2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 柳川 “お花邸” | トップページ | 稲佐山 »

八女市 “無量寿院”

さださんと、親交が深かった 文芸評論家 “山本健吉” 氏が納骨されてる菩提寺です。

バスを降り立った途端に 何やら賑やかな お囃子が聞こえてきました。

048 こんな、のぼりが町のあちこちにたってます。

そして…各町内で 太鼓や笛の競争が賑やかに行われていました。

063 064 町内の人々が、見守る中

太鼓の音は、最高潮に響きます。

049 美しくて、懐かしい 日本の “原風景” ですね。

062 「インドから、直接 仕入れました。マンゴージュースです。

美味しいですよ~。」

と、多分 この八女に留学されてるであろう彼が インド製のマンゴージュースを勧めていました。 1本 ¥100  乾いたのどには とっても美味しい一品でした、

041 賑やかな通りを抜けて、無量寿院へ到着しました。

042 まだ、九月と言うのに ちらほら落ち葉が道の両脇に。

「あっ、もしかしてコチラを見てるのは ノコちゃん? お友達は、見つかったsign02

043 院の後方に ひっそりと、そのお墓はありました。

参加者全員が 山本先生にそっと、手を合わせました。

さださんが、映画 「二百三高地」 の主題歌  防人の詩 が発表された時、世間から

「右翼だ!」 などとたくさんの批判を受けて 心が折れそうになった時、山本健吉氏は

「こんな素晴らしい歌詞はない。 自信を持って大事に歌いなさい。」

と、絶賛されたそうです。 そんな時こそ 側に良き理解者がいたらどんなにか心強いでしょうか……。

052 場所を移動して、次は 乃木希典氏も宿泊されたという 堺屋にて、お話しを聞きました。

この方は 杉山画伯。 やはり さださんの 防人の詩 を絶賛されていました。

氏の上方をご覧下さい。 富士の形をした 見事なガラスが はめ込まれています。

立派な邸宅です。









« 柳川 “お花邸” | トップページ | 稲佐山 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

参加者全員がお参りした下さったなんて・・・・・・健吉先生も杉山先生もお喜びでしょう。

実は先回りしてお花を捧げて来ました。
誰もいらしてなかったようなので、行って良かったとこの記事を読んで思いました。

無量寿院の奥様も一心に落ち葉を集めていらっしゃいましたが、集めるそばから落ちてくるので、仕方ないということでした。
綺麗にして皆様をお迎えしようというお気持ちが伝わりました。

八女市上げて大歓迎でしたね。

来年も盛り上がりますよ!!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 柳川 “お花邸” | トップページ | 稲佐山 »