2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

しつこいようですが…


037
 まだまだ、紅葉レポートが続きます。

「あぁ、、またですかぁ。今年はかなり、色んな場所の紅葉を見ましたよ。 いえ、訂正します。 “紅葉を強制的に見せられました…” が正解のようですがsweat01

あっ、もう皆さん分かってますね。 相変わらずの 妄想会話です うふふ。

 上記の写真。 雲仙観光ホテルの後、 白雲の池へ行きました。

六十路間近の私達 (本当は、それを超えてる…coldsweats01) は口を揃えて

「白雲の池って、何十年前に行ったっきり。 小学生の頃かもsign02」 と。

 逆さ富士ならぬ 逆さ普賢岳です。 水面にクッリリと映りとてもきれいです。

039 仕事づくめの友人たちも

「こんなに、ゆっくり出来るなんて何年ぶりかしら? なんか、マイナスイオンがいっぱいで

幸せな気分よheart04

 池を囲むように、遊歩道があります。

風もなく、穏やかな一日。 小春日和っていうのかしら?

043 女三人…長~い影が映ってます。

045_2 ずっと気になってたお店。 夢民…ゆーみん。

プチドライブの最後に、こちらへ寄りました。

個人の自宅をお店にされてて、可愛い和雑貨がいっぱい。

 一目で気に入った、一輪挿しの花器。  我が家の玄関飾りにしてます。

046044












あれほど、心に強く誓ったのに…

 実は、私は果物の中で 一番好きなものは……すいか です。

夏になると今年は、何個食べたのか 正 の字を書いて、その数の多さに満足する変な趣味もありますsweat01 

031 でも…どんなに好きでも 真夏のあの暑さの中で食べるのが鉄則です。 しかし、今年はいつまでも残暑が続き すいかの出番も長かったです。

 先日、話題にした 生ピーナツの八百屋さん。 

すいかはこちらでいつも買います。 自宅まで届けて下さいますから。

 それで先日、こちらへ買い物へ行くと このすいかが これ見よがしに鎮座してました。

私が チラッとこのすいかを見た事を 見逃さなかったこちらのご主人。

「あっ、奥さん。すいかどうですかぁ。 いよいよ今年はもう、これで終わりですよ。」 と。

「えっsign02 でも…もう、私の中では 今年はもう充分食べたから…」

「そんな事言わんで。 いよいよ最後ですよ…。 しかも、ついさっき値段を下げましたよ。」

「えっ。 …と、いう事は 売れ残ったから下げたのでは?何か、心配。 時間が過ぎたすいかって、何となくブヨブヨして煮えたみたいになうでしょ? あれが、嫌なのよ。 」

ご主人は自信を持って、スパッと切って

「ほらっ、上等scissors 合格~up」 ですって。 で、結局 2個、購入。

032 小ぶりのすいかの ネーミングもグッドです。

 でもね……やっぱり、いまいち 新鮮さはなく、甘さもありませんdown

どんなに、勧められても すいかは 真夏に食べるべし  ですね。

つくづく、心に誓いましたcoldsweats01

雲仙観光ホテル

  六十路間近かな、私達がランチした場所です。

036 高原のホテル風な建物。 創業80年ですって。

028

027もう、クリスマス飾りがお迎えです。

023_2クラシカルな、ダイニング。

016 バーニャカウダーです。 このソースって、本当に美味しいですね。 野菜もすべて 島原産です。

017 雑然とあるように見えますが、ヤマメのお料理。

頭からすべて柔らかく、トマトソースもからめて頂きました。 残ったのはシッポだけsweat01

018 ごぼうのポタージュ。 器まで暖かい。

019 諫早産牛肉を使った、ハンバーグ。 ソースも残さず頂きました。

020 別腹とは言え、相変わらずデザートも完食する私。

 実は今日のランチは ……

同行した、友の奢りでした。 なんでも…

「E子さんには、お世話になってるから…」 と。

何をお世話したのか分かりませんがsweat01  美味しく楽しく頂きましたよ。

 J子さん、ご馳走様でした。

 それにしても……ここ数日のブログ話題は “紅葉” “食事” “紅葉” “食事” の繰り返しsweat01sweat01

 「チーフって、雨やどりを辞めた後、本当に しっかりお仕事してるのですか?」

と、疑問に思った方もいらっしゃるでしょsign02

 「はい。 心配ご無用。 えっちら、おっちら、慣れないパソコンに向かって仕事してま~すscissors  でも…はたして、私は本当にデスクワークが向いてるか、否かちょっと疑問です。」

 やっぱり、お客様と接客するお仕事が 似合ってるかもsign02

http://www.unzenkankohotel.com/ → 雲仙観光ホテルのHPです。







三十路苑~みそじえん

007 今年は、何故か 紅葉を愛でる機会が多かったです。

今日も また、誘われて出かけました。

 千々石(ちぢわ) ~ 小浜(おばま) ~ 雲仙 この、道中に “六兵衛茶屋” という、かやぶき屋根の食事処があります。

そこのご主人が、数十年をかけて丁寧に作り上げた庭園です。

 少し時期が早かったようです。 11月下旬から12月上旬が一番の見頃でしょうね。

001

002009 こうして、今が盛りの紅葉もあれば、

まだまだ新緑のような、もみじもあります。

008 ライトアップもされるので、長崎からも日帰りドライブが出来ますね。

013 こちらでは、プチ六兵衛も食べれます。

そして、試食した “ゆず味噌” が美味しくて思わず購入。

早速、この日の夕食に。 薄目に味付けしたカブにこの ゆず味噌を乗せて頂きましたscissors

何だか、初冬の訪れを予感させるような味でした……。

 014 喫煙する友は

「なんて喫煙者に優しい場所でしょう。 こうして、竹を割って作った灰皿も嬉しいわ。」

と。 確かに、園内の至る所に こうしてゴザを敷いたバンコ(長崎弁よ。)がありましたから…。

 それにしても、このネーミング。

どうして、 三十路苑 って、付けたのかしらsign02

六十路 間近かな、私達は疑問を残したまま、三十路苑を後に 次の目的地、雲仙へ向かいました。

 雲仙の、紅葉はもう終わったとニュースで言ってましたが……。

https://www.google.co.jp/search?q=%E4%B8%89%E5%8D%81%E8%B7%AF%E8%8B%91%E7%B4%85%E8%91%89&sa=X&biw=1366&bih=617&tbm=isch&tbo=u&source=univ&ei=At1xVNGqF-SwmwXbj4FY&ved=0CEkQsAQ







お土産も買いました。

057 秋月名産 十代 高木久助 本葛のお店です。

実は私、プリンやゼリー、葛やかたくりみたいな ゆるゆる食感が好きなんですheart04

056 店構えはこんな感じ。

050

053051店内は時代を感じさせる重厚なしつらえ。

葛を使った商品もたくさん販売されてます。

054 食事が終わり、またまた秋月を徒歩で ゆっくり、のんびり歩いたので こちらでティータイムしました。

“葛の小豆白玉” そのまんまのネーミングですねsweat01

ひんやりと のど越しもよく、ゆるゆる食感もいい感じheart04

私も迷わず、葛きりと、葛湯を購入。 毎晩、葛湯でほっこり過ごしてます。

 そして、類は類を呼ぶ……の如く、また二人で妄想タイム。

「ねぇ、ねぇ。 もしも若菜ちゃん(Sちゃんの一人娘) が、ここの11代目と恋愛したらどうするぅsign02

「えっ? そうねぇ。 ちょっと心配かな?」

「いいや、大丈夫さ。 博多から車で約1時間。 お里帰りも直ぐに出来るし、この閑静な佇まいの秋月に於いては、結構 繁盛してるお店よ。

それに、さっき店員さんに聞いたけど、インターネット販売もしてるから 健康志向の昨今にピッタリのお店よ。」 と、熱弁の私。 するとSちゃん曰く

「じゃぁ、Eちゃんの 二人の娘さんは如何?」

「いやいや、それは無理ね。 広島と東京に居るし……!」 

 と、何とも無意味な会話が永遠と続く。 女同士の旅は楽しいですね。










思い出したように…

 秋月城の話題が続きます。

「えっ? もう、散策して秋月中学校、そして黒門まで見ましたが…」

「いえいえ、旅の一番の楽しみ…食事の話題がまだでしょう?」

「あぁ、そうでしたdown 別に、興味はないけれど…まぁ、チーフの楽しみですものね。

さぁ、どうぞ ご報告下さい……」

 以上、上記の会話の相手は誰も居ませんsweat01

 私が、得意とする “妄想会話” です。 気にしないでねbleah

004 今日の、食事処 清流庵です。 重厚な門構え。

009 何とも風情ある建物です。

012013015


食事の予約時間まで、少し時間があったので こちらの

立派な庭園を散策しました。

 見事な紅葉もあれば、あと一歩という木もあります。

人間と同じです。

みんなちがって、みんないい  ですね。

019 この橋を渡って行きます。

016 正面は、もう少し右向こうになります。

右肩にシッポが見えますが、やまめの塩焼きでした。 頭から丸かじり出来ましたscissors

他は、 ザ・普通 です。

017 豆乳鍋のしゃぶしゃぶ。 

018 デザートは、シフォンケーキとコーヒーです。

ゆっくりと、時間をかけて頂くお食事は何とも美味しいばかりです。

「Sちゃん、私好みのお食事処を予約してくれてて、有難うねheart04」 と感謝です。

021 建物の横には、川が流れてます。

せせらぎの音が、なんとも風情がありました。

HPがあります → http://www.seiryuan.com/net/


















今年最後があと一つ。

 それは、私が大好きな外国船です。

正確に言えば、まだ中国船は入港するのですが私は欧米が好きですheart04

“良く売れるから……”

が一番の理由ですが、お客様とのやり取りがとても楽しいからです。

007_3 こうして、着物を販売してるお店や

004_2 マグネットを売ってるお店もあります。

003 実は数か月前から私達のブースは、陶器を売ってます。

しかも 古伊万里風な絵柄の陶器です。

とても日本的で、外国のお客様にも好評です。 ずっと昔からのお付き合いの陶器屋さんがいらっしゃるので

「あれこれチョイスして、送ってください。同じものがたくさんではなく むしろ半端物が種類がたくさんだから、選ぶのに楽しいと思います。」

しかも、絶対に日本人は買わないであろう 浮世絵系な絵皿などは もう、サイコーですsign02

 002 スタッフが

「(陶器を包む) プチプチは用意しました。 あと、包装紙を買わないと……」

と言ったので、

「いや、ちょっと待った。私が思うに 海外旅行をした際 英字新聞や、フランスの新聞で包まれてたら何だかオシャレ感があるでしょ。 逆も真なり。

ねぇ、日本の新聞で包むのはどうかしら?」 と。

「え~っ、大丈夫ですかぁ。品物が安っぽくみえませんか?」 と心配そう。

 いえいえ、蓋を開けたら これがとっても好評なんですhappy01

「 (商品を渡しながら…) It`s Japanese news paper . memory of japan.」と私。

「Oh、Ioveryheart04 nice ideasign01」とお客様。

(以上、TOEIC が600以上の方は、コメント及び、添削をご遠慮下さいsweat01)

 と、皆さん異口同音に喜ばれます。

 最近は コープのチラシや、大型電気店、ユニクロ、マンションの広告、スーパーの食品etc.  それらを使おうかしら? って思います。

  それぞれの国に帰り、古伊万里の器を見ながら 日本の食品、マンションの間取り、ユニクロのお洋服…皆んな 素晴らしい情報になると思いませんか?

 私だったら、帰国しても その国の生活を もう一度垣間見れてとても、嬉しく思います。

いよいよ、今年はこれが最後?

 秋月散策は、本当はまだ続きます。

 が……ちょっと、話題をかえて 落花生の話題をsign01

001 以前もこの話題はしましたね。

先日、いつも買ってる八百屋さんにこのピーナツがありました。

004 一袋が 480円なり。 高いのか、安いのか…sign02

夏にたくさん作り、小分けしてたピーナツは、いつの間にか冷凍庫からなくなりました。

一瞬迷ったけれど…もうすぐお正月。 豆大好き娘も帰郷するし…ちょっと、面倒だけど

思い切って買うことにしましたcoldsweats01

「ねぇ、これ3袋買うから…ちょっと、お安く出来ませんか?」

と、主婦歴が長い私も かなり図々しい。

お店の方は ちょっと考えて

「では、400円で如何ですか? それが精一杯です。」 って。

はいはい。 私も心の中で それくらいかなぁ。って思ってましたから…

「まぁ、嬉しい。 では3袋ねheart04

005 我が家で一番大きい鍋も、溢れんばかり。

007 夕食が終わり、後片付けが終わり、やっと一息出来るのに

あえて、また一仕事coldsweats01  でも、この塩茹でピーナツって本当に美味しいですものね。

約40分茹でました。 ちょうど良い塩加減。

011 ほらっ、こんなに小さいです。 小さいけれど割ってみると

こんなに実がぎっしり。 まるで……私みたいでしょbleah うふふ。

小分けして6袋出来ました。 また冷凍庫で出番を待ってる ピーナツ達です。

 皆さんは、塩茹でピーナツってご存知ですかsign02














秋月散策。

036_2 秋月で有名な黒門。

真っ赤に紅葉した木々と、この黒門が よくテレビや、雑誌等で見ることがあります。

033 別の角度から…。

029 ここ秋月城跡は、秋月中学校になってます。

この学校が母校って、ちょっと自慢にしてもいいと思いますよ。

032 少し色付いた銀杏の下を 銀杏色の洋服を着た女性。

それがどうした…って、言われそうですが ただそれだけですぅcoldsweats01

041 こんな素敵なおもてなし。

037 お抹茶で一服。

039043 「やっぱり、気を付かない友って楽だわ。」

「えっ?どうして?」

「先日、娘と別府へ行ったけれど、興味があるのが全然違うの。 私はもう少し、ゆっくり

したいと思っても彼女は興味なさげ。

その点、年齢が一緒ってとってもいいわね。 歩調も同じで 歩くのも楽。 」

ですって。 褒められてるのか、それとも…sign02

002

001何とも風情ある町並み。

のんびりと散策するのにぴったりです。




























まだまだ…秋が。

060 ずっと、行きたかった場所。

福岡県朝倉市秋月町。 紅葉で有名な場所です。

じゃらんの九州版に、必ず上位にランキングされる名所です。

 今回、福岡に在住してる高校時代からの友人とレンタカーを借りて行きました。

022 福岡から、約1時間半。 あえて、土日を外したのでこの

季節は大渋滞をおこすであろう道路もスイスイでした。 なんてラッキーheart04

しかし、紅葉の盛りはあと一週間後。 こちらは アンラッキーでしたが…down

 それでも、 “早番?” のもみじさんは、こうして見事な色を醸し出してます。

025 城跡へ続rく道。 両脇はさくらの木がびっしり。

春の桜もさぞかし見事だとお察しします。 また、私の備忘録には

「春になったら行きたい場所 秋月城」 と、追加されましたhappy01

026 道中には、ここがいかに歴史ある場所かと思われる

ゆかりの地の石碑の数々が…。

028 さぁ、立派な長屋門まで、歩いて来ましたよ。















贅沢なランチ。

013 こちらは 前もって、予約が必須です。

個室にご案内されました。 四方がガラス張りなので 少し紅葉した木々が借景の様子。

それだけでも、いい雰囲気。

009 相変わらず、楽しいお喋りと 美味しいお料理を前にすると ついつい写真を撮り忘れます。

このお料理の前にも 五種盛りの美しい品々がありましたsweat01

前回もそうでしたが、ここの お刺身の美味しさが忘れられませんでした。

「こんな、山奥なのに……」

と、思ってましたが 今回も裏切ることなく新鮮そのものでした。 左は揚げ物です。

010 次々に運ばれる、繊細なお料理の数々。

こちらのご主人は、かの有名な “なだ万” で長い事 修行された方と聞いてます。

011 柔らかい和牛も、だご汁という椀物も満足する味です。

この後 お吸い物とご飯。 そして 冷菓。 涼やかな器に入ってました……が、これまた012 撮り忘れですcoldsweats01










秋を探して…。

019 ここ数日、すっかり冷え込みましたね。

雲仙の紅葉は、今が見頃と聞いてます。

そんな訳で、私も 紅葉した山々を見たくなりました。 向かった先は…黒木渓谷。

長崎県と、佐賀県の県境にあります。

020

017実は、紅葉見物は、二の次で

“花より団子” の私としては こちらのお食事に行きました。

021 園内には、茶室もあります。

024


つわの花が至る所に咲いてます。まっ黄色の可憐な花。 茶花にぴったりですね。

026 “落柿 らくし” です。

かなりの山奥にあるのに、いつもお客様でいっぱいです。

しかし、そのお料理の味は評判で、人気のお店と言うのも納得です。












« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »