2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 長崎再発見 その③ | トップページ | 長崎再発見 その⑤ »

長崎再発見 その④

017 今回のガイドを務めて下さった田崎徹さんですが…。

この方は、外国人ガイドのお仕事をされています。 英語のパンフレットには、長崎の細やかな観光地情報が満載。 また 彼のガイドにとても感動された方々が エアーメールで感謝の言葉も届いています。

 皓台寺の境内には、幼稚園も併設されて、歴史も長いです。

園長先生は、恐らく100歳を越えられていらっしゃるかも知れません。よく、ニュースで見ます。

「さぁ、次は長照寺です。 近道を通っていきましょう…」 と。

寺町界隈は、ご存知ですか?018

 私は、お寺は其々が独立してるとばかり思っていましたが……なんと、裏手のお墓でつながっていましたsign02

しかも そのお墓の一部は風頭山へ続いています。

上野彦馬、楠本イネ、高島秋帆や 長崎奉行時代の町年寄 後藤家の墓などがたくさんあり歴史を感じさせる場所です。

まるで、子供の頃ドキドキして、墓と墓の間を通り抜けたように ガイドの田崎氏が、スイスイと先を歩きます。

そして…あっと言う間に 長照寺へ到着。 日蓮宗のお寺ですが、神仏融合でお寺なのに 神社の鳥居があります。

そんな事を外国のお客様に説明するととても 不思議がられるそうです。

 宗教戦争の歴史は、外国ではたくさんありましたから…。

020 延命寺は、真言宗のお寺です。

赤い前掛けのお地蔵さんの話をすると、その幼い命を亡くした霊に涙する外国人もいらっしゃるそうです。

春になると この木が桜で満開になるでしょう。

« 長崎再発見 その③ | トップページ | 長崎再発見 その⑤ »

長崎情報」カテゴリの記事

コメント

風頭公園から地図を頼りに下へ降りれると思って階段を下り進んでいきましたが、どこまで行ってもお墓ばかりでとても不安になったのを思い出しましたsweat01来た道を戻るにはあまりにも斜面がきつくて、とにかく降りよう、と行きついた先が「崇福寺」でした。ようやく出口を探してやれやれ・・と思ったそこには「拝観料」と書かれてあったのでびっくりしましたsign03疲れ果ててちょっと一休み~と思ってたまたま入ったお店が「自由飛行館」で、そこで「雨宿り」のことをおしえていただいたので、なんかご縁を感じる、今日のブログでした(笑)

まめはるさん、こんにちは。

 何だか、風頭山soon崇福寺soon自由飛行館soon雨やどり……の流れがスムーズで 確かにご縁を感じます。
 
 寺町のそれぞれのお墓は 確かに風頭山に続きます。
我が家のお墓は、八坂神社にありますが 時折 お墓の先へフツーに歩き進む人たちがいらっしゃいます。
 きっと、その先にご自宅があって、そして風頭山へ続くのねhappy01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 長崎再発見 その③ | トップページ | 長崎再発見 その⑤ »