2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 夏まだまだ長崎から その① | トップページ | 玉造温泉に泊まりました。 »

夏まだまだ長崎から その②

047 今年も参加されました。 群馬から車で来たそうです。

ムンクさんは この会場ではすっかり人気者です。

夕日を眺める風景も とても平和な光景です。 

046 まだQは 今年も人気です。

難しい事は 言いません。 こんな美しい夕日と風を感じながら あなたの大切な人の事を思いながら コンサートに参加しませんか?

 長崎市民の一人として 私は恥ずかしく思いました。 何故なら…… 遠く

北海道・群馬・東京・鎌倉・名古屋・大阪・北九州・佐賀 から来て下さってます。

長崎市民が 夕涼みしながら お友達と一緒に参加して欲しいと心から思います。

055 ラストの “広島の空” の合唱。

いつもこの時は 胸がキュ~ンとなります。 

062 遠方から参加された 素晴らしい仲間達。

060 そして 今年もたくさんの課題をかかえて 頑張ってくれた

金ちゃんに 労をねぎらう仲間たち。

 一人でも多くの参加を 願います。

素晴らしい時間を共有しましょう。 来年こそは……sign03

064 裏方さんは、コンサートが終了しても黙々と片付け作業です。

069 金ちゃんの後姿。 納得です。

« 夏まだまだ長崎から その① | トップページ | 玉造温泉に泊まりました。 »

長崎情報」カテゴリの記事

コメント

内山さん、スタッフの皆さん
お疲れ様でした。
私は2005年と2006ファイナルだけは仕事の都合で会場には少ししかいれませんでしたがなんとか通算では運良く参加させていただきました。
二十年続いた夏長崎からが終わって一人だけでもヒロシマの空。を稲佐山でくちづさもうと思っていたら玲子さんや金太郎さんの夏まだ長崎として再開してくれました。来年もまたヒロシマの空。を歌いに参加したいと思います。

山口さん、こんばんわ。

 稲佐山では、お疲れ様。
 大きな体の人が、広々とした会場へ歩いて来てる所が、良~く見えていましたよ。

 私も、note広島の空 を歌うときは、様々な思いが交差して 胸がいっぱいになります。
恐らくこの思いは……永遠に続くと思います。
素晴らしい曲と詩を書いた さださんに敬意を表したい気持ちですconfident

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 夏まだまだ長崎から その① | トップページ | 玉造温泉に泊まりました。 »