2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 長崎ぶらぶら ガラス絵展 | トップページ | 今日も “一龍” さんへ。 »

“ちゃんぽん” を食べたくなったら……

027 ここ “一龍” さんをオススメします。

石橋電停近くの 斜行エレベーターの登り口にあります。

私の記憶では、以前 “秘密のケンミンSHOW” で、

「長崎の皿うどんは、大皿盛で 翌日の皿うどんが美味しくて、尚且つ リポビタンDのビンにソースが入ってる。」

と言う内容で紹介されました。 覚えていらっしゃいますか?

 その時に、皿うどんのお届け先のおうちには さだまさしさんのサインが飾ってありました。 “一龍さんへ” という、サインが…。 ブログで話題になりましたが…何時だったのか忘れましたsweat01

 023 それは さておき 私は迷わずこの 一龍セットを注文。

7割とは ちょっと通常サイズより少なめ。 そのかわりに角煮まんじゅうと 手作りプリンがセットで ¥900 なかなかお得感があります。

018 コレです。 餃子は8個で ¥400 これまた安いっsign03

021 角煮まんじゅうも ちゃんとセイロ蒸しされてますし

022 この手作りプリンは テレビでも紹介されたくらいに美味しい ママさん自慢の一品です。

そして、主人は020

ホイコーロー定食を注文しました。

ご飯は大盛り。小鉢とお味噌汁も付いてます。

多分……¥700 だったと思います。

 こんな、町中にあって地元の方々に愛されてる中華料理屋さんも なかなかオススメです。

次回は是非、足を運んでくださいね。

028 石橋電停で降りて…

029 お肉屋さんと、果物屋さんの通りを入った場所です。

« 長崎ぶらぶら ガラス絵展 | トップページ | 今日も “一龍” さんへ。 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

そういえば・・・ちゃんぽんはいつも「○○○ラーメン」で「爆弾ちゃんぽん」しか食べたことないかもですsweat01
プリン好きの私としては、角煮まんもついてこのお値段なら次回は絶対にこちらのお店に行ってみようと思いますsign03

こんにちは、年末から年始にかけて文化的、ファッション的な話題がつづき、コメントが出遅れ気味の2013年かつのりですdown
 さっそくですが“一龍”さんに行ったことがありますuphappy01
先ほどデジカメデータで確認したところ2010年10月3日(日)の昼食でした、分かりやすく説明しますと「あの生さだ・熊本放送局から」の日の翌日です。
なぜならデジカメデータの“一龍”さんの前のコマが熊本放送局玄関だったからです。(あの日の生さだオープニングは熊本城のライトアップのおかげで放送局の屋上からでしたdown

“一龍”さんへは夜の呑み活動にて知り合った「長崎海洋気象台」の職員の方に教わって皿うどんを食べに行きました。
さすが、おすすめのお店と言うこともあり、とってもおいしく頂きましたeye

それでは皆様本年も宜しくお願いいたします。

追伸・・・本日「さだまつり追加公演・名古屋」に行ってまいりましたupwardrightなんと、さださんの投げたタオルをキャッチしました・・・パチパチsign03今年の運を全部使い果たしましたcoldsweats01

まめはるさん、こんにちは。

 まぁ、勿体ないsign03
 長崎のちゃんぽんが、○○○ラーメンの“爆弾ちゃんぽん”しか知らないなんて……。
 美味しいちゃんぽんが たくさんあります。
一龍さんみたいに、長崎のジモッチーが通うお店がオススメですね。 プリンは、格別の美味しさでした。


かつのりさん、こんにちは。

 お久しぶりね。 そうですかぁか~。
流石のかつのりさんも 話題に入れない事があるなんて…。
ちょうど、大縄跳びで なかなか輪に入れない雰囲気かしら?
 それにしても、“夜の部活動”は、素晴らしい情報源ですね。
海洋気象台は、一龍さんのすぐ近くだから、キットご贔屓にしてるのでしょう。
私は、まだ皿うどんをこちらでは食べた事がないので、次回は必ずscissors (因みに私は、ちゃんぽんより、皿うどん派ですhappy01)

 さだまつりで、タオルをゲットですってsign02
お席もキット前列でしょう? タオルは…さださんの“汗付き”でしょうか?
 小さなことが気になるチーフです。
 でも…これで今年の運は全て使い切ったって感じでしょうかsign02

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 長崎ぶらぶら ガラス絵展 | トップページ | 今日も “一龍” さんへ。 »