2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 映画 “池島譚歌” いけしまたんか | トップページ | 長崎水引工芸展 »

試写会へ行ったら…

013 最近は、よく試写会へ行くことがあります。

先日は、高倉健さんの 「あなたへ」 でした。

長崎県平戸市を舞台に健さんが 淡々と、それでもって重厚な演技をされました。

 そして、今日は 「新しい靴を買わなくちゃ」 です。

中山美穂と向井理。 【パリを舞台に 魔法にかかったような3日間の、ときめきの物語】

です。 

「う~んdown そうかなぁ。 そんなに ときめく程の “恋?” 」

が、私の感想です。 やはり……アラサーや、アラフォー世代が共感するストーリーかも知れません。

 そして、少し早めに会場へ到着した私は 本屋さんへ。 そこで……

014 こんな本を発見。 長崎県内が主なエリア。

でも私、この本大好きっheart04 A4サイズで センスある写真がいっぱい。 内容も 私達が知らない角度で それぞれの町を取材しています。 一年に4回 発行されます。

¥1050

何気なく立ち読みしてたら…015

 こんなページがありました。

さだまさしさんの 最近の著書 “かすていら” について。

 長崎在住の生粋の長崎っ子の 樂右衛門さんと、

市内でフラダンスを経営しながら、フラを通して健康な体作りを追求する 恩地亜希子さんの対談式。

 ページをめくると…

016 017 お二人がこの本を読んでの感想が……。

こんな話し。 あんな話しが ありました。

細かい事は、読んでのお楽しみhappy01

 それより、何より……私、知りませんでした。

“かすていら” のカバーを外すと カステラのデザインになってる事を…。

018 ほらっ。 ちょうど、いい具合に 焼けてますね。 ザラメの部分が……うふっ。

あなたは、ご存知でしたかsign02

« 映画 “池島譚歌” いけしまたんか | トップページ | 長崎水引工芸展 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

最近この映画のプロモをよく観るので、観に行こう~heart02 と思っていましたが、そんな感じなんですね・・・。

チーフの素敵な心は、アラサー、アラフォーに負けず劣らず、ですgood
そのチーフの感想がそうだとすると・・・観た後、ちょっと期待はずれ・・的な映画、なのかなぁ・・sweat01


それにしても、本のカバーをはずすと「かすてら」になっているなんて、さすがさださんshine

まめはるさん、こんにちは。

 この映画関係の方が、私のブログを見たら(いえ、100%見る事はないでしょうが…coldsweats01)
「君のような、一個人としての マイナーな意見をブログに載せられると困るんです…sweat01
と、言われそうですね。

 その為にも あくまでも私の感想であって 全女性のそれではありません。
アラフィフのチーフの感想は あてにしてはいけまん。

 だけど…さすが、“靴” がキーワードだけあって 中山美穂の足がやたらクローズアップされるシーンが多かったです。
そして…スラリと伸びた足。 キュッと締まった足首。 無駄なぜい肉が無い足。
 それだけでも、一見の価値有り。⇒変てこな感想ね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画 “池島譚歌” いけしまたんか | トップページ | 長崎水引工芸展 »