2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« どれから 頂きましょうか? | トップページ | 女子会は “一力” で。 »

神子原米 (みこはらまい)

 皆さんは、去年 話題になった石川県羽咋市 (はくいし) の 神子原米をご存知でしょうか? ここの いち市役所職員が、2011年4月6日に ローマ法王に ここのお米を 食べて頂いたという 凄いニュースを……sign03

先ずは、こちらを → http://www.m-pro.tv/2011/08/post-210.html

015  それが、うわさの日本酒です。

014 木箱に入り、布でくるんでありました。720ml。

この話しにとても感動した主人が 年末にお取り寄せしました。 お値段は聞いていません。

いいえ、あえて聞きませんでしたcoldsweats02

 栞が入ってました。

蔵元は 金沢にある 中村酒造株式会社。

文政年間 (1818年~1829年) に創業。 約200年の歴史ある会社で 杜氏の経験の積み重ねで丹精こめて作られました。

アラン・デュカス氏は モナコ・パリ・ロンドン の3店のミシュラン3つ星レストランのシェフであり実業家。

緒方慎一郎氏は クリエイティブ・ディレクター。

優れた日本の伝統美を取り入れながら クオリティーの高いラベルやパッケージのデザインを 手がけています。

上記の三者が 一体となってこの日本酒が生まれました。 凄いでしょうsign02

011_2 説明書とおり 年末から冷やしてます。

新年は 屠蘇の儀も早々に済ませ、お雑煮も頂き……いよいよ 神子原米のお酒登場。

冷たくひやしたグラスに とくとくと…そそぎ入れました。

「……ゴックン。 ……ふ~ぅconfident

なんて、なんて 美味しいのでしょう。 始めの一口は 「お酒?」 と思うくらい喉にすうっと入ります。 もう、ふわっ~としたまろやかさ。

「あらっ、チーフ。お酒は飲めないのじゃ?」

「いえいえ、不思議な事にコレはお酒であって、お酒ではないような……」

そんな不思議な 幸せな感覚。 いや~、参りましたheart04

 新年、早々に幸せな味覚でした。 しかし、お酒が好きな主人とバーバ (92歳) は、何だか物足りない感じ。 ふんわり、優しすぎて……

 もしかして、残りは全部 私が頂けるかも……sign02

« どれから 頂きましょうか? | トップページ | 女子会は “一力” で。 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« どれから 頂きましょうか? | トップページ | 女子会は “一力” で。 »