2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« GWは、どちらへ お出かけ? | トップページ | 雨やどりのお買い物 その① »

第二の嫁ぎ先は……?

065_2 すっかりお馴染みの 雨やどり の看板です。

皆様の思い出のアルバムの中にも この看板の横でニッコリ笑って写真に収めた一枚があるかしらsign02

夏長崎から の時はたくさんのお客様が この横のベンチに座って びわの実アイスを食べたり お友達と久々の再会をしたり……と、何か活躍した看板です。

 この文字…大好きです。 デザイナーの入江氏に書いて頂きました。

中通りにある 和食処 “縁粋” の文字も彼の作品です。

056 、私の友人が おしゃれで上品で とても美味しい “おもてなし料理” のお店をやってます。今年で8年目heart04

先日、食事へ行った際に 雨やどり閉店の話をしたら

「まぁ、そうなの?それは残念ね。 E子さん うちの直ぐ隣りが 今 空いてるのよ。 是非 その素敵な看板もって いらっしゃいよ。

そして…うちでお食事した後は E子さんのお店 “長崎 思案橋 雨やどり” へお客様をご案内するわheart04」 と。 

いつの間にか “南山手” が “思案橋” に変わってる……happy01

 もう、大いに盛り上がりました。 連携プレー作戦です。 うふふ

でもねぇ~down せっかく素敵な看板に誘われて ドアを開けたお客様が

「なんだぁweep おばさんの店かぁ。 ガッカリ……down」 となりかねません。

 この 図々しいチーフでも 流石にそこまでは出来ないわ。

でも……熟女好きなお客様もいらっしゃるかもsign02

相変わらず妄想好きな私。 雨やどりの閉店で悲しんでるファンの方がいらっしゃると言うのに…不謹慎なチーフでしたcoldsweats01

« GWは、どちらへ お出かけ? | トップページ | 雨やどりのお買い物 その① »

長崎情報」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。スーです。
そういうことだったんですね。
それで、この前「次のお店は街の中で~」なんて言ってみえたんですね。納得。
良い場所じゃないですか。期待してますよ!
な~んて煽ってもいけないので、チーフからのお知らせがあるまで楽しみにしています。

いえいえ、スーちゃん違います。

 妄想好きの私。
そんなお店を開いたら さぞかし楽しいだろうなぁheart04
って、勝手に想像してるだけなんですよ。
 残念だけど……99.9% ないでしょうthink

 でも…この看板を自宅のリビングにライト代わりに飾るには ちょっと変だし…。 やっぱり、次の嫁ぎ先に悩みます。 

こんにちは。

チーフ、ナイスアイディアですよ〜。

「長崎思案橋 雨やどり」
南山手雨やどりに負けない位、いい響きです。

お買い物してお食事して。
半日ツアーができそう。

私も妄想してます(笑)

え~sign02それいいsign01nice ideascissors
と思ったら、99.9%ないんですか・・・down
上がったり下がったり・・・チーフと同じく私も妄想いっぱいsweat01
でも、本当に実現したらいいな~、と思います。
チーフの人柄にひかれて、きっとたくさんの人が集まってくると思いますよ。
お店じゃなくてもなんか「サロン」みたいな??
「E子の部屋」みたいなのはどうですか??なんか楽しそう~shine
(さらに勝手に妄想させていただきましたbleah

皆さん、妄想好きねぇ~happy01
“長崎セレナーデ” をずっとご覧下さった方々に とうとうチーフの妄想癖が 移ったのではないかしら?
ちょっと、責任を感じる今日この頃ですcoldsweats01


みきのっぽさん、ナイスアイデァでしょう?

 私って、根っからの“接客業”が好きかも知れない…。
お店を閉めたら しばらくは会社におとなしく居るけれど…ちゃんと真面目に出来るかなsign02
心配ですsweat01


まめはるさん、こんにちは。

 確かに上がったり下がったり……と、ジェットコースターみたいで 
「チーフのブログに真面目に付き合ったら たまったもんじゃないわannoy
でしょう? でも…妄想するって本当に楽しいわ。
この年齢で 今更 “夢見る夢子”ではないけれど…基本は永遠の“夢子ちゃん”です。 うふふbleah

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« GWは、どちらへ お出かけ? | トップページ | 雨やどりのお買い物 その① »