2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

今年もお世話になりました。

今年は、節目の年でありました。

突然の 雨やどりの閉店のお知らせ。 

皆様から届いた 暖かいお言葉。 わずか 10年間のお付き合いでしたが

“さだまさしさん” を、共通の合言葉として これからもずっと、ずっと お付き合い頂きたいと思います。

 今頃は、大阪フェスティバルホールで、カウントダウンコンサートの真っ最中でしょうかsign02

さださんは、この一年を振り返って どんなメッセージを話されるのでしょうか?

私は、 深夜の アレを楽しみに 頑張って起きています。

008 我が家の玄関も、お正月が来るのを待ってます。

お正月花を、大胆に生けてみました。

006 内玄関にも、こんな感じ。

暮れに、友人からたくさんの 正月花を頂きました。 

おかげで、今年は シックな わび・さび の世界です。

皆様、どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。










福山☆冬の大感謝祭

006 ちょっと、素敵な紙袋です。

トラディショナルな色使い。 トリコロールの3色。

実は、コレ 長崎出身の福山雅治さんのコンサートグッズです。

003 他には、 “男のシリーズ” のドレッシング3種。

どんな お味か 想像が出来ませんsweat01

「支配人 “福山さんの事” が、こだわり抜いた “男のオリ醤シリーズ” を是非、ご堪能あれ!」

と、説明書きがあります。 

004 キレイ de fukuyama

005 開くと、こんな感じ。

ワイパーと、スポンジと、マイクロファイバークロス が入ってます。

 入浴後の浴室の壁や、洗浄後の浴槽の水を切るワイパーです。

と、説明書きがありました。 えっ? 福山さんって、キレイ好きかしら?

 最近 よくテレビで “究極のキレイ好き 芸人” を見ますが、あの人達って凄いですよね。  ちょっと、引いてしまいますが…。 一家に一人は欲しいと思う事もあります。

 いずれにせよ、上記の品々。

 さださんが大好きなファンで、福山さんも好きheart04 とおっしゃる、名古屋のK氏から送ってきたものです。 とっても、嬉しいです。 大切に使いますねscissors

 今年も、フェスでは さださんの カウントダウン が開催されます。

いったい、どんなグッズがあるのでしょうか?やっぱり、コンサートの記念は欲しいものですよね。

 ファンの方が、長崎へいらした時に “何か記念にpresent” と、あれこれ雨やどりで お買い物して下さったこと。 

 今更ながら 有難くって感謝の気持ちでいっぱいです。







今年も、残りわずかになりました。

002 今年のクリスマスに 活躍した皆さんです。

手前から、サンタの鉢に入った シクラメン。

淡い、小さなピンクの花でした。  咲いたら、しばらく楽しませてくれます。

そして、枯れて そのあと、ポロリと落ちます。 その繰り返しで 約1か月は持ちました。

 そして…リース。 色の使いが素敵でしょうsign02

シックで、モダンで、大人の色。 玄関飾りにしてました。

 最後は、クリスマスツリーの陶器です。

数年前に、雨やどりの大家さんちで 陶芸作家の展示会がありました。

その時に、買い求めたものです。

 この中にキャンドルを入れて、火をともせば ゆらり、ゆらりといい感じです。

 さ~て、今日から 玄関飾りは 「ザ・お正月」 です。

 せっかくならば日々の暮らしも こうして、楽しみたいものですね。


Merry Christmas!

Eriko5 グラバー園の今日です。

池には、天使のオブジェが飾られています。

12月22日~25日まで、ハートフルクリスマスが開催されてます。

Eriko6

Erkoko7園内には、あらゆる所にハートが散りばめられています。

赤いハートの中に入って、恋人たちは写真を撮ります。

私が、この写真を撮ってたら グラバー園のスタッフさんが

「あっ、写真を お撮りしましょうかsign01」 と。

「いいえ、とんでもないわ。 さすがの私も、ハートの中に一人で入る勇気はありませんannoy」 と お返事しました。

Eriko7_2 間もなく、夜のとばりが降りようとしています。

この ほんのりとした、残り火が美しい。

今年も、この旧三菱ドックハウスでキャンドルをやってます。

95%のお客様がカップルです。 若々しいお二人が初々しくて好感がもてます。

「来年も、同じ恋人同士でありますように……」

と、そっと心で願いました。 (母心です…coldsweats01)

Eriko3

































¥500 貯金のゆくえ

Cimg0730 かれこれ、7~8年前くらいでしょうか?

“500玉を、これいっぱいに貯めると、10万円”

という、貯金箱を買いました。 何のあてもなく……。

会社の書類が入ったロッカーの隅っこに 置いて、財布に \500があったら、ポチン!

と、投入していました。 そして、一応 こんなものも 底に書き記しました。

Cimg0731 「ふむ、ふむ。 いよいよ、5万円貯まったかぁheart04
と、正の字が 増えていくのが、プチ幸せです。

たぶん、そろそろ 10万円 貯まった頃だと思います。 もう、貯金箱は ずっしりと重いです。

何の記念日でもないけれど、ある日突然 開けたい衝動にかられましたcoldsweats01

Cimg0732 こんな感じ。 そして……

Cimg0733_2 ジャ~ンsign03

 オール \500 がいっぱいです。

ちょっと、恥ずかしかったけれど そっくり、そのまま 銀行の窓口へ GOrun

なんと、 ¥103500 でした。 凄いでしょう?

 通帳の印字を見ては にんまりlovely    「さて、何に使おうかしら?」

   :

   :

 月日が過ぎました。 子供たちから電話で

「お正月に帰省したいけれど、チケットが取れないsweat01 それに、繁忙期で 凄く高いのよ。

往復6万円。 私…帰省するの、止めようかなdown

ですって。 冗談じゃぁ、ないわ。

「初めてのお正月って言うのに、一人ぽつんと、東京で過ごすつもり? ダメダメ、必ず帰って来なさい。 旅費は……お母さんが、出すから…weep

と、遂に言ってしまいました。 娘は、一応 辞退しましたが…。

 まっ、今回は “生きたお金” と解釈する事で、妙に納得した私でしたcrying

 年が明けたら “春財布” を購入する風習がありますが、私はまた “春貯金箱” を購入しようかしらsign02








こんな所に、こんな美味しい物が……

 「あぁ、やっぱりチーフって 美味しい物を求めてこんな山奥まで行ったのですね。」

 と、ズバリ! そう、思ったでしょう? はい。その通り。

Cimg0720  お店の入り口です。

 人の良さそうな 良い感じのご夫婦が経営されてます。

Cimg0722  直ぐ横には、二連水車もあって なかなか風情があります。

Cimg0717  頂いたのは、コレです。 うなぎ定食です。

 パリッと焼きあがった皮。 そして肉厚の身はふっくら。

 溢れんばかりのかば焼きの量。 もう、感動ものです。

 炊き立てのご飯が 食欲をますます進めさせます。 困ったものです!

 お吸い物は、肝吸いではなく 鯉こくです。 ちょっと、甘めの味噌仕立て。

Cimg0718  クラシカルなお部屋からは、紅葉した木々が借景となって一枚の絵画のようです。

なんといっても、このお部屋が良いでしょう?Cimg0719まるで、おばあちゃんちへ帰ってきたような温かさ。

ゆっくり時間をかけて頂いた私たちは、もう身も心も大満足です。

「こちらのデザートは、もしかして “お昼寝付き” でしょうか?」

って、思わずお聞きしたほどです。うふふ

「ねぇ、ねぇ。 渡辺純一の世界だったら “お隣のお部屋に、お床をご準備しております” って、女将が言うのよね。」

「そうそう、まさに そんな感じよね」

昼間から、女子会の私達の妄想は どこまでも続くのであった……ちびまる子ちゃん風に。

Cimg0724  こちらへ向かう道中には こんな名所もあります。

Cimg0726 まるで、南京玉すだれ みたいに、いくつもの滝が落ちてます。 前日の雨のせいか 水かさも増してます。

Cimg0727  ちょっとした、ドライブコースにおすすめです。

 

竜頭泉(りゅうとうせん)

Cimg0713  先ずは、長いこと更新出来なかった事を、お詫びします。

 大事に使ってたPCがとうとう壊れてしましました。

 ちょっと、不慣れな会社のPCを使ってます。

 さて……今年は、なぜか紅葉を見に行く機会がたくさんありました。

 凄いでしょう? この一面のいちょうのじゅうたん!

 Cimg0710  ここは、長崎県の東彼杵にある竜頭泉です。

 高速長崎道の東彼杵 (大村の次です) の近くです。

 Cimg0709  奥深く山道に入ると、車は離合するのがとても困難です。

 だけど、その先にはこんなに素晴らしい風景に出会うならそれも良しとしましょう。

Cimg0707  同じいちょうでも、絵画館のイチョウは 毎日、たくさんの

 方々が愛でるでしょう。 でも…ここのは違います。

 人知れず、この季節になると ちゃんと約束通り紅葉して散っていきます。

 今年は何人の方々を楽しませてくれたでしょうか?

 Cimg0714  橋の上から 流れる川をのぞきました。

 こんな山の中、いったい今日は何しに来たのでしょうか?

 

息を呑む美しさ

008 ずっと前から行きたかった紅葉の名所 “三十路苑”
秋深くなったある日、島原半島をドライブしました。

雲仙から、小浜へ下る途中に わら葺屋根の “六兵衛茶屋” という、食事どころがあります。

そこのご主人が こつこつと、数年の歳月をかけて この紅葉の名所をつくったそうです。

013_3 園内は、ゆっくり散策したら小一時間はかかるでしょう。

015 こんな黄色のもみじもあれば

020_2燃えるような 真っ赤なもみじもあります。

021


かと思えば、まだ青々としたもみじもあります。

期間限定の公開ですが、まだまだ 100パーセント紅葉になった訳ではありませんし…。

018 美しい、竹やぶもありました。

真っ直ぐに “凜” と、伸びた竹は、美しく輝いてました。

026 昼間とは言え、お山 雲仙はやはり寒いです。

こうして、焚き火で おもてなし の気持ちが嬉しいですね。















秋晴れの一日。

053_2 長崎県のゆるキャラ “がんばくん”

054_2 NCC長崎文化放送の “森の木タロー?”

11月のある日、 出島ワーフや、水辺の森公園で イベントが開催されました。

“長崎県、実りの秋” みたいな……

045 木工組合からは、昔ながらの手作り玩具の作り方。

048
森の自然な宝物を使った クリスマスリース。

046
 忘れられそうな、日本の原風景。 こんな吊し柿は もうあまり見れなくなりましたね。

058 今日は私、 販売の手伝いにいきました。

会社のお付き合いとして、また友人として……。

056 あじさい菓房さんの イチオシ “ザボンdeショコラ”

遠い昔に 長崎に伝わった一本の ざぼんの苗。 西山神社に今でも、それは有ります。

ざぼんの皮を ピールにして、純度の高いベルギー産のチョコをコーティングした、

香り高いチョコレートです。

 ウイスキーや、ブランデーにも合います。 また、お洒落でこだわりのある方への

手土産としても おススメです。 まさに……大人の味です。 












« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »