2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

遂に…3本。

お久しぶりです。

長い事 ご無沙汰していました。 その間、福岡サンパレスにて “さだまつり” の物販販売に初参加させて頂いたり

クリスマスの準備等でちょっと忙しかったチーフですconfident

037 今日は、お天気も良いし 久しぶりピースミュージアムへ出掛けました。

今、 メキシコから届いた子ども達の絵 が開催中でした。

 長崎・西坂の丘に建つ 日本26聖人記念館が開館して今年で50年。

 26聖人の一人である 聖フィリッポの出身地がメキシコ。 日本とメキシコの交流などを紹介されています。  12月9日(日曜日) まで。

038 お隣のターミナルから 真正面に稲佐山が見えます。

いつ見ても 美しい長崎のイメージです。 そして…拡大すると……

「むむっsign02 えっsign02 もしかして……3本sign02

遂に、稲佐山の鉄塔が3本になりましたね。

「それが、どうした。 たかが 鉄塔ぐらいで……(話題にするなんて…think)」

「それは、そうですが……やはり さださんや、福山さんのファンにとっては……down

034 ほらっ、ほらっ、見てsign03

ピースグッズの 一筆箋も4本。

041 20周年記念の

“福山 夏の大創業祭” のDVDも4本。

 だから……

4本が3本。 3本が2本。 2本が1本。

そして……誰もいなくなったdown

って、ならない内に 長崎へいらっしゃいね。

「そんな、馬鹿なannoy まず、鉄塔が無くなる訳はありません。 長崎のシンボルですから……」

と、長崎市長さんはキット そう仰るでしょうねcoldsweats01 うふふ。

山小屋うどん

004 長崎市内から 大村湾の沿線を西海橋方面へ行く途中にこのお店があります。

子供が小さい頃は オランダ村やバイオパーク ハウステンボスへの行き帰りに よく立ち寄ったものです。

008 店内はこんな感じ。 ザ・素朴 って感じでしょう?

005 注文を待ってる間、 大鍋に入ってるおでんを選んで食べます。 今日は玉子と棒天。

「さぁ、食べましょheart04

と思った矢先に もう注文した ごぼう天うどんと いなり寿司セットがきました。

わぁ、美味しそう……とっくにお昼の時間を過ぎた私のお腹には……ちょうど良い量でした……scissors と、言いたいけれど いなりの1個分が多かったかなsign02

 皆さんの町にも こんな地域の皆さんに愛されてるうどん屋さんがあるでしょう。

今年もこの季節がやって来ました。

009 去年もそうだったように、今年も長崎市内のかまぼこ屋さんの 年末年始用の かまぼこの注文チラシが入ってました。

014 この様に 色んなギフトセットがあります。

長崎の有名な “島シリーズ” の名前が付けられています。

そして……やっぱり今年もありましたsign03

013 “詩島” 詰め合わせが…。

ねっsign02 不思議でしょう?

壱岐島 対馬島 五島 平戸島 伊王島……など、比較的 長崎ではメジャーな島ばかり。

なのに……何故 詩島があるかしら? と。

 コレは、去年から気になっていた事ですが 時期が過ぎるとすっかり記憶から遠くなりました。

 そして…今年、また この広告が。 私が推理するには…(妄想好きだからscissors)

① ここの社長さんが さだまさしさんが好きっheart04

② 全国のさださんファンに長崎の人が年末のご挨拶に使うのにピッタリだから。

③ 社長さんにとっては 「一度は行ってみたい憧れの島」 だから…。

④ 我が社の蒲鉾を一度 大好きな さださんに食べて欲しいから…。

 などなど、色々と私の推理が広がります。 実は こう見えても私 “ノミの心臓” なんですsweat01 今年もキット この会社に聞けずに過ぎていきそうです。

長崎県のお米を食べよう!

021_2 「フィンランドへ行きた~いlovely

と、 (歳も忘れて) 夢見る夢子さんみたいに……数分前まで言ってた私。

 なのに、美術館を出ると お隣りの 出島ワーフでは何だかたくさんの人々。

「何?何?」 好奇心旺盛の私は、迷わず 人だかりの中へ。

長崎のお米を食べようキャンペーン でした。

019 このどんぶり一杯 100円の白ご飯を買います。

テントには 雲仙、島原、壱岐、対馬 などから 味自慢の一品が販売されています。

だけど…気に入ったもの、食べたい物を こうしてご飯の上に ひとさじ乗せてくれます。

 隣りの 味噌汁は 一杯が200円。 健康味噌汁ですって。

この日の ランチは たったの 300円で済みました。 ちょっと嬉しい気分bleah

022 私が大好きな 大村・鈴田峠の 鶏ピーご飯も販売されていました。 もちろんゲットscissors

024 一夜干しの魚は 3枚で500円。

「えっ? 本当ですか? では……つぼ鯛を3枚。」 と言うと

「申し訳ありません。 つぼ鯛は お一人様2枚までです。 でないと原価割れしますsweat01

と、お店の方。

そうでしょう、そうでしょう。 だって つぼ鯛が1枚500円でも お安いのに…sweat01

(その辺りは…主婦の目がキラリッeye)

確かに、ランチは300円で済んだけれど……あれこれと 美味しいものを買ってしまいました。 こんな時って 1000円札がドンドン飛んでいきますねsweat01

「今、一番行きたい国は……?」と聞かれtら

031 「フィンランドheart04」 と答えるでしょう。

今、長崎県美術館では 「ムーミンの国 フィンランド展」 が開催中です。

025 誘われるままに出掛けたので 期待はせずに……sweat01 

中央には 可愛いおとぎの国のような家がありました。

028 撮影OKでしたので、家の中に入ると それはまるで夢の世界に迷い込んだようでした。

ムーミン家族も居ました。029

 ふと…家の中から ガラス越に外を見ると…

まぁ、なんて可愛い子供達。 パパも一緒に 一枚の絵画を見てるようです。

この家族に 写真を焼いて差し上げたい気持ち……heart04

(どなたか、ご存知でしたら 是非、一報を…confident)

 会場に入ると、フィンランドの 生活や風景。 一年の過ごし方。 日本より ほんの少しだけ面積が小さい国。 (コレは意外でしょう? )

 人口は わずか 540万人。 まだ、歴史が浅い国です。

おしゃれなデザインの家具や、ステーショナリー、ファッションも紹介されてました。

 首都のヘルシンキには 歴史ある建造物が今でも 大切に保存されています。

 重厚な町並み。 国土の80㌫が森林というフィンランド。そんな国を訪ねてみたい……。

外国船は……

038 掲示板に “まめはるさん” から

「外国船が入港すると、(何故) 雨やどりがお休みなんですか?」

という質問がありました。 答えは……コレです。

039 兜や、雛人形。 陶器や刀 (勿論、本物ではありませんsweat01) などを売ってるお店。

040 KIMONO を売ってるお店。

この着物は 全て古着ですが 上等の絹の着物でも とてもリーズナブルで買えます。

外国のご婦人は 着物と帯を付けてもらい とても喜んでいます。

052 松ヶ枝ターミナルの近くの中学生が ダイアモンド プリンセスのお客様に 日本の遊びをレクチャーします。

050 写真中央のおじ様は、けん玉に夢中です。 手前の中学生がカタコトの英語でコミュニケーションをとってます。

034 雨やどりのブースは、こんな物や…

035_2 あんな物を販売してます。 とにかく会話が楽しいheart04

「えっ? 失礼ですが……チーフ、英語がしゃべれるのですかsign02

「いいえ…sweat01  でも 笑顔と真心は 全世界共通です。 ちゃんと、私の “魅力” も伝わりますし…happy01 うふふ。」 ⇒どこまでも、自分大好き人間coldsweats01

044 ピースミュージアムのテラスでもスタッフさんが、頑張って販売されてました。

全国のファンの皆様。 こうして、ご自宅に眠ってる品々が 

また新たに デビュー出来るのです。 これからも、ご協力を宜しくお願い致します。

陶器や、着物がよく売れていましたよ。

055 この日の出港は 18時。

すっかり暗くなりました。 外国のお客様は “世界三大夜景” の一つ …… 長崎港を見ながら 美しい 女神大橋を通過し 次の寄港地。 上海へ向かいました…。

「客船の皆様~~ぁ。 長崎の街は 気に入って頂けたでしょうかsign02

と、去り行く船に向かって叫んだチーフであった……

千々石展望台と……

088 小浜、雲仙への行き帰りに 必ず立ち寄りたくなる場所。

そして……この “じゃがちゃん” を食べるのです。 私の中では 定番となってますhappy01

 天気もすっかり回復して、美しい千々石海水浴場の 海岸線もはっきり見えますね。

089 「このまま、まっすぐ長崎へ帰るのも…downdown

何処か寄り道したい心境ね。」 と、メンバー全員の意見が一致しました。

向かった先は 長崎ぺんぎん水族館 です。

093 こうして、触れ合う事も出来ます。

097 海岸を散策すると……何やら海面に黒い影がsign02

099 あらあら、こんなに可愛いペンギンがのびのびと泳いでいました。

102_2 館内には、ウミガメと出会い、103 ペンギンの餌やりに遭遇し、

104 かといって、一人? アウトローなペンギンも居て、なかなか個性的で面白かったです。

108 海岸で遊んでたペンギンがお帰りの時間です。

どんな、号令で一斉に集まるのでしょうか? ちょっと、見逃した事が残念ですsweat01

 ぺんぎん水族館が大好きなM子さん。

長崎へ、来る度に こちらへ寄るのも解るような気がしますscissors

白雲の池

子供の頃、雲仙へ出掛けたら 必ずセットで この白雲の池へも立ち寄りました。

「そう言えば、白雲の池って 随分行ってないなぁ。」

と、今回の旅の話をしたら 主人がそう言ってました。 確かに、最近はちょっと忘れられた名所のようです。081 こんなに、美しい場所なのに……。

スタッフの幸世さんも

「雲仙には、何回も来てるのに 全く知りませんでしたsweat01」 と。 勿体ないわネ。

071 夏には、キャンプ場として利用されます。

073 貸しボートも 今はそっと休養中かしら。

079 遊歩道は、枯葉が足元のクッションになってくれます。

086 鴨も幸せそう。 耳を澄ませば小鳥のさえずりも聞こえます。072

 ふと、遠くの山を仰げば……まぁ、ビックリ。

「たった今、私達が登ってきた妙見岳があんなに遠くに……」 

068 春夏秋冬に 楽しめる雲仙。 大好きな長崎の 別の側面もオススメですよheart04

仁田峠

065 霧に包まれた 仁田峠です。

確か、2~3年前から ここの通行料が無料になり ミヤマキリシマ (ツツジの仲間) が満開の時に 訪れた以来です。

045 頂上は もうすっかり色付いていました。

046 山ガールや、山おじさんもたくさん出会いました。

決して標高は高くないけれど 私も趣味に “山登り” を始めたくなりました。 雲仙あたりの山から挑戦しようかしらsign02

055 途中には、神社もあります。 霧氷の時期には 一帯はとても美しく見事な 霧氷を見ることが出来ます。

次女がまだ、1歳くらいの時 雲仙に宿泊した朝、

「今朝は、妙見岳では見事な霧氷が 見れますよ。」

と、お宿の方からお聞きして 家族で登った記憶があります。 私は、ママコート(その時代に流行った ねんねこ みたいな物) を着て次女を負ぶって登った記憶が……。

今、思えば……「そこまでして、登らなくても…」 って、言いたくなりますねcoldsweats01

052 駐車場は、霧でぼんやり。

050 ロープウェイで下車した展望台も霧でぼんやり。

063 でも、帰る頃には 霧も晴れて 山肌も見えました。

遠くには、普賢岳もうっすら見えますね。 山肌には、緑の植物も自生し始めました。

あの大火砕流から確実に、自然はたくましく変化しています。

コンサートは、大盛り上がりでした。

034 15時から始まったコンサートは、17時をかなりオーバーしました。

しかし、長崎から、又は福岡から バスツワーで参加された人々はガイドさんから

「とにかく帰りも渋滞が予想されます。 必ず、この場所に17時15分に集合の事。直ぐに出発します。 乗り遅れた人は 個人でお帰り下さい……confident

と言われ、ハラハラドキドキだった事でしょう。

アンコールも1回のみ。 皆さんも心得たもので 2回、3回のアンコールも控えていましたsweat01

 ところで……

「上記の写真、さださんのコンサートと何の関係があるのですかsign02

と、言いたいでしょ。 復興アリーナの会場横では 色んなイベントが開催されています。

JA島原のブースでは この可愛い “ひよこちゃん” と触れ合う事が出来ました。

013 会場では、“かさべこ君” がお出迎え。

思うに “かさぼこ” + “べこ (牛)” からきた名前でしょう。

036 さて…さださんは一路 “今夜は生さだ” の為、大分へ大急ぎで高速を走られた事でしょう。

なのに……私と言えば 暢気に 一路 雲仙へ向かいました。

「折角だから、秋の雲仙を楽しみましょう……」 の趣旨のもと。

そうとは知らず、翌日に雨やどりに来られたお客様…本当に、ホントに申し訳ございませんでしたcoldsweats01 掲示板で、お知らせしていたのですが…。

お宿では、和牛の祭典にふさわしいメニューも少々。

042 朝食も、和食をチョイス。 アジの開きを焼きながら頂くのはとても美味しかったです。

 さぁ、お腹もいっぱい、温泉にもたっぷり浸かった私達は 紅葉真っ盛りの “仁田峠” へ向かいました。

 

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »