですが…

033 これ、分かりますか?  スカイツリーの影です。

時間的にも、角度的にも グッドタイミングでしたscissors

012

003浅草へ行きました。 一人で……。

なかなか面白くて、興味深い お店がいっぱいです。

014 たくさんの観光客。 まぁ、中国人の多い事。

彼らの購買力は凄いです。 少しだけ……ひんしゅく?

015 参道の隙間から ふとスカイツリーが見えました。

「えっ? スカイツリーって この近くsign02

と、自問自答。 調べると 確かにここから一駅隣り。

そんな訳で。スカイツリーは当分は登ることはない!! と、強く思ってましたが あっけなく その思いは撤退。 こんなに近いのならば…ですね。

 でも…そのお蔭で こんなベストなシャッターチャンスに恵まれましたheart04

何だか…春っぽい。

017 また、浜口町にある “ひらの” へ行きました。

すき焼きと、しゃぶしゃぶ。そして信州そばのお店です。

我が家から、歩いて15分の距離でした。 いつもなら、つい車で移動しますが

「天気も良いし、歩いて行きましょう」 

と言うことになりました。 予約を入れて正解です。相変わらずお客様でいっぱいでした。

007_2 これで一人前。 ¥1500 です。

041_2 あちらこちらに春の予感。

木蓮のつぼみがほっこり。 花の出番を待ってます。

他に 水仙や沈丁花も 道中見ることが出来ました。

039_2 「そういえば、平和町商店街のフルーツいわながで、苺の生ジュースが ¥100ですって。 でも…限定 100杯…間に合うかしら?」

040_2 はい、 大丈夫のようですねscissors まだ、看板がありますから。037_2 甘くてフレッシュ。 ジュースの向こうには浦上天主堂が見えます。 この界隈が 「平和町」 って、言うのも理解出来るでしょsign02

044_2 折しも今日は、バレンタインデー。

 遠くに住む娘たちからチョコが届きました。 主人はしばらく眺めては、冷蔵庫に仕舞いました。 いつ、食べるのかしら?

042_2 こちらは、私の友人から届きました。

M さん、有難うございます。

何でも蒸しますよ~。

019 これ…何だかわかりますか?

温泉熱を利用した 天然の蒸し釜です。 この中でアッというまに蒸されます。

010_2 約10分。 タイマーを渡されそれがピーっと、鳴ったら出来上がりです。

001

003
こんなの、あんなの、がいっぱい。

005004

007


008 海の幸がいっぱいです。 まるで、数年前に韓国、釜山へ行ったときの海鮮市場のよう…。

006 本当に迷ってしまいます。

そういえば、このお店の事 数日前に地元TV局で見たことを思い出しました。

私達がなかなか決めれずにいたら お店の方が

「定食もありますよ。」 と、言われました。 結局…

012 アジフライ定食。 ¥1000

015 かき揚げ定食。 ¥950

011 せっかくだから、蒸し豚セットも注文しました。

016 熱っつあつの蒸し豚。 ポン酢でますます美味しさUPup

009 店内は、おしゃれ感があまりない所が またいい感じ。

漁師の まかない飯が食べれるお店って雰囲気で入りやすいです。

長崎っていいでしょうsign02 車で30分ほど走ったら もう、海辺の町に到着です。

 やっぱり、第二の故郷にするかしら?

小さな町だけど…

022 小浜にはたくさんの宝物があります。

ここもそうです。

024

025炭酸泉。

ボコボコと、湧き出てる感が見えますか? ここの温度は27~8度です。

なのに…何故sign02 こんなにボコボコsign02 って、不思議ですよね。

手を入れても、全く熱くないです。 むしろ冷たい位……sweat01

 本当は、この様子を動画にするともっと、この不思議さが伝わるのに…残念です。

そして、主人は動画で写し facebookでアップしたら あっと言う間に “いいね” ボタンが200を超えたそうです。 負けた~っdown 悔しい~っcrying ⇒ 私って結構、負けず嫌いかも。

021 さて…そろそろお昼の時間が近づきました。

今日は、こちらへ行ってみます。

 小浜町観光協会のHPです。  http://obama.or.jp/

心豊かな時間

035 優しい時間が流れています。 心地よいBGM……

ここは、長崎県小浜町にある “刈水庵”

小浜の温泉街から少し山手へ向かった先にあります。

031

032昔ながらの木枠のガラス窓からは、日本の原風景が見えます。

036

038まるで、昭和の世界にタイムスリップしたようです。

だけど…心地よいheart04

033 私は、レモングラスでリラックス。

オレンジピールが美味しいlovely

039 薪の匂いと 暖かい火。 シュンシュンとお湯が沸く音。

ここには、たくさんのマイナスイオンが満ちてるようです…。

来崎の折には、少し足を延ばして あなたも是非sign03

046

今年初めての 自由飛行館です。

053

054 表通りに面した、一等席に こんな旗が ひらひらとなびいていました。

052 さっそく、ぜんざいを注文しました。

小餅がカリッと焼けて、香ばしい。 甘さもちょうどいい感じheart04 

日本人の冬の定番ですね。

050 玲子さんのランタンライブも告知されてます。

どんなステージになるでしょう? 皆様、久しぶりの お里帰りの気分で是非 玲子さんに会いにいらしてね。

048

そうそう、こんなに可愛いグッズがありました。 なんだか可愛いheart04
飛行館へいらしたら、こちらも是非お買い求めくださいね。 数に限りがありますよ…。

049051 こちらは、2015年のカレンダーとダイアリー。

つい うっかり買いそびれたあなた。 ご安心下さい。 飛行館にありましたぁ~。

こちらも 残りわずかになりました。

 雨やどり時代にも、毎年 年末年始にはカレンダーを買って頂きましたね。

遠方より電話注文頂いたり、わざわざご夫婦でいらしたり…

本当に、有難いお客様ばかりでした。 改めて皆様に感謝申し上げます(しんみり…weep)

 

「ちゃんぽん 食べたかっ!」

002 去年から始まった、新聞小説。

もう140回を超えました。

 毎朝読む訳ではありませんし、つい読まない日もありますsweat01

 それでも、登場人物はほぼ、実際の方々と同じです (あくまでも、さださんのトークによると…です。) それが、また真実味があって面白い。

 そして、今週はいよいよ 「お~い、バイトぉぉぉぉ~」 の話です。

もう、ファンの皆様には 良~くご存知のお話ですね。

001 “東洋女子大校舎新築工事現場” 事件ですhappy01

工事中の7階で起こる 超危険なアルバイトの話です。

ランチとか、足場とか、機材運搬用簡易エレベーターとか……話術が素晴らしいトークだけど  ちょっと、素人の私には その場面が想像出来なかったsweat01

 しかし、今回 おぐらひろかず氏の 素晴らしい挿絵のおかげで すんなりと、そのが場面が 容易に想像出来ました。

 皆さんも早く読みたいでしょう?  本になるのはいつかしらsign02

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »