2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

夏の終わりに……

041 夏も、終わろうとしてます。

今年の夏は、雨・雨・雨……の毎日でした。 皆様のお住まいは如何でしたか?

長崎も、例外なく 雨の日が続き 庭の水やりの仕事をしないで済んだのは有難かったけれど、やはり色んな職業の方々には “痛い夏” だったかも知れません。

 そんな、夏の一日。 雨で延び延びになってた、大村湾クルーズの日がやって来ました。

043 時津で、マリーナを経営されてる方に誘われていきました。 実際に乗ったのは、この下の船です。

002 ライフジャケットを着けて、マリーナを出発。

大村湾から、陸地を見るのは初めてです。

ちょっと、ドキドキ感があります。

007 だんだん、スピードが出ます。

聞くと、(車の速度でいえば…) 時速40キロくらいですって。 でも、もっと早く感じましたが…。

(もしも、海に投げ出されたらどうしようsign02 ライフジャケットは着けてるけれど、これくらいの距離なら、どうにか岸まで泳いでいけるかも?)

と、心で思ってたら 同行した友が私の心の声が聞こえたのか

「E子さん、もしも、海に投げ出されてもへたに泳いだらダメよ。 これくらいの距離なら直ぐに連絡がとれて 救助が来てくれると思うから…scissors」 ですって。

確かにそうかも知れませんsweat01

014 あっ、この橋 知ってるsign03

以前、詩島へ行ったときに通過したわ。

018 案の定、ゴルフ場がありました。

しかも、さださん愛用のカントリークラブです。

プレーされてる人達の姿もみえます。 

020 ……と、いう事は ヤッパリ ありましたぁ。

すぐ近くに 詩島がsign03  可愛い形の島です。 

021 詩島から だんだん離れて行き、船は 長崎空港方面へ向かいました。

026 途中、こうして運転もさせて頂きました。

多分、運転が楽しくて 購入したいと思う人が、船を買いたいと思うのかも知れませんね。

それも、狙いかも知れません。いえ、この社長さんは そんな、お気持ちは全くなかったです。

034 見えにくいですが、長崎空港です。

長崎からリムジンバスだと、小一時間かかる所も、船だと所要時間は10分くらい。

渋滞もないし……。

 もしもこのクルーズを、体験されるなら ¥3500 くらいだと思います。

あなたも、如何ですか?

船を運転できるって、ちょっと素敵な 海の男 って、感じですねheart04





















 

いよいよです。

049 今日の長崎新聞です。

一日の終わりに、ゆっくりと新聞を読むので つい、こんな時間になってしまいました。

046 すると、こんなにドカ~ンと、もうすぐ始まる連載小説の記事が載ってました。
050 9月5日からスタートするにあたり、作者の心境などが

インタビュー式に会話が進みます。

047 下方の4行には、さださんが 作詞、作曲した作品が

年代別にぎっしり。 1970年代から、80年、90年、2000年、そして2010年代

……凄いですねぇ。 ある意味、これらの作品は さださんの愛おしい子供たちかも知れません。

 ますます、5日が楽しみになりました。

(あっ、手前の茶色の物体は チャトラン様です。どうしても、私の側がいいんですって。)

長崎新聞 って、検索してください。

そして、上部にある ちゃんぽん食べたか をクリックすると、詳しく載ってます。

 今、テレビ番組中にも、このCMが流れてます。

それも、見れます。 是非sign03



« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »