2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

魅力いっぱいの “秋さるく”

019 秋さるくの冊子が届きました。 10月から12月のイベントがぎっしりと詰まってます。

 私は、今日一日中 この中身を読んでいました。

日にちと、参加費用と、内容を吟味しながら 想像の世界ですっかり “行った” 気持ちになりました。

020 たとえば……このスイーツさるくのコースです。

① 出島 阿蘭陀商館に集合して 出島内の貿易の様子を学びます。 かつては、砂糖だけで24億円の 取引がされていました。 凄いですねsign03

② 新地 福建へ

 ここは、中華菓子専門のお店。ここでは、よりよりや、ごまぱん、中華饅頭など 試食がいっぱい。

③ リトル エンジェルズ

 フランス人のマダムがお出迎え。 そして 不思議な味の飲み物を頂いたあとは まろやかな口解けの チーズケーキを召し上がれ。

④ 岩永梅寿軒

 中通にある老舗の和菓子屋さん。 もしほぐさと言う海草?で出来たお菓子や、口砂香を食べながら  ご主人のお話を聞きます。

⑤ 眼鏡橋  ジャ~ン、ここがゴールです。

 長崎のスイーツの歴史を交えながら 貴重な話しを聞き ゆかりのお菓子を食べる。

 なんとも、楽しくて甘い思い出になること、間違いなしです。 参加費 ¥1000

021 他には あの人とさるこう。 もあります。

長崎で、それぞれの分野で専門的な知識をお持ちの方と さるきます。

田上市長がガイドをされる日もあります。 どんな話が聞けるのでしょうか?

022  そうそう、鉄道好きなあなたには こんなピッタリな企画もあります。

“のり鉄・とり鉄大集合” ですよ。 1泊2日のスケジュールで 池島炭鉱の坑内散策もあります。 鉄道ファンでなくても 魅力ある企画です。

 とにかく、秋さるくは 今までにない内容でいっぱいです。 

もしも この秋に長崎旅行を計画してるあなた様。

018 是非、ご一報下さい。 こんなにたくさんパンフレットが届きました。 

一部 お送りしますので お声をかけて下さいね。 

喜んで お送りしたいと思います。

買わずには、おれないもの。

001 大鍋で 何を作っているのでしょうsign02

正確に言えば……茹でています。

004 しかも、約20分も……。

毎年 この季節になると八百屋の店先にあります。005

じゃ~んsign03 塩茹でピーナツです。

 生のピーナツ (ほとんどが島原産) が袋いっぱい入って¥600 前後。

量が分かるように 何故か近くにあった “さば缶” を置いてみましたsweat01

 大・大・大~~好きですheart04heart04

普通のピーナツと違って 塩味があっさりとして どれだけ食べても胃にもたれない 素晴らしい食べ物。 

先日も、最近OPENした お好み焼き屋さんの 突き出しで出されてました。

「あぁ、もう この季節が来たのね…scissors」 と、思った矢先に見つけた生ピーナツ。

もう、買わずには おれません。

007 小粒だけど、こうして殻をむいたら びっしりと身が詰まってます。 ピッと塩水が お口の中ではじけるのも好きです。

たくさん茹でて 小袋に小分けして冷凍します。

食べたい時に いつでも食べれるでしょsign02

 008 懐かしい “長崎の味” を長女にも送りました。

このピーナツを初め カステラ(定番です) 、ごまぱん、

よりより、かまぼこ、皿うどん、梨、金時芋 そして……ちらし寿司と、肉じゃが (直ぐに食べれるでしょ。送る日の朝から作りましたgood)

喜んでくれるでしょうか? それとも 里心が出て

「帰りた~いlovely

って、言うのでしょうか? それも…ひとつの “手” ですが…happy01

グリーンテラス 雲仙

017 夏、真っ盛りのある日。

避暑地の雲仙へ行きました。 私の友人のR子ちゃんが

「私のお客様で、今度 雲仙におしゃれなレストランをOPENしたのよ。 一度は行っておきたいから 一緒にお付き合いしてねheart04」 と。

こう言う お願い事には 1も2もなく 賛同する私です。

 012 以前は、雲仙と言えば 長崎からすると “避暑地” として有名な雲仙でした。

が……最近は、全くそうではありません。

下界と同じくらい 気温も高くなってます。 こんな所にも

地球温暖化が進んでいるのでしょうか?

 雲仙の温泉街の一角。 雲仙地獄の前にありました。

007 ローカル番組や、新聞の日曜版にも紹介されたせいか

この日は お客様でいっぱいでした。

 お席に案内され、“おすすめランチ ¥1260” を頂きました。

窓から見えるテラス席。 秋口や春先には このお席も素敵でしょう……が、今日は遠慮しますcoldsweats01 日差しが強すぎますsun

 009 スープから始まり、オードブル、メインディシュ (この日は お魚でした) デザート、コーヒー がセットになっています。010

 どれも、ボリュームがあり美味しかったのですが……やはり、厳しい私達は どれもこれも満点を点ける訳にはいきません。

それに、写真も何だか撮りにくいし…。 やっとデザートのムースと、コーヒーをパチリ。

「R子ちゃん、このコーヒーカップ、すごく持ち易いわ。 何て言うか……人間工学に基づいてるって言うか…」 と私。

コーヒーカップ一つ取っても、話題が尽きない私たちです。

(ソフトクリームはサービスでした。 でもねぇ、甘いムースの後のソフトはちょっと……down)

「お食事は 如何でございましたか?」

と、心配そうな店長。 R子ちゃんのお知り合いは ここのオーナーで、この日はいらっしゃいませんでした (ホッsweat01)

「はい。とても美味しく頂きました。 タルタルソースが特に美味しかったです。」 と私。

「有難うございます。各種ソースに於いては 全てこだわっていますので…」 と店長。

 帰りの車の中で、R子ちゃんは

「もう私、お客様の “美味しかったよheart04” の言葉は絶対に信じないわ。 E子さん、貴女も同じよ。 “チーフ、今日は楽しかったぁ。 また是非、来ますねscissors

の言葉を信じちゃダメよbleah」 と。

 私達は帰りの道中 いい年のおばさんなのに…… 

 “箸が転がっても可笑しい年頃” をとっくに過ぎてるのに……

 ただただお腹かかえて笑い転げました。

013 でも……本当は、オススメのレストランです。

敷地内には、足湯があります。 もちろん無料です。016

 すぐ近くには こうして源泉があります。

やはり、秋風が吹き 日差しが心地よい季節に訪れる事をオススメします。 足湯も 思う存分楽しんで下さい。

あっ、もしかして……さるすべり?

009_2 お盆前のある日 お墓参りへ行きました。

お墓は清水寺の山手にあります。 清水さんの境内を歩くと……こんな可憐な 真っ白い花が……何の花かしら?

すると…木を見て007_2 ジャ~ンsign03

つるつるの木の肌。 木登りが得意なお猿さんでも、つい滑ってしまいそうな “さるすべり” ですね。

006 映画 「解夏」 で重要な役割をした木でした。

夏の青空に映える 白い花。 毎年、夏になると興福寺の百日紅が思い出されます。

003 この花は何でしょう? ほていあおいの花です。

金魚鉢に入ってるお馴染みの浮き草。 それが こんなに美しくて上品な紫色の花を咲かせるなんて……驚きです。

001  思わずカメラで写してたら 住職の奥様がいらして

「綺麗でしょう? 本当は毎年咲くけれど 今まで奥の池に生えてたから誰も気付かなかったのよ。 こうして、株分けしてここに入れたら 見事に咲きましたheart04」 と。

“秘すれば花” 

と言いますが、人間 特に女性に於いては魅力的ですが 植物の花は やはり表に堂々と出てきて 美しい花を見せて欲しいと思います。

005 そうそう、こんな物まで 見つけましたscissors

その お仕事……私が喜んで!

001 夏まだ に協賛して下さった方々のお名前です。

毎年 お馴染みの方もいらっしゃいますし、初めての方もいらっしゃいます。

皆様 本当に有難うございます。 通信欄には

「長崎は遠いので なかなか行けません。 でも今年も8月6日は長崎に向かって歌います。」

「大切なあの人の笑顔を守る為、今年も振込みしました。」

「スタッフの皆さん、頑張って下さい。いつの日にか 必ず稲佐山へ行きますsign03」 etc.

 北海道や東北地方、関東、関西、四国、九州……とにかく全国から 嬉しいお便り。

005  ほらっ。 こんなにたくさんsign03

そして、この方々に パンフレットをお送りするのが私の仕事です。

 金ちゃんが先日、雨やどりにいらして

「うっちー、今年もよろしくネッheart04」 と。

金ちゃんは、申し訳なさそうに この名簿を下さるけれど 「と~んでもないnote

私は、毎年 楽しみなんですよ。 知ってる方の お名前があったら 何か一言書きたくなります。

003 「何んにも お手伝いが出来なくてごめんなさい。

良かったら、パンフレットを送る際に 使って下さいconfident」 と、切手を送って下さる方もいらっしゃいます。

 皆さん、もうしばらくお待ち下さいね。 お手元に届くまで……。

当日、お山で お会いした (私と会話した方々) は、キットこのパンフレットもGETされたと思うので 省略させて頂きます。

新商品をご紹介します。

104 雨やどりのオリジナル一筆箋です。

作者は、古澤かのこさん。 長崎生まれ。

彼女が見たあらゆる角度の長崎。 ユニークなデザインで商品化されてる作品も多い。

あの “にゃがさき 手ぬぐい” も彼女の作品です。

コンセプトは 105

雨の日の水たまりの上を軽やかに歩く情景をイメージしました。 マカロンのようなポップな色使いも可愛いheart04

 右の様式で 30枚入っています。

何か、品物を送る時や 思いを伝える時に ご利用頂ければ幸いです。  各¥400

102 もう一種類は、縦書きです。 もちろん こちらも 古澤かのこさん。

コンセプトは103

グラバー邸の石畳とガス燈にかかる雨をモチーフに

シンプルで上品なデザインに仕上げましたnote

 ちょっと、大人っぽい雰囲気です。 各¥400

余談ですが……最近の私は 縦書きが好きになりました。

TBS系の 長寿番組 “世界ふしぎ発見” で、黒柳徹子さんは 毎回 ボードに 縦書きで回答されていました。

「何故、皆さんみたいに横書きにしないのかしら?」

と、ずっと思っていましたが 今となっては縦書きが “しっくり” きますconfident

 少しずつ 大人になってゆくチーフです。 うふふheart04

 ご希望の方は、一冊からでもOKです。

定形の封筒に入るので送料は切手代金 (多分 ¥90かしら?) だけですよscissors 

玉造温泉に泊まりました。

070  「夏まだ」 のレポートはひとまず終了です。

で……忘れた頃に “島根の旅シリーズ” の続きを……。

調べると島根にも 良い温泉がたくさんありました。

迷った挙句 この玉造温泉に決めました。 出発前は ここを拠点に

松江城 宍道湖の夕日 小泉八雲ゆかりの地 境港……etc.

 魅力的な場所がたくさんありました。069

しかし、石見銀山で時間を取り 出雲神社で時間を取り

博物館で時間を取り……そんな訳で ほとんどの場所をパスcoldsweats01

「続きは次回に…」 の意味で割愛しましたsweat01

 玉造は、若い女性をターゲットにしてるようです。

076 スイーツのお店や、勾玉作りの教室。074 美しくなれる無農薬野菜のジュースなども 私達の心を刺激します。071

神話の国、出雲らしく川の沿道には こうして神話の話しのオブジェが飾られています。

あちこち “町おこし” に力が入っています。

077 今回 お世話になったお宿が “界 出雲” です。

私が、一度は泊まりたいと思ってる “星のや 軽井沢” や “星のや 京都” で有名な

“星野リゾート” の一つです。

 061 至る所に “神話の国 出雲” を意識した雰囲気。

059 各部屋には ヒノキ風呂があります。

色浴衣も お借りして夕暮れ時の 玉造温泉界隈を散策しました。

 思い出に残る、母娘3人旅でした。 

   界 出雲のHPです  http://kai-izumo.jp/

夏まだまだ長崎から その②

047 今年も参加されました。 群馬から車で来たそうです。

ムンクさんは この会場ではすっかり人気者です。

夕日を眺める風景も とても平和な光景です。 

046 まだQは 今年も人気です。

難しい事は 言いません。 こんな美しい夕日と風を感じながら あなたの大切な人の事を思いながら コンサートに参加しませんか?

 長崎市民の一人として 私は恥ずかしく思いました。 何故なら…… 遠く

北海道・群馬・東京・鎌倉・名古屋・大阪・北九州・佐賀 から来て下さってます。

長崎市民が 夕涼みしながら お友達と一緒に参加して欲しいと心から思います。

055 ラストの “広島の空” の合唱。

いつもこの時は 胸がキュ~ンとなります。 

062 遠方から参加された 素晴らしい仲間達。

060 そして 今年もたくさんの課題をかかえて 頑張ってくれた

金ちゃんに 労をねぎらう仲間たち。

 一人でも多くの参加を 願います。

素晴らしい時間を共有しましょう。 来年こそは……sign03

064 裏方さんは、コンサートが終了しても黙々と片付け作業です。

069 金ちゃんの後姿。 納得です。

夏まだまだ長崎から その①

出雲編は、まだ終わっていません。続きは後ほど。

 が……私達は 8月6日と9日を忘れてはいけません。 いつまでも胸に刻む大切な日だからです。

今年は 6回目を迎えます。 Tシャツの色も 6色揃いました。

003 可愛い ポップなピンクですheart04

032 そして、ピンク繋がりでこんなに可愛い 龍踊りの演技が 稲佐山の宙を舞いました。

 036 鶴鳴学園 長崎女子高等学校。

平成15年4月に龍踊りクラブが誕生。  

 史上初めて女性のみで行う唯一の団体です。

何度も出来る手の豆をつぶし、身体中アザだらけになりながらも 長崎の郷土芸能伝承に 取り組んでいます。

029  独特の“鳴り物”も 見事に継承されています。 他には

 佐賀大学ハワイアンミュージック研究会

 のこぎり演奏家の稲山訓央さん

 Hamayan &

 みほりょうすけさん

 佐田玲子さん (玲子さんは、何と 夏ながの20回 プラス この夏まだの6回。 もう、2    6回も参加されています。 頭が下がります。)

 川田金太郎さん 

 例年より 少ない出演者でしたが、とても熟練された内容のコンサートだと思いました。

 金ちゃんの師匠 さだまさしさんからもメッセージが届きました。

 ……俺は稲佐山には居ないけれど、俺の魂はいつも稲佐山に居る……

と。

出雲大社

“初 島根” の初心者の……私達 母娘にはやはり外せない場所でしょう。

080 この日はあいにくの雨模様。

しかしながら…それがまた、いい感じ。081

木々の緑と 濡れた参道。 うっすらと霧の中。

もしかして……神無月って……(日本中の神様が) ここ出雲大社に集合されるのでしょうか?

厳かな空気が漂っています。

 日本最古の書 古事記にも日本書紀にも もう既にこの地は登場してるそうです。

094 不思議な事に、若い人たちが多いです。

やはり… “縁結びの神様” としても有名だからでしょうかsign02

確かに 我が家の娘達も 何やら熱心にお参りしてましたから…

(貴女たち、お願い事に見合うくらい お賽銭を上げましたか? 100円なんて、失礼よ。)

 隣接する、島根県立 古代出雲 歴史博物館 にも行き、様々な歴史ある出土品も拝見致しました。 しかし……何が一番印象に残ってるかと言えば

091 じゃーんsign03 コレです。

090 凄いでしょsign02 おみくじです。

境内にある、けっこう立派な大木です。 

大木が こんな状態です。

長女は、すぐにフェイスブックに載せました。

あっという間に “いいね” が返ってきましたnote

いったい、何ヶ月経ったら これくらいになるのかしら?

まさに…… 「びっつらこいた」  私でしたhappy01

熊谷家住宅

026 この大森地区は 全長約800m。 徒歩で約20分。

その間 手作りパン屋さん、 銘菓“げたんは” や飴玉を製造販売するお店、食べ物屋さん、雑貨屋さん、銀細工 などなどたくさんのお店が軒を並べています。

どこも つい寄り道したくなるような店ばかりです。

 そして、その道中に この熊谷家があります。

寛政12年 (1800年) の大火で焼失した後 享和元年 (1801年) に再建。

幕末から明治にわたり 鉱山業、酒造業、幕府に関係する仕事など 最も有力な商家の一つでした。

 屋敷内は写真撮影可能でしたが、つい ご案内される方の説明に耳を傾けすぎて

シャッターチャンスを逃してしまいましたsweat01024

 土間から入り 時代劇に出てくるような勘定場があり、

客間、奥の間、仏間、居間。

とにかく広い。 調度品が素晴らしい。

右写真は台所。 たくさんの女性が働いていた事でしょう。

 そう言えば……

二階座敷へ上がった途端、何だか 「あっ、似てるっsign01」  と思った私。

すると……正に 数分後に同じく二階座敷に上がってきた男性客が…

「おぅ、この雰囲気はまるで “吉宗” の二階のごたる…」 と。

えっ、えっsign02 思わず我が耳を疑いました。 ここは、山陰地方。島根県でしょsign02

「なのに、何ゆえ “吉宗” が?」 娘達の静止も聞かず

「吉宗って、もしかして長崎のですか……?」 と思わず聞いた私。

「はいっ、そうです。 貴女たちは…長崎の人?」 とその殿方も…。

 それから私達二人が いかに盛り上がったかはご想像にお任せします。

その後、至る所の観光地で遭遇。 思わず、目でご挨拶しました…。 うふふ

 余談ですが 長崎の吉宗は 8月2日にリニューアルしました。

また、行く機会がありましたら、ご紹介したいと思います。

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »