2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 鯉が泳ぐ町 | トップページ | お誕生日 プロジェクト »

日本の偉人を輩出した町……萩

028 白壁が似合う町。

ここも、ウン十年前に 津和野とセットで来た町でした。

「あの頃って、何故か 萩・津和野が流行った時代だったよね」 とMさん。

「確かにそうね。 さださんの絵はがき坂みたいに anan nonno族って時代だったわ。」

何だか懐かしい。 でも…町並みの記憶はあまりありません。

それよりも 萩焼の窯元で 夏みかんの形をした香合を買った覚えがありました。

茶道仲間3人で、お茶の先生へのお土産に。037 今、思えば学生の私達が買えるくらいの 品物だったでしょう。

なのに…とても喜んで頂き 事ある毎に この香合を使って頂きました。

 折角なので、私も記念に……と、思いましたが 何処のお店を探しても香合はありませんsweat01  マグカップや、お茶碗、湯のみばかりです。

やはり時代の流れですね。 何だか寂しい……weep

 松下村塾や、伊藤博文邸。 有名な偉人宅が 直ぐ近所だったりして面白いわ。

萩って、凄い町なんですねheart04

 ボランティアガイドさんの説明をお聞きすると、萩は 川と川に挟まれたデルタ地帯。

砂地で何にも無い土地から 今の萩が誕生したそうです。

毛利家の何とか……sweat01 確かに、町全体は 飛び抜けて高い建物は無かったです。

 島原の武家屋敷に似た、静かな町でした。

   

« 鯉が泳ぐ町 | トップページ | お誕生日 プロジェクト »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 鯉が泳ぐ町 | トップページ | お誕生日 プロジェクト »