2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 「第二の故郷…長崎へ、おかえりなさい。」 | トップページ | 不思議な世界でしたが… »

とりあえず…リベンジしました。

012

中華料理の 大鶴さん。 新地中華街にあります。

皆さんが、大好きな江山楼の直ぐお隣りです。

でも…写真の、大鶴さんは、新地中華街のすぐ隣町の籠町にあります。

 このお店の評判は、前々から姉に聞いてたので 是非、一度は行ってみたい所でした。

で……先日 “友、遠方より来る” と言うことで、早速予約をしました。

「大鶴さんですか? ○月○日に4名予約をお願いします。」

 さて…当日、皆さんを意気揚々とご案内しながら

「今日は、中華にしました。」

「わ~い。久しぶりだわ、楽しみ~heart04」 と皆々様。

 結論を急げば……私は、大いなる勘違いで 新地の大鶴さんに電話して、しっかり

予約を入れてたのですdownsweat01

005 「え~っ、新地からこちらへ移ったとばかり思ってました。」

「いいえ、そこで修行して独立して、こちらでお店をOPENしました…」 と、ママさん。

私がいかにガッカリし、落胆しつつ、新地へ向かったかはご想像出来るでしょう。

007 そんな訳で、先日 お墓参りの帰り

「どうしても、ランチへ行きたい場所があるのよ。」

と、家族に同意を求め いざ 大鶴へ。 お店に入ると…直ぐにママさんは

「まぁ、本当に来てくださったのsign02」 と。

私は 酢豚セット。 主人は 皿うどんセット。 娘は 麻婆豆腐セット。

009010


チャーハンは、皆 同じなので 他の味を少しずつ食べ比べました。

どれも、なかなか美味しいです。 姉のおススメ通りですscissors

006 他には、鉄板焼きや、お好み焼きもありました。

コースも¥2000からで なかなかリーズナブルです。 次回は夜に必ず……punch

実家の近くだから、時々は 通ってみたいお店です。













« 「第二の故郷…長崎へ、おかえりなさい。」 | トップページ | 不思議な世界でしたが… »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

チーフさん、こんにちは。
稲佐山のライブから、早いもので1週間が過ぎました。
結果今回もチーフさんとは会えず終いでした。
自分は9時過ぎから上がって、去年と同様ブロック最前列を確保していましたが、チーフさんはどちらだったのでしょうか。

ところでリベンジと言えば、自分も今回リベンジを一つ果たしましたよ。
実は5月に玲子さんのバースデーライブを見に長崎へ行き、ライブ終了後に生さだの井上知幸さんが以前Twitterで推薦されていた思案橋通りの「康楽」へちゃんぽんを食べに向かいました。しかしその時は「満席です。」ということでダメでした。(ただし、代わりに入った宝雲亭で繁◯さんに遭遇しましたが。)
そして、「今回こそ…。」ということで、長崎に着いた土曜日の夕方一番に康楽さんに向かい、リベンジを果たした次第です。(それでも、入る直前に偶然空いた1階席のおかげなんですが。 f^_^; )
康楽さんのちゃんぽんのスープは、福壽さんと同じ“あっさり系”で、美味しかったです。
メニューに「そぼろちゃんぽん」が有りましたが、今回は普通のちゃんぽんにしたので、次回はそぼろちゃんぽんを食べたいと思います。

中田さん、こんにちは。

 そして、稲佐山は お疲れ様でしたね。
 実は……当日、私は “やんごとなき事” が、発生して行くことが出来ませんでしたcrying
 お山でお会いすると約束したのに、ごめんなさいね。
 次回は、必ずscissors

 確かに、“康楽” さんは、 知る人ぞ知る ちゃんぽんの美味しいお店です。
 “かんろ” って、読めないですよね。
 そして…“福寿” さんも、ご存じとはsign03
 中田さん、かなり 長崎を知り尽くしてますね。
 

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「第二の故郷…長崎へ、おかえりなさい。」 | トップページ | 不思議な世界でしたが… »