2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 波佐見産、鬼木の黒米 | トップページ | 今日のランチは…… »

長崎の清水寺

024 清水寺です。

021 新年を迎え、いつもより参拝客が多いようです。

「えっ?こんなに閑散としてるのに……」

と思うでしょう?

 実は、我が家のお墓が この清水キヨミズさん (…と、小さい頃から親しみを込めてそう呼んでました。) にあり 毎回ここを通るので 今日はそう感じました。

015 こんな。石段を登ります。

013 寺町から、この清水さんへ続くお墓は ほとんどが頂上を目指すと 風頭山(かざがしら) へ到着します。

こんな、道なき道を登れば……。 

でも…一度だって 「風頭山を目指したい。」 と思ったことはないですsweat01

010 お墓から長崎市内を見たところ。

長崎の墓事情を言えば、先ず 「お墓に車の横づけは不可能sign03」 って、事です。

映画“解夏”の作品中、主人公 大沢たかお氏演じる隆之も 港を見下ろす高台にありましたね。 覚えてますか?

それを望むなら、海が見える今流行の 分譲型の墓地ですね。

もしくは、お寺の納骨堂です。

 私達も、いつまでこうして お墓参りができるでしょうか? 結構、登りはハードです。

016 境内奥にはたくさんの お地蔵様。

017 よくよく見ると、至る所に 由緒ある品々が…。

 ここには、立派な 一本桜があります。

満開になると それはそれは見事です。 「息をのむ美しさ」 とは、まさにこの事です。

« 波佐見産、鬼木の黒米 | トップページ | 今日のランチは…… »

長崎情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 波佐見産、鬼木の黒米 | トップページ | 今日のランチは…… »