2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 秋の味覚を堪能しました。 | トップページ | 柳川 “お花邸” »

「大人の遠足」……行ってきましたぁ。

9月22日(日) 楽しみにしてた “まさしさん ゆかりの名所を巡る一日” の旅へ出掛けました。

長崎を、朝 6時29分のかもめに乗って…。

博多、天神の集合が 9時。 ぎりぎりセーフでしたsweat01

021_2 見えにくいでしょうが、こんなタイトルが付いたバスが3台です。 

繁理社長、チキガリのメンバー、今回 この企画にご尽力頂いた KBC九州朝日放送 元音楽プロデューサーの黒岩泰英氏。

西日本新聞のヒゲゴジ氏。 ⇒ 本名は知りませんsweat01

009 先ずは、太宰府天満宮。 現、39代目の宮司さんの

西高辻信良氏の お話を聞きました。 菅原道真公から 約300年の歴史があり

途絶えることなく39代も 宮司さんが続けることは 凄い事です。

010 ファンにとっては 決して外せない “飛梅”
この字を 良~く見れば たくさんの鳥が飛んでるのがわかりますか?

樹齢 何百年と言う 飛梅は 大きくてどっしりとして、この天満宮の歴史をじっと見つめてるようです。

018_2 帰り際に、もう一度 立派な 飛梅を写しました。

022_2 そして、記念に 39代目宮司さんの西高辻氏と。

雨スタッフだった、幸世さんと 仲良しのYさんも一緒に長崎から参加です。

014_2 またまた、ファンには外せない 小石の茶屋。

012_2 焼きたての梅が枝餅を 一人2個頂きました。

焼き立てだから、外側がパリッと焼けてとっても美味。

お石茶屋までには、何軒もの 梅が枝餅のお店がありましたが せっかくなら、こちらで食べたいものですね。

016_3 太宰府天満宮の一番奥の このなだらかな階段を登ったところに その茶屋はありました。 

015_2 良~く見ると……ホラッsign03

階段のところには こうして石で可愛い梅の花を咲かせています。

 こんな、些細な事でも 何だか心がウキウキと上昇します。


 












« 秋の味覚を堪能しました。 | トップページ | 柳川 “お花邸” »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

先日は思いがけずお会いできてとても嬉しかったです!
しかも偶然お隣の座席になるなんて更にびっくり。幸世さんともゆっくりお話しできてとても楽しかったです(^^)
西日本新聞のおヒゲの方は、傍示(かたみ)文昭さんです。
今年の稲佐山コンサートには行けなかったのですが、また長崎に行く日を、そしてチーフにお目にかかれる日を楽しみにしています。

稲佐山の時のように探しても会えないのではないかと心配しましたが、やっと最後に会えて嬉しかったです。
チーフもSさんも元気そうで(黒岩さんからパワーもらったかしら)良かったです。

渋滞などもあって時間は予定通りに行かなかったようですが、楽しい日帰り旅行だったと思います。

梅ヶ枝餅は2個食べたのですか?
男性は半分とかじゃなかったのかしら(笑)

私は先回りして、柳川へ行き白秋生家や記念館へ行きましたよ。
その後八女で待ち受けていました。

長崎でこういうツアーがあればなんとしても参加します。
チーフ企画してくださ~~~~い。

にしださん、こんにちは。

 楽しかったですね。 もう、お店を辞めて4ヶ月は経つのに懐かしい方々とたくさん出会いました。 プチ同窓会みたいに……。
 ヒゲゴジさんの お名前…とても読めないし、覚えきれませんsweat01
でも…流石、にしださんheart04
このツワーに あたっての用意周到、準備の良さには脱帽です。
幸世さんも 
「にしださんとご一緒できて、楽しい一日だっわheart04
と、帰りの かもめの車中で話してました。
Nagataさんと お会い出来なかった事は残念だけど……。


こういちままさん、こんにちは。

 note突然の出現には、驚いたけれど嬉しかった~ 何より…

 まさに、そんな感じです。 
長崎でそんな企画ですってsign02
なんだか、超楽しそうですね。 でも……“ゆかりの地めぐり” のコースを考えても、
ファンの皆様は 全~部 行った事がある場所ばかりでしょうね。
「ソコも行った。ココも行った。 その話も知ってるし、エピソードも知ってる。 これじゃぁ、新鮮味がないsign01 金返せannoy
みたいな……。 
 長崎は、一人静かに さださんを思いながら歩くのが、お似合いかもbleah

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋の味覚を堪能しました。 | トップページ | 柳川 “お花邸” »