2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 唐比の里 (からこのさと) | トップページ | 花壇が夏仕様になりました。 »

料亭 一力 (いちりき)

019  長崎の寺町通りは ご存知ですか?

さださんの 紫陽花の詩 にもありますね。

 note 思案橋から眼鏡橋

   今日は寺町 廻ってゆこうか

その、寺町通りに 一力はあります。

今日は、優雅にこちらでランチをしました。 017

 長崎らしいつぼ庭を見ながら 緋毛氈が引かれた細長い廊下を通り 大広間に案内されました。

018_3

011  メニューは “姫重しっぽく ” の一種類のみ。 \2500

 しっぽく料理のスタートのことば。 「お鰭 (おひれ) をどうぞ!」

から始まります。

椀のふたを開けると、美しいはまぐりの絵が描かれています。 そして、その奥の可愛い重箱を開くと…

012  こんな感じ。

正式なしっぽく料理の ミニ版。 簡略化されていますが……しっぽく料理に欠かす事の出来ない お料理が凝縮されています。

うす味で、上品な仕上がり。 それぞれが ほんのり暖かいのも何だかいい感じ。

 最近は、長崎の料亭……花月でも、橋本でも、青柳でも、富貴楼でも……気軽に利用出来るように お昼の食事も可能になりました。 しかも、リーズナブルなお値段です。

 少し、贅沢だけど 大好きな長崎の文化を知る一端として こんな時間は如何でしょう?

文化十年創業。 二百年の歴史があります。 廊下には何気なく 伊東深水画伯の日本画も飾られていました。016_2 100号サイズの大作です。

 

 一力のHPです ⇒  http://www.ichiriki.jp/

 

« 唐比の里 (からこのさと) | トップページ | 花壇が夏仕様になりました。 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

お重とお椀の美しいこと、この佇まいとそれだけでも値打ちのあるお昼でしたね。
一見さんの私などでも構わないのでしょうか?
今度長崎へ行ったときには是非伺いたいと思いました。
夕食には無理なようなので(お財布と相談)、夕食は江山楼でということで・・・・・

行きます、行きます、絶対行きま~~す!
卓袱料理、食べた事ないし、料亭は高いsweat01から絶対ムリ、と思っていましたが・・・こんな素敵なランチがお手頃価格でいただけるならぜひ行きたいです!

こんな、落ち着いた場所が似合う お年頃になりましたねhappy01
もう、何回も長崎へおいでの こういちままさんだから…こんな切り口の長崎もおススメです。
次回は、是非どうぞ。 お昼のお食事で充分ですよ!


 まめはるさん、落ち着いて!落ち着いて!
まめはるさんも もう長崎は何回目でしょうか?
“おとなの女”にふさわしい場所でしょうsign02 でもね、歴史ある長崎には 由緒ある料亭が数件 残っています。
確かに経営は厳しいようですが、皆、頑張って続けています。
 次回は、何処で頂こうかしら?
数ヶ月に1回の割合で、こんなランチをご紹介出来たらいいですねscissors

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 唐比の里 (からこのさと) | トップページ | 花壇が夏仕様になりました。 »