2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

長崎港 タグボート展

 今週から、ナガサキピースミュージアムでは 上記の展示が始まりました。

022 ご存知のように、長崎の港には 年間約70隻を越える大型クルーズ船が入港します。

夕方になると汽笛を鳴らしながら ゆっくりとゆっくりと松ヶ枝岸壁を離岸します。

004 船全体に灯りがともり バルコニーには長崎に別れを告げる乗客でいっぱいです。 そして……よくよく見ると船の両側に小さなタグボートが。

このタグボートの役割はとても大きいです。

長崎港内で方向転換をするときは 対岸の方まで客船が届きそうです。

そして、進行方向に無事整うと 女神大橋をぬけて大海原へ進みます。 この大切なタグボートの指揮をされる人を パイロット (水先人) と言います。

 そう言えば……雨やどりの前を現役を離れた元パイロットさんがよく通られます。

御歳88歳。 かっぷくも良く、若い頃は さぞかしモテたでしょうねheart04と思われる雰囲気。

若い頃は、現役の船長さんで世界中の海を航海されたそうです。

彼は “南山手のマドンナ” と私の事を言います。

「何~ぃannoy 図々しいのも程がある。 責任者をだせsign01責任者を…sign03

と、言われそうですが……sweat01 

確かに船長さん (と、私達はそう呼びます) から見れば 還暦間近の私でも “マドンナ” に見えるのかしら? うふふhappy01

 でも…最近 奥様を亡くされました。 そのせいか 近頃は、あまりお姿を見ません。

今度 お店の前を通られたら 是非、この 【タグボート展】 を教えたいです。

きっと若い頃を思い出してご覧になるでしょうから。

015 その、噂のマドンナは……とある新年会で “白鳥の湖” を披露しました。 男性ばかりで演じる “モンテカルロバレー団” はご存知ですかsign02

それの “熟女版” かな? 大ウケでしたよcoldsweats01  この踊りを提案した会員さんは

「スマートな人より、むしろコロンと太った方が 面白いのよheart04」 と。

「あらっ、じゃあ私にピッタリかも?」 と、恥も捨てて頑張りましたscissors

コンサートツワー 2013 in 島原

024 今年も始まりました。 コンサートツワーが……

さだまつりも来週の 東京フォーラムでいよいよ千秋楽ですね。 

さださん、お疲れ様でしたheart04

 さて、長崎では去年の 牛の祭典 に続き またまた島原でコンサートが開催されます。

3月24日 日曜日。 お日柄も良いでしょsign02

チケット開始日が 1月12日でした。 最前列の方は前日の夜から並ばれたそうです。

本当に、頭が下がりますね。 でも…さぞかし寒かった事でしょうsweat01

本公演は、島原市自主文化事業のため特別価格 (通常 ¥8400) となっております

と、一筆書かれています。

「日曜日と言う事は……当然ながらお店は休みます。 しかも…もしかして またまた島原辺りの 温泉で一泊するぅsign02

と、こう言う事には積極的なチーフです。007

 さださん、すみませんsweat01  勿論 コンサートが一番の目的ですが……温泉で一泊する事も、結構 比重が大きいかもsign02  うふふ。

 写真は福岡からお見えのお客様たち。

偶然に 夏まだまだ長崎の 川田金太郎さん(左端) と

一回目からずっとスタッフをして下さるケントさん(右端)

 折角だから、記念写真を 「はい。ニッコリ」 と……。

022 「師匠 (金太郎さんは、さださんの事をこうよびます。) のチケットは直ぐに完売だけど……。

うっちー (金ちゃんは私をそうよびます。) 僕のコンサートチケットも宜しくねheart04

と。 勿論ですとも。 頑張って皆様に オススメします。

 金ちゃんのコンサートは、元気が出ますから。 皆様も一枚如何ですか? 

長崎市立図書館に……

こんな展示が ありました。

013 長崎市立図書館の 開館5周年のお祝いメッセージです。

長崎出身の方々から こんなにたくさん届きました。

長崎在住のファンや、ブログ、または東京のファンの間でも話題になったそうです。

(「そうです。」 とは、他人事のような言い方ですが いつも皆様がこうして教えて下さいますcoldsweats01)    さて、もちろん真っ先に探したのが……

019 さだまさしさんですheart04  そのお隣りが 玲子さんheart04

020_2 兄妹仲良く 並んで展示されてます。 (もっとも、あいうえお順では ありますが……sweat01)

012 漫画家の蛭子能収さんや、俳優の金子昇さん。

018 渡辺美樹氏。

わたみの社長さん。 私…長崎出身とは知りませんでした。

016 原田知世さんも。 他には、平原綾香さんや 三輪明弘さん、内田春菊さん(漫画家) などなど。

長崎って たくさんの著名人を輩出する街なんですね。 素敵っsign03

 因みにこの展示は、今月いっぱいとの事。 私は、受付の女性に言いました。

「是非、来月いっぱいまで展示して下さい。 何故なら (田上市長が塾長の) 長崎伝習所の講演会で 来月さだまさしさんが講演されます。 遠方からファンの方もたくさんいらっしゃいます。

 そんな方に是非、見て欲しくて…。 ねっsign02 館長さんにも 是非、お伝え下さいね。」

と。 力強く 食い下がったチーフですscissors   彼女は……

「わっ、分かりましたsweat01 伝えておきますぅ~。」

と、引き気味でしたが…。 実現して欲しいですね。 しかし…実は帰り道すがら

「そう言えば、さださんの講演会は2月18日の月曜日。 この日は、皆様方は朝早くから ブリックホールに並ぶかも? ……と、言う事は 翌日の火曜日にゆっくり図書館に出掛けるかも??  いえ、いえ それはダメですdown

 何故なら…図書館の休館日が……火曜日ですからcrying」 です。 

 さて、皆さんどうしますか? 021

 因みに 図書館内にあるおしゃれなレストラン。

池田屋さんです。 以前は、自由飛行館のすぐ近くにありましたね。

こちらでランチされるのもお勧めですrestaurant

 

カレーの匂いに誘われて……

たとえ、

「チーフって 食べ歩きとお出かけがが多いですねぇ~coldsweats01

って、言われても これらは私の楽しみの一つだから 譲る訳にはいきません think

 年末のある日、お墓参りへ行き お正月のお買い物をして……

「お腹が空いたわ。 何処かでお昼を食べましょう。」

と言うことになり あちこちを歩き回ったたら

何処からともなく 美味しそうなカレーの匂いが……sign03

646 正に、お店の前に来ていました。

初めてのお店。 お店の名前は……ランドール rundoll って、言うのかも知れません。

店内に入ってビックリ。 お客様でいっぱいです。 それに、外観とは違って

「いらっしゃいませ~sign03」 と、まるで居酒屋風な元気の良さ。645

「今日は、貸切なんです。 少し時間が掛かりますが 宜しかったらどうぞ。」 と。

多分、近くの病院の忘年会?(それにしても、白衣を着たまま? しかも昼間に?) と、疑問は残りながらも 席に着きました。

冬の新メニュー の “エンジェル ピラフ” にしました。

644_2 ドライカレーがエンジェル型になって、その真ん中にホワイトソースがとろ~り。 なんと、ホワイトソースは シーチキン味でした。

辛口コメントを言えば……シーチキン味は、よくありません。 素直な フツーのソース味が私は好きです。

643_2 もう一皿は、デミグラスソースがたっぷり掛かったチキンライスです。642 コンソメスープ付き。

ボリュームがあって、とろ~り玉子をかき分けながら頂きました。

 女性オーナーでしょうか? 私たちのお席へ来て

「今日は、ご迷惑をお掛けしましたね。 宜しかったら、サービスですのでコーヒーをどうぞ。」 と。

 ココよsign03 ココなのよsign03

そのお店が繁盛するのか、しないのか……こんな細やかな心配りが大事なんですね。

雨やどりチーフは、食事もしながら 尚且つ 経営者の心得までも学んだランチタイムでした……coldsweats01 

“串源” でランチ。

007 食べ物続きで 申し訳ないですsweat01

年が明けて 色々な方とお会いする機会がありまして……おのずとランチをご一緒する事に……。 前日に

「明日のランチは、何処がオススメかしらsign02

と家族会議を開きました。 すると……全員一致で006 こちらの名前が挙がりました。

 …、と言っても (家族会議のメンバーは) 長女と私の2名でしたがcoldsweats01

場所は、浜町の電車通り。 浜屋デパートの前あたり。

ここは、いつも人気です。 昼時だと待たされる事もあります。

 以前は、“串あげ” と “焼き鳥” のお店が別々でしたが数年前に 一店舗にまとめられたので 私達は便利です。

メニューにも どちらも食べる事が出来るから……。

001 今日は、“串揚げ定食” ¥800 です。

季節の串揚げが6本付きます。

ご飯、味噌汁、小鉢、サラダ、白玉ぜんざい。 最後にコーヒーも付きましたheart04

003 今後の参考の為にもメニューを写しました。

005 一番のオススメは、“とりそぼろ弁当” です。

そぼろご飯と、焼き鳥のセットです。 創業以来の人気メニュー。

と、コメントがあります。 私も大好きです。

004_2 色んなランチメニューがあるので、長崎滞在中に毎日通っても 飽きないと思います。

 以前は、串揚げの “アイスクリーム” がありました。

おまかせコースを注文すると ストップが掛かるまで、色んな種類の串揚げが 次々と出てきます。

「もう、そろそろお腹一杯になりましたので、最後に アイスクリームにして下さいねheart04」 と。

子供が小さい頃は、これが楽しみで通ったものです。

 今でも、あるのかしらsign02

今日も “一龍” さんへ。

グラバー園のキャンドルは ひとまずクローズします。

一月、二月は 閑散期で 尚且つ益々の寒さ。 電気も火も使えないので キャンドルのお部屋も アルバイトのお嬢さん方も可愛そうだから……sweat01

 そんな理由で今日は、諸々の道具の “引き上げ” に来ました。

お昼時になったので、社員と一緒に迷わず 一龍さんへ。

055 グラバー園の第二ゲートから、

054 斜行エレベーターを使えば、1・2・3歩で到着です。

同席した彼女に 「是非、一龍セットを食べてねsign03」 と、強く勧め 私は、 スーパイコ定食にしました。  こちらは ¥700 です。

今日は、こっそりとメニューを写真に収めました。

049 美味しそうでしょう? 因みに長崎の人は

“酢豚” の事を “スーパイコ” って、100パーセントの人が言います。 嘘だと思ったら 街角インタビューをしてねhappy01

024 定食物は すべて ¥700 です。

025 コレは、もしかして 今話題の チャポリタンの事かしら?

普通サイズの ちゃんぽんや皿うどんは ¥650 でした。

015 店内は こんな感じ。

女性一人でも きっと入れます。 大丈夫よscissors

 黄色のジャンパーを着た後姿の男性。

良~く見ると Kousibyou のスペルが……。

孔子廟の方も こうして、お昼にいらっしゃるのですね。

観光客ではなくて、地元の方が通うお店です。 美味しそうでしょsign02

“ちゃんぽん” を食べたくなったら……

027 ここ “一龍” さんをオススメします。

石橋電停近くの 斜行エレベーターの登り口にあります。

私の記憶では、以前 “秘密のケンミンSHOW” で、

「長崎の皿うどんは、大皿盛で 翌日の皿うどんが美味しくて、尚且つ リポビタンDのビンにソースが入ってる。」

と言う内容で紹介されました。 覚えていらっしゃいますか?

 その時に、皿うどんのお届け先のおうちには さだまさしさんのサインが飾ってありました。 “一龍さんへ” という、サインが…。 ブログで話題になりましたが…何時だったのか忘れましたsweat01

 023 それは さておき 私は迷わずこの 一龍セットを注文。

7割とは ちょっと通常サイズより少なめ。 そのかわりに角煮まんじゅうと 手作りプリンがセットで ¥900 なかなかお得感があります。

018 コレです。 餃子は8個で ¥400 これまた安いっsign03

021 角煮まんじゅうも ちゃんとセイロ蒸しされてますし

022 この手作りプリンは テレビでも紹介されたくらいに美味しい ママさん自慢の一品です。

そして、主人は020

ホイコーロー定食を注文しました。

ご飯は大盛り。小鉢とお味噌汁も付いてます。

多分……¥700 だったと思います。

 こんな、町中にあって地元の方々に愛されてる中華料理屋さんも なかなかオススメです。

次回は是非、足を運んでくださいね。

028 石橋電停で降りて…

029 お肉屋さんと、果物屋さんの通りを入った場所です。

長崎ぶらぶら ガラス絵展

今、ナガサキピースミュージアムでは、上記の作品展が開催中です。

私も始めて知りましたが ステンドグラスとまた 違うようです。

ガラスをキャンバスにして 特殊な絵の具で書くのかしら。

014 たくさんの方々の作品が展示されてましたし、コーナーでは こんな販売もされてました。 一枚 ¥1000 です。

012 遠方からのお客様もたくさんいらっしゃいます。

013 作者 中村氏。 作品の前でパチリ。

ガラス絵の体験教室もあります。 

1月13日(日) 1月20日(日) いずれも13時から15時まで。 参加費 ¥500

事前の申し込みが必要です。 ピースミュージアムまで。

 そして……ジャ~ンnote ミュージアムの制服が新しくデビューしました。

008 正面です。 

009 フロントの裾には、こんなに可愛いモニュメントが刺繍されています。 私が

「あらっ、折角なら胸元に刺繍がくるようにすると良かったのに……」

すると、Mさんは

「私もそう言ったのよ。でも…デザイナー氏が その位置はもう古い。 今はココだ……と。」

「へぇ~。そうなんだぁsweat01」 と私。

011 後ろ姿の切り替えもおしゃれです。

生地は、オーガニックコットンみたいな自然素材です。  Mさん曰く

「増川さんがね、“幼稚園児のスモックみたいhappy01” って、言ったのよannoy

うふふ。 増川さんったら……coldsweats01

なんて、可愛いの?

037 コレは何でしょうか?

横から見るとこんな感じ。038

そうsign03 くるみボタンです。

 奈良原一高氏の写真展を見終えた後に

美術館の売店あたりに落ちてました。

詳しくは……035 この売店横の階段の036 ココです。

 滑り止め? かデザインか わかりませんが この画鋲みたいな床に すっかり同化してました。

「あらっ。 こんなに可愛いボタンが落ちてるわ。 いったい誰のかしら? しかもこんなに特殊なデザインのボタン。 落とした人は今頃 必死に探してるに違いないわ。

それにしても……このボタンのお洋服っていったいどんな物かしら?

ワンピース? それともコート? 是非、このボタンがどんな風に付いてるのか知りたいわ…heart04

 皆さんにとっては、どうでも良いことでしょうが このくるみボタンに一目惚れした私は気になって仕方ありません。

売店あたりを ずっと歩き回りそんな “素敵な女性” を探しましたが該当者が居ません。

もしも このボタンに心当たりがある方は、私にご一報下さいね。

直ぐに お送りします。 

(そして、どんなお洋服だったかだけは 教えてねhappy01)

写真家 奈良原一高展

034 続いては、長崎県美術館の写真展へ行きました。

(本当は、こちらが先でしたsweat01)

奈良原一高氏は、日本はもとより海外でも高く評価されてる写真家との事。

 展示は5部構成になっており 第1部が “人間の土地”

緑なき島…というタイトルで 軍艦島の写真が。

以前にも話しましたが この島が閉山される間近に私は上陸した経験があります。

もう40年余りの昔なのに 鮮明に覚えています。 写真を見ながら 思い出は益々鮮明に蘇りました。

 モノクロ写真とは、なんて奥が深いのでしょうかsign02

地下900メートル近くを 掘削して地上に上がってきた “炭鉱の男たち” の顔はすごみさえ感じます。

そして……その後のたばこを一服した顔。

大浴場に入る男達の後姿。 どれもこれも モノクロゆえの重みがあります。

 次は、北海道のトラピスト教会の写真。 男子のみが暮らす、戒律の厳しい修道院の 日常の様子。

そして、和歌山にある女子だけの刑務所。

題材はとても重くて ここまで見ると もう私の頭も心もどっしりと重くて “お腹一杯” 状態でした。

 しかし 時間をかけてじっくりと見る価値のある写真展でした。

長崎県美術館のHPです。 http://www.nagasaki-museum.jp/

長崎のお正月

056 新年最初の話題は、格調高く “長崎歴史文化博物館” の話題です。

 今、開催されてる企画展が エキゾチック・ジャパンへの旅 です。

最近 運動不足気味の私は 「出来るだけ歩く事を心掛けよう」 と、新年の誓いをたてました。 その第一弾がコレです。

「いったい どんな関係があるのかしらsign02」 と思ったでしょ。

 お正月明けのこの日は、 長崎県美術館と博物館のはしごをしました。 しかも全て徒歩で……帰宅して万歩計を見ると……10500を指してました。 上等ですscissors

 唯一、世界への窓口であった長崎。 

そんな時代の長崎の 貴重な資料や美術品、書物、工芸品などの展示がありました。

時代は変わり、文明開化の横浜や東京の その頃の話題なども盛りだくさん。

楽しかったです。042

お白砂では、お芝居が開催中。039

観客を交えての 楽しいお芝居です。043 内容は、月単位で変わるので 何回でも足を運んでご覧下さいね。

 常設展もかなり変化していました。

大スクリーンには、物語風に長崎の歴史あれこれが映し出され退屈しません。

045 これは、長崎に伝わる伝統的な “お正月料理” です。

床の間には、正月飾り。 家族の各自には、一の重から参の重までお膳が整っています。

047 我が家でも お正月はこの料理を頂きました。

このような お膳仕立てではありませんが……。

 次回、来崎の際は 是非、こちらもいらして下さいね。

謹賀新年

648 2013年が明けました。

いつも “長崎セレナーデ” をご覧下さる皆様、有難うございます。

今年も、長崎の話題をたくさん お伝えしたいと思います。 

大きな話題、小さな話題、豆粒サイズの話題 などなど、私から見た 長崎を……sign03

 写真は、雨やどりの3軒先の 石ころ館さんの 松飾りです。

余りにも立派だったので 写させて頂きました。 相変わらず 新年早々

“人のふんどしを借りて相撲をとる” チーフですsweat01 

 お年賀状もたくさん頂きました。 本当に有り難く思います。 

「チーフのブログを いつも見ています。 楽しみです。」

などと嬉しいコメントもありました。650

 お正月の雨やどり界隈の風景です。

「あっ、賑わってるじゃないですか。 良かったわ、 雨やどりも商売繁盛で……heart04

で思っって下さった心優しいあなた様。 良~く ご覧下さい。

「賑わってるのは、お隣り近所です…coldsweats01

……と、今年もこんな調子のチーフですが、宜しくお願い致します。

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »