2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ながさき人紀行 | トップページ | まだ、続きがあります。 »

こんな切り口の “長崎” はいかが?

001 最新のサライです。

表紙を飾るのは、世界的に活躍されてる デザイナー コシノジュンコさん。

そして…息子の順之さん (カッコ良過ぎheart04)

 記事にあった、コシノ3姉妹が過ごした岸和田散策も素敵でしたが…。

 さだまさしさんと行く 小説【かすていら】の舞台、長崎

に反応したのは、私ばかりではないでしょうsign03  皆さんも、キット…up

002 大波止橋の近くにたつレールと車輪の記念碑。

「子供の頃、この線路の枕木の上を走り抜けました。怖かったなぁ。」 とさださん。

私も、全く同感です。 おくんちのサーカスや出店へ行くとき、 この橋が断然に近道でした。

一刻も早く、おくんちへ行きたかった私達はこの橋を躊躇せずに渡り始めました。

そして、橋の半分も行かない内に 渡った事を後悔するのです。怖くて…。

今、思えば 映画 “スタンド バイ ミー” みたいです。

その思いは、毎年でした。 (学習能力のなかった幼少期ですsweat01)

009  学習能力は無かったけれど、この手のアイデァは ピンsign03ときます。 全く同じ場所で、全く同じポーズで 

「はい、ポーズscissors

モデルになる人を、あれこれ探しましたが……賛同して下さる方は居らずdown 図々しい私をお許し下さいcoldsweats01

004 次は、こちらです。 丸山にある 長崎検番 の前ですね。 はい、もちろん 行きましたよ。

003 こんな感じです。 すみませんsweat01 やっぱり、図々しくて。

この日の気温は 34度。

そして 気持ち良くカメラマンとして同行して下さったT子ちゃん。

心より感謝申し上げます。 なのに…ココでは何度 (写真を) 撮りなおした事か…。

 サライを片手に、「あ~じゃない、こう~じゃない。もう少し空を入れて。さださんの頭は提灯の下辺り…」 と、賑やかに楽しんでいました。

すると、先ほどから 何かとコチラを見てたおじさん。

「あんたたち、何んば しよっとね?」

「はい。実はこの写真の通りに撮りたくて…」

「あぁ、この前 ここで撮りよったよ~。」

「え~っ! じゃぁ見物人でいっぱいだったでしょ?」

「そんがんことは無か。 (しょっちゅう撮影があるから) もう、いちいち見らんさ。」

ですって。 

因みに、そのおじさんと私は、小学校が同じでした。 丸山は校区です。

 note 楠の若葉に風香り~  ………

    医学部ありし ゆかりの地

年齢は、多少違いましたが 校歌を一緒に歌って、プチ同窓会が出来ましたscissors

« ながさき人紀行 | トップページ | まだ、続きがあります。 »

長崎情報」カテゴリの記事

コメント

チーフsign01ご無沙汰しております。
私も…生きてますcoldsweats01でも毎日暑くて溶けそうですsun
さださんは次から次へと出版されるので大変sweat01
買えないので図書館で予約してます。
近々tvSONGSも放送でしょうかsign02楽しみです。
なかなか長崎には行けないけど…camera拝見して思いを馳せてます。
お会いしたいですshine

ゆいさん、お元気ですか?
 「暑すぎて、溶けそう?」
 私も、お店では毎日 腰あたりまで溶けていますhappy01

 京都も暑いでしょう?
 パワフルにコンサートなど、出かけていますか?
 SONGS…私も大いに楽しみです。 長崎からスタートした“さだまつり”の様子も録画されてます。

参考にしますとも、しますとも!!

やってみた~~~い!
チーフほど美しく決めることは出来ないけれど、今度は絶対にやってみたいです。
「サライ」他にも注目のページあったでしょ!
と宣伝してみました。

会報はNO1から持ってますので、他にもあるか探して見ようかしら・・・・

こういちままさん、こんにちは。
 こんな長崎も、面白いでしょsign02
 是非、やってみてね。
 それから…確かに“注目のページ”がありましたね。
 「こんな素晴らしい場所がふるさとなんだぁ。」
 と、思いながら直ぐにこういちままさんのお顔が浮かびました。

 それにしても…第1号から 会報をお持ちですってsign02
 さすが“ファンの中のファン”です。恐れ入りました……sweat01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ながさき人紀行 | トップページ | まだ、続きがあります。 »