2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

ダスキンレディーが、届けてくれました。

003 毎月一回、お店にダスキンさんがいらっしゃいます。

今日は、初めてこんな新聞を持参されました。

ありがとう新聞

50周年記念特別号

006 さださんが、ダスキンのCMをはじめて もう25年の歳月が経ってるそうです。

横に立ってる爽やかな青年は 俳優の 大野拓朗さん。

大野 「僕が生まれた年です。 凄いです。」

    と、対談は続いてます。

お二人の詳しい対談はコチラへ ⇒  http://www.duskin.jp/50th/index.html

最近のチャトラン

001 ここ数日の内に ネコ好き お二人の方から

「最近は、チャトランちゃんは元気なの?」 と、聞かれました。

奇しくもこの 二人……最近愛猫をなくされたばかりですcrying

「えぇ、とっても元気よ。 とても、ご年配には思えない身軽さだし…」 と、私。

 桜の季節も終わろうとしていますが、まだまだ 花冷えの今日この頃。

ふと、チャトランを見ると こんな感じ。 床暖房に あらゆる箇所をくっつけています。

「見て、見て。 二等辺三角形になってるから……。」 と娘。

思わず、カメラで激写。 003

あまりにも私達から笑われて ちょっとご不満sign02

急いで、椅子とテーブルの下に移動しました。

相変わらず、笑顔が不足気味の 我が家の長男です。

 でも…病気もせずに すくすくと育ってますhappy01

チャトランの友達も近所に居ます。 名前は…モンタ。

ここら辺りのボスです。 新鮮な刺身と、ささみしか食べないそうです。

001 今日は中国領事館の溝にいました。

002 結構、安全で居心地が良さそう……good

「かすていら」 撮影スタート。

011 先ず始めに こうしてテレビから画像を撮って ブログ等に掲載する事は “著作権” 等で禁止されてる事は 良~く 存じ上げています。

が……しかし……この “長崎セレナーデ” だけは、お許し願いたい私。

NHK関係各社の皆様、 ほんの少しだけ目を閉じてて下さいね。 

“かすていら” のドラマを 心待ちしてるファンが たくさんいらっしゃるのですから…。

コマーシャルにもなるでしょうsign02

010 先日、NHK長崎放送の夕方の番組で紹介されました。 こうして 富山のコンサート後に インタビューがありました。

001 「誰が聞いても すぐに “長崎” って分かるタイトルはないですか?」

と聞かれ、即答でこのタイトルが浮かんだそうです。

「次は、 “ちゃんぽん” “皿うどん” もありますよbleah」 と。

002 これはもう、皆さんが良~く ご存知でしょう?

004 お父さん役は、遠藤憲一さん。 左にいる少年はどことなく

さださんに似てますね。 玲子ちゃん?も 素朴で超可愛いっheart04

012 “解夏” の舞台にもなった聖福寺。 父と息子のシーン。

013 で……皆さんが一番気になる ドラマのスタートは……。

是非、ご覧下さいね。

いつしかマスターも一緒に…。

016 まず、マスターが正しい切り方をレクチャーします。

「このナイフで、皮の部分を薄~く 削ぎ切りして……」 と。

020 慣れない手つきで 皆さんも挑戦。

本当の事を言うと……じつは私 “子羊” は苦手です。

ちょっと味にクセがありますし、臭いも独特で……down 

ましてや、こんなレアっぽいので  ほんの一口だけsweat01

023 いつしかマスターも すっかり仲間入り。

グイグイ進んでます。

 初めての参加でしたが、皆さんの熱気に驚きながらも

和気藹々で 楽しい時間が過ぎました。

 一緒に行ったT子さんは

「貴女とは、30年来の付き合いだけど お酒が飲めないから、とても残念。

でも、今夜はとても美味しくて 楽しい時間だったわ。 是非、また誘ってねheart04 」 と。

 その一言で ほっと安心しました。

次は、水辺の森レストランで 何かあるらしいわよsign02

また、一緒に行きましょうね。

美味しい料理がいっぱい

012

かわいいラベルのワイン。

ブイヤベースのスープは たくさんの魚介類が混ざって出来たものです。

パンを浸して最後の一滴まで 無駄なく頂きましたscissors010

この赤ワインは どんな味だったかしら?

思い出せませんsweat01

「大丈夫かしら? 私って…sign02

011 この串に差したカツは

「仙台牛のタンで作ったつくねです。 それを今日は衣を付けて揚げました」 と。

う~ん、濃厚。 ちょっと不思議な味。 

019 その間にも 色んなワインが私のグラスに注がれます。

相変わらず “1センチ” だけ。 

 今夜の メインディシュ パート2が出来上がりました。

014 子羊のローストです。 特製ソース添えです。

ワイン会に誘われて……。

024 長崎のアーケードから 少し路地に入った所にあります。

“ビストロ ボルドー”

「あぁ、トルコライスで有名なお店ですねsign02」 と、ご存知な方もいらっしゃるでしょう。

でも…ここのマスターに言わせると ちょっと、それは不本意らしいです。

「トルコライスで、すっかり有名になったけれど、他にも美味しい料理がたくさん 提供出来るのに……。」 と。

002 お酒には、少々弱い私です。

が……主人のテリトリーの中でのワイン会。 数回行ってるようですが私は 一度も参加した事はありませんでしたsweat01 しかし

「どうしても、メンバーが足りない。 T子さんを誘って一緒に参加しない?」 と。

「T子さんは、ともかくとして 飲めない私がいっても面白いかしら? ワインの味さえ分からないのに…down

「料理も美味しい物がたくさん出るし……」 とまだ誘ってる……。

その “料理” と言う文字に魅かれた私は、しぶしぶ参加。 003

 しかし、最初の この一皿目を見てすっかり 楽しめ始める事が出来ました (かなり 単細胞coldsweats01)

ブイヤベースです。 直径が40センチはあるでしょうか?

大鍋に食材が 溢れんばかりに盛られてます。

008 この料理には、このワインが合うらしく

006 爽やかなグリーンサラダには、このワインが合うそうです。

“ネコに小判” 状態の私には  皆さんが気を遣われて

「折角だから、ほんの少しだけでも飲んでみませんか? グラスに少しだけ…」

そんな訳で いつしか私の事を “1センチの女” と呼んでます。

そうsign01テイストを兼ねてほんの1センチだけ グラスについで下さるのです。

 結構 美味しいものですね。 白ワインは、フルーティで女性好みです。

007 からすみパスタ。

 市販の “からすみパスタ” のドレッシングをかけただけですって。 マスターのお知り合いが作ったとかで 本日はこの ソースを使った試作品です。 

「ドレッシング以外には、全く 何にも手を入れてません。 どうですかsign02

とマスター。 全員一致で 「奥があって なかなか美味なり」 との感想でした。

 上記の ずらりと並んだワイン。 まだまだ ほんの2本目ですsweat01

あっ、今夜のメンバーは10名。 このワインを10人で 飲むんですってeye 

チリンチリンアイス

005 とある会の、とある講演を聴く 機会がありました。

私はオブザーバーとして参加しました。

テーマは 「守破離」 ~石橋をたたかなくても渡ります~ (サブタイトル)

 長崎を愛して止まない皆さんは 当然の事ながら 長崎の “チリンチリンアイス” は、ご存知ですね。 しかも……一度は口にした事もあるでしょう。

そこの会社の 三代目社長のお話でした。

外尾冷菓という会社で 一代目も二代目も 外尾家が継ぎました。

なのに、今 全くの他人 (と、言っていいくらいに 超遠縁に当たる) 小坂氏が、 何故

この会社を受け継いだか……などの話しから、様々な苦労や、新たな挑戦や、類似品への戸惑い。 などなど アッと言う間の40分でした。

002 会場に、アイスも持って来られてました。

あの独特の リヤカーも会場の1階のエレベーター前に あったので、きっと このエレベータに乗り切れなかったのねsweat01

001 会場にいらした人達も

「何十年振りに食べる チリンチリンが懐かしかぁ~lovely」 と。

003  因みに、このアイスを 装って下さるこの女性は、“B班” の班長です。

三代目社長に寄ると

「一番 苦労したのは、初代社長の代から居る おばちゃん達です。 もう、80歳位の方がたくさんです。」

元々は、終戦後 戦争で夫を亡くした未亡人達の為に

「働ける何かを…」 初代がスタートさせました。

だから、三代目が何か 新しい提案などをしたら

「初代は、 そうは言わんやったdown」 とか

「私達は、もう60年も やってるけん」 とか。

 で…この 昔からいらっしゃる おばあちゃんグループを A班。

そして、比較的若い女性達を B班として 臨機応変に工夫してるそうです。

 しかしながら このA班の おばちゃん達が現役で 頑張ってるから 今の

“チリンチリンアイス” が、長崎の味として 根付いてる事も話していらっしゃいました。

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »