2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 黄昏の……出島 | トップページ | 湯布院散策 その1 »

メニューにもストーリーが……。

011 今夜は、会社の新年会でした。

それにしても、去年の “宵々まつり” と言い “女子会” と言い、 宴会好きの会社ですsweat01

しかし長崎市内にも 居酒屋やレストランはたくさんありますが、あえて この出島にある

内外クラブを選びました。015 まず、温かいスープです。

さつまいもや、トマト、きのこ等 すべて長崎産にこだわっています。

しかも……とろみこそありませんが “ヒカド” という、ポルトガル料理に似ています。

016 オードブルは、ハトシや愛野産のじゃがいもを使ったカナッペや生ハム。 何より、このテーブルクロスが気に入りました。

美しい紫色の少し光沢があるクロスです。 我が家に欲しいくらいですcoldsweats01

しばらくすると、シェフが現れて019

「お料理の説明をします。 実はすべての料理に、ストーリーがありまして……、……。」 と。

右は、卓袱料理の定番 角煮です。

なんと、角煮をクレープで巻いてありました。 肉肉しないで あっさりとした角煮です。 さつまいもが添えてあるのも ちょっと驚きです。

020 長崎サラダ。  皆さん、ご存知の皿うどんの麺を軽く砕きその上に野菜をのせて、ごまドレッシングで頂きます。 

018 ワインの向こうにチラッと見えるのは、マリネです。

普通、マリネはサラダオイルと塩コショウですが……やはりココは こだわって

五島産の椿油と、柑橘系の果物… “ゆうこう” の果実を絞って使いました。 酢みたいに、ツンと来ず ふわっと喉に優しく頂けました。

右側の黒っぽい物は くじらの竜田揚げです。 小学校以来 何十年ぶりに食べました。

しょうが風味が効いて なかなか美味でしたscissors

021 柔らかい長崎産和牛のレモンステーキ。

022 シェフからのプレゼント……ミニ トルコライス。

もう、私の小さな胃袋は 喉まで来ていますsweat01 なのに…なのに……

024 やっぱり、デザートはベツバラでしたbleah

 こんなに、おしゃれな場所で お食事が頂けて幸せな時間でした。

「皆様、今年もよろしくお願いしますconfident

028 帰る頃には、すっかり日も落ちて、出島のシンボルツリー (帆船の帆) にも明かりが灯っていました。

« 黄昏の……出島 | トップページ | 湯布院散策 その1 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 黄昏の……出島 | トップページ | 湯布院散策 その1 »