2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

そういえば……

波佐見に とっても素敵な場所があると聞いてました。

その事をふと、思い出し 車を走らせました。

051 052 049 ほらっ、ほらっ。 素敵でしょsign02

031 どこも、かしこも素敵過ぎるっsign03

072_2

070 このソファに座って、のんびりとお昼寝も出来たし。

036 この空間でも、優雅なな午後を過ごしました……shine

時折 スーっと入ってくる風が心地いいheart04

鬼木の棚田祭り

021 先ず、インパクトが強い、いえ強すぎる案山子をどうぞsign03

歯に衣着せぬコメントで、ただ今ブレイク中のマツコさん。 他にも…

027 028 あの人、この人。時の人。

024 ちょうど東京・浅草の羽子板市や、人形の久月が その年の話題の人を題材に作る あれに似てると思いました。

今年で12回目を迎えるそうです。

この鬼木地区は 日本の棚田百選にも選ばれました。

朝霧りや、夕焼け、また見事に実った稲穂が風に揺れる姿は まさに忘れかけた日本の風景だと思います。

019 020 何やら、皆さん一斉に葉っぱをちぎっています。

「何かしら?」 こんな人達が 約50メートルは続いています。

聞けば……枝豆をもぎっているそうです。  丸く作った縄 (直径約20cm) を500円で買い その輪の中に入るだけ枝豆の茎?を入れてGETするそうです。

つまり 「枝豆詰め放題」 って、事ですね。

こう見えても私……「詰め放題」系は、ちょっと苦手です。 おばさんだけど……恥ずかしいんですconfident

(本当ですか? 何だか真っ先に詰め始めてる様子が想像できますが……と、思ったあなた。 失礼ですannoy)

026 ふと、賑やかな祭りから離れると こんなに素敵な風景。

「私の故郷ですheart04

と、自慢できる人は幸せですね。

初秋の頃……

私は、波佐見へ行きました。

009 稲穂は黄金色に輝いています。

あぜ道には、彼岸花が真っ赤に咲いてます。 まさに “日本の秋” そのものの風景ですね。

010 コスモスだって、主張してます。

彼岸花は、どれが雌しべで、どれが雄しべなのか、分かりませんsweat01

さりとて それを知ったところで何て事は ありませんが…… (彼岸花さん、すみませんcoldsweats01)

012  016 満開とまではいきませんが、今か今かと 自分たちの出番を待ってるようです。

偶然にも今日は、ここ波佐見の鬼木地区の “棚田まつり” が開催されていました。

せっかくだからちょっと足を伸ばして行ってみようかしらsign02

011  それにしても見事な稲穂。

    実るほど こうべを垂れる 稲穂かな

私も、こうなりたいと切に思います。 

キラキラ光る……

006  朝夕、めっきり涼しくなりましたね。

そろそろ寝具の準備もしなくては……scissors

 今日の夕方、やけに窓の外が明るかったので ふと眺めたら山手に建ってる家々が

こんなに輝いています。 

「まぁ、キレイっheart04」 思わず、シャッターを押しました。007

旭大橋の方面も やっぱりキレイです。

これからの季節は、長崎の町をそぞろ歩くのにピッタリです。

暑くもなく、寒くもなく……食べ物も美味しいし。

002 雨やどりの入り口から お店の全体を写しました。 奥の奥の一点をご紹介したいが為に……smile

一歩前へ進んで……003  

今、人気の 軍艦島コーナーです。 ⇒004  またまた、ググッと前に進みました。

もう、そろそろ見えてきたでしょうsign02

005 はい、コレです。

「チーフ、このサインは先日のブログでも見ましたよ~annoy

と思ったあなた。  いえいえ、少しでも 「長崎らしく」 「さださんらしく」 を、紹介したら

長崎病のあなたが

「そうだ! 長崎へ行こう。」

と、なるでしょう? チーフの作戦なんです。うふふ

おめでたい日が続きます。

001_2  先日、姪の結婚式が福岡でありました。

小さい時から 活発で、明るくて、いつも元気印の Y子ちゃん。

「もう…そんな お年頃になったのねぇ~」

と、この日のおばは 心なしか、しんみりweep 

 バージンロードを歩く、父娘を見てると 数年後の我が家を想像してウルウル状態。

005  ジョージ チャキリスに似た (かなり、昔の俳優さんですみませんsweat01) 神父様が お式を進めていきます。

最近は お仲人さんもおらず お色直しは新婦のお母さんや、お姉さんが 介添えをします。

時代に合わせたやり方で 良いと思います。

018  素晴らしい晴天に恵まれ、 列席されたお客様に 祝福を受けて幸せいっぱいの二人です。

025 フラワーキャッチ。

さぁ、次に幸せになるお嬢さんは誰でしょうか?

 因みに、来月も同じ この式場で結婚式があります。

主人の甥です。 私が、結婚した頃は まだヨチヨチ歩きの赤ちゃんだったのに……weep

校歌の作者は……

004 長崎県琴海町にある 長崎県立明誠高等学校。

先日、ここの就職課の先生が うちの会社にお見えになりました。

高校生の就職斡旋です。 ここ数年、高卒の就職採用状態は厳しく、あの震災以来 全国的にも就職率が低いようです。

 この先生とは直接、お会いしてはいませんが 私の机の上にパンフレットと名刺がありました。

何気に学校案内を見ていると……001

こんなページを発見。

 数年前にこちらの創立記念日に さださんがいらして、講演会を開かれた事を 聞いたことがありました。

会社に一人 ここの卒業生がいます。

「はい。 僕が高一の時 来ました。 ( 「いらっしゃいました。」 ……と、言い直しなさい! …とは、言えずsweat01)」

この校歌、もちろん すんなり歌えるそうです。 羨ましい~lovely

あの “花畑牧場” の新商品?

017  グルメの友人から こんな物が送ってきました。

あの 生キャラメルで一躍 超有名になった 花畑牧場。

でも…実は最近 その存在さえ忘れていましたsweat01

 これは北海道限定 しみ込みリッチのかりんとうです。

「わぁ~、凄いわ。 こんな新商品が発売されていたんだぁ~happy01

ワクワクしながら封を開けました。 019

 こんな感じ。

はるばる北海道から 日本縦断……野を越え、山を越えて届けられたせいか、この暑さで少々溶けていました。

それだけ チョコレートの純度が高いのかも知れません。

ちょうど “小枝ちゃん” みたいな出来上がりです。

食べた瞬間

「あっsign01 チョコレートだぁ~。 うん? いやいや…やっぱり かりんとうの味がするわheart04

と、なかなか奥深いものでした。 そして私は 田中義剛社長に言いたい。

「今度こそ、 “北海道限定” にこだわって、ここへ行かなければ買えない物を大切にして欲しい……」 と。 

あの生キャラメルは ブームの終わり頃には 長崎空港でも、長崎のデパートにも販売されていました。 ちょっとガッカリです…weep  

020 一緒に入っていたのが……コレです。

先日のテレビ “ぴったんこ カンカン” で安住アナウンサーが このお店でレポートしてました。 北菓楼の “開拓おかき” ですって。

何だか、凄いネーミングだと 思いました。

お諏訪さんへ行ったら……

 どうしても、寄りたくなる場所があります。008

月見茶屋です。

いったいここは、何年の歴史があるのでしょうか?

私の子供の頃は、もう既に存在していましたから…。

店内は、昔懐かしな雰囲気で 長崎出身の 佐多稲子さん直筆の句もありました。

 「ねぇ、お昼前だし……軽く ぼた餅でも食べようかsign02

と、同行した友達と直ぐに意見が合いました。

しかし……待ってる間に 美味しそうなうどんの匂いがします。 しかも…

「これって、いりこで取った出しに違いないわ。」 と、料理上手な友。

「そうね。確かにいりこの匂い。 ねぇ、やっぱり うどんも食べたいわっnoodle

007 って事になり、難なく意見がするりと合いましたhappy01

(食べ終わって、写真の捕り忘れに気がつきました…sweat01)

013 この日は、さるくガイドさんもいらして、盛んに おくんち (中でも長坂の説明) の事を 参加者に話していらっしゃいました。

何だか おくんちへの思いと楽しみが 沸々と沸いてきました。

015 後ろ髪を引かれながら 長坂を後にしました。

参道には長崎らしい家々が並んでいます。 手入れが行き届いた格子戸。

いったい どんな方がお住まいなのでしょうsign02

いよいよです。

006 9月のある晴れた日曜日。 

「あっ、この場所…何だか見覚えがあるわheart04」 と、思ったあなた。 かなり……通です。

ここは、諏訪神社の長坂です。 10月にある おくんち の通し稽古がありました。

009 当日のお楽しみ と言う事で これらの出し物がどこの町なのかは まだ秘密です。

しかし…どこの町も、誰の顔も、真剣そのもの。

やっぱりカッコいいlovely

011  当日は、正絹の着物を着て 正装な井出達で 諏訪の神様の前で 奉納踊りを披露します。

010 長坂は まるで灼熱地獄です。

座布団も敷物も持参してなかったから 私は中腰で見学していました。

このTシャツ……面白いでしょう?

“しのごの言わずに 押せ曳け廻せ”  意味わかりますか?

“しのごの” は 訳すと “つべこべ” かな?

 間もなく 長崎っ子がワクワク ドキドキする おくんちが始まります。

伊王島大橋

018 長崎港の大波止から フェリーでわずか19分走ったところに伊王島があります。

この島もかつては 軍艦島のように炭鉱の町として栄えていました。

しかし今では、リゾートアイランドとして人気の島です。 私も大好きです。

 そして、今年の3月に橋が完成し 遂に陸続きとなりました。

長崎市内からだと、所要時間はほとんど変わりません (フェリーの待ち時間等を考慮すると……)

002 私は仕事で 時々この島へ行きます。

007  こんなに見事に晴れた日だったり、夕暮れ時だったり……。思わず車を止めて 橋の上からシャッターを押したくなります。

遠くに見える島の左から2番目は 軍艦島です。  残念ながらこの角度からは、その形は確認出来ませんが……何となく肉眼でも雰囲気が伺えます。

003 この橋を降りた先に オレンジ色の建物が見えますか?

そこが、今 長崎市内で一番元気があるホテル……やすらぎ伊王島 です。

  HPもご覧ください ⇒ http://www.ioujima.jp

中秋節

014  日本では、“中秋の名月” ともいいますが……

 日本の、長崎の、新地町では 今年もこんな催し物があります。

新地中華街で 9月8日~12日まで。

メイン会場は湊公園。  ちょうどランタンフェスティバルのようです。

017 中華街の 食事処は、各店舗で お得なメニューを推しています。

雑貨屋さんは、お楽しみ袋みたいな お得な品々を。

“親子料理教室”

“バーベキューコーナー”

“縁日コーナー”

チャイナドレスを着てたら 何やら特典もありそうです。

 

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »