2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

八千代座

  お宿 (平山温泉) から、車で10分ほど走れば、八千代座があります。

  

  その前に、湯の蔵のHPです。

  この内容で、リーズナブルなお値段にも驚きです。 

  ただし…もしも会社で 上司の目を盗んでこっそり見てる方 要注意です。

  いきなり 水の音が流れてきますので……  http://www.yunokura.jp/

Photo_5  明治43年に、木村亀太郎氏の設計で 建てられました。

芝居小屋……と、言ってしまえばそれまでですが その内部は、

“和風建築の粋と、洋風建築の長所を取り入れた八千代座。

江戸時代から伝わる 芝居小屋のさまざまな 仕掛けをご覧ください” と。

 しかしながら、時代の流れには勝てず昭和40年代に閉鎖しました。

それからは、老朽化が進み 雨漏りもひどくなりました。

 その後、山鹿市が 修復し、現在に至りました。

 あいにく、この日は こんなイベントがあり1209_2 、内部の見学は出来ませんでしたsweat01

数年前に行った時に その立派で、繊細な しつらえに感動したのもでした。

舞台・天井広告画・桟敷席・花道・ぶどう棚・ そして……奈落。

 坂東玉三郎さんも 八千代座の復興に 尽力を注がれたお一人です。

Photo_6 今回、同行した友人は熊本市内から。 彼女は、よく八千代座のイベントに参加するそうです。

「初めて、玉三郎さんを見た時 何故か涙が出てきてた……自分でも、不思議sweat02

「へぇ~、そんなものなんだぁ。」 と、思った私。

1208 Photo_7 でも……こんなのや、あんなのやの舞台を 是非、一度は見たいと思いました。

もちろん、お泊りは……湯の蔵にしたいわsign03

 

ほたるも見れます。

Photo  小道をそぞろ歩くと、小さな小川があります。

すると……こんな、看板が。Photo_4

 私たちが行った時は、あいにくの大雨。

しかも、季節はずれの 台風2号が接近中。

おそらく 「今夜は (蛍観賞は…)無理ねweep

と言うことで あきらめも早く お部屋でガールズトークに花が咲きました。 (何ぃ~。どこが ガールズだっannoy ……と、思ったそこのあなた。 ごめんなさいbleah

 お夕食の時、こんな物を渡されました。

いったい、何でしょうsign02

1192  竹の皮で 出来た プチ田舎風の家です。 

1193  ふた…と、言うより屋根を開けると 中から おにぎりと、お漬物が入ってました。

「お夜食に どうぞheart04」 と、女将からの心づくしです。 何だか、こんな気配りが嬉しい。

 美味しい夕食をお腹いっぱい頂いた後の お夜食は少々つらいですが……

「気持ち」 を無にする訳にはいきません。

もちろん…皆様のご想像通り 頂きました。 あらっ、夜は長いんですよhappy01

平山温泉へ行きました。

1177 熊本県山鹿市の奥座敷……そこが、平山温泉郷です。

(たとえ、ナビがあっても…) 何度も道を間違えましたsweat01 

「目的地周辺に着きました。 音声案内を終了します…。」

 いやいや、その後が 分からないんです……って、私は “Miss ナビさん” に言いたいcoldsweats01

今日のお宿は “湯の蔵” です。

予約が取れないくらい 人気のお宿です。 でも…その人気の理由もわかる気がしました。

1184 門をくぐり、新緑の小道を歩き チェックインをします。

1182 右写真が、寿亭の受付。 食事処 “竹林” もあります。

お部屋は、すべて 離れ形式になってます。

1173 そして、各部屋には “マイ 露天風呂” もついてます。  湯質は、無色透明で ぬるっとしてます。

私好みの嬉野温泉の湯に 似てると思いました。 

 さぁ、お夕食まで 大露天風呂に入りましょspa

 部屋付きお風呂は、24時間 いつでも入れるでしょsign02

 

まだ、遊べます。

Cimg5379  湯上りには、やっぱり ソフトクリームでしょう?

これは、“塩アイス” です。 地元で採れる 天然にがり成分がたっぷり入った 塩が入っています。 一口目は、

「あっ、塩っsad」 って感じでしたが…2口目には 「まろやか~heart04」 に変化しました。

結構、私好みの味ですscissors

 ソフトの先には、足湯が見えます。Cimg5375

木の箱は、無料の蒸し器です。

お店で購入した、野菜や魚介類が、ほんの数分で蒸しあがります。 ヘルシーな食事ですね。

Cimg5377  ゆで卵も2個で 100円。

あっと言う間に温泉卵が出来上がります。

Cimg5382_2 日本一長い足湯も健在です。

Cimg5383 足湯の源泉は、かなりの高温。 危険です。

Cimg5380  こうして、旅館の煙突? からは、絶えず 湯けむりが上がっています。

温泉地、小浜ならではの風景です。

次回は、是非! 足を延ばしてみませんか?

ハートピア雲仙小浜

Cimg5373  私達が、行ったのはここです。

庶民感溢れる 公共の宿です。 でも、お風呂は広々として気に入りました。

因みに 小浜温泉は 塩湯と言われるほど、塩味がします。 いつも…ペロリッとなめてチェックします。 (温泉評論家では、ありませんが……)

 HPはこちら ⇒ http://www.heartpiar.co.jp/

Cimg5370 「そう言えば、“食事をしたら 温泉入浴が無料で入れます” と言うのを ザ・なが (長崎の情報紙) で、見た事があったわ。 何処、だったかしら…?」

と、車を走らせながらキョロキョロと観察。

「よしちょう……あっ、ココよ。ココsign03 こんな名前だったわ。」 と、興奮気味の私。

Cimg5372  慌てて、シャッターを押しました。

左の写真の文字が見えますか? “入浴無料” の文字が……。

お料理の値段は、関係なく入浴出来るのでしょうか? それもよく分かりませんsweat01

今度、調べておきますね。 以前 ココは、旅館だったそうで 温泉設備もまだ残っているので こうして無料で提供できると聞いた事があります。

 まもなく、この沿道には 美しいジャガランダの花が咲きます。

次回は、来月行こうかしら? 

向った先は……

Cimg5367  温泉の前に まだ 蛇の目の続きがありました。

「チーフ、どんだけ 好いとっとsign02

と、思われたでしょうが……。 お店の横には こんな素敵な池がありました。

湧き水らしく、その水は透明です。悠長に鯉が泳いでいます。Cimg5366

その上には、こんな建物が。 でも、これが何なのか、個人のご自宅なのか、病院なのか……sign02

とうとう分からないままですsweat01  主人は、

「蛇の目の大将に、聞いてごらん。」

と、言いましたが……シャイな私は、ちょっと勇気が要る事なので それも止めました…bleah

Cimg5369 こんな表示もありました。

「まぁ、この先にも 湧き水があるのね。 小浜って町は、まだまだ開拓する価値有り……って感じ。」

 小さな、海辺の温泉地だけど ちょっとレトロ感漂う町ですheart04

他には、こんなメニューも…

Cimg5362  「次回の為に、メニューをチェックしなきゃ~scissors

と “なんでも探偵団” のチーフです。

気になる この スープメン。 昨日のブログに、お店の正面の写真がありましたが、その左はしの看板にも やはり スープメンが表示されています。

ここの、ご主人は これが自信の一品なのでしょうか? 気になります…sweat01

Cimg5363  他には、こんな お品書きが。

比較的、リーズナブルなお値段。 地元の方が フツーにいらっしゃるようです。

本当に、美味しいお店は “観光客に人気の店” ではなく  先ずは “地元人が通いたくなる店” だと思います。

「チーフ、やけに この蛇の目を 押していますが……お知り合いなんですか?」

「いいえ、名前さえ知らない あかの他人 ですbleah」 

 せっかく、小浜まで来たので、温泉に入って帰る事にしました。

私の車には、 「いつでも、どこでも チャンスがあれば OKよsign01

と、温泉セットが常備されているのです……用意がいいでしょsign02

感激! “小浜ちゃんぽん”

Cimg5360

Cimg5359   皆さんは、 “小浜” って、場所ご存知ですか?

長崎から、雲仙方面へ行く 道中にある温泉地です。

橘湾に面して 小浜の町を通過する時 いつも湯けむりが上がっています。

 週末に ちょっとドライブしました。 

 主人と……down  あっ! 表示を間違えました……up が正解ですcoldsweats01

【小浜ちゃんぽんマップ】 が、あるくらいに町おこしで頑張っています。

私も、 長崎のソレと どう違うのか一度は食べてみたいと思っていました。

Cimg5365  私達が行ったのは、ココです。

本来は、鮨屋さんです。 それで、上記のような コラボした ランチメニューが可能なんです。

それぞれのセットは、1080円 です。 お安いでしょsign02

いや~ぁ、大いに気に入りましたheart04 美味しくって…note

Cimg5361  この、あっさりとしたスープ。

とんこつ系ではなく、 魚介類などの 海の幸で作ったスープです。 最後まで、飲み干したくなるくらい GOODgood な お味。

 それに、このにぎりが美味しい。 しゃりが程よい温度で……。

何もかもが、満点の 蛇の目鮨しの 小浜ちゃんぽんでした…。

本日発売です。

お待たせいたしましたsign03

佐田玲子・白鳥座 デビュー30周年企画 として、 こんな素晴らしい復刻版CDが 発売されました。

Cimg5350  左は……1982年発売の ファーストアルバム “白鳥座”

Cimg5352 そして、 右が……1984年発売の セカンドアルバム “DENEB デネブ” です。

 改めて、このアルバムの曲目を見ると…

note 心にスニーカーをはいて

は、作詞作曲が さだまさしさん。 編曲は 渡辺俊幸さん。

 この頃から ずう~っと ご縁があるのですね。

 今日から、雨やどりでも このCDをお店に流しています。

実力派の 白鳥座の素晴らしいハーモニーが 店内に優しく流れています。

Cimg5349  特典として “白鳥座” と “DENEB” の2枚を お買い上げの皆様に 限定 マグカップ が もれなくプレゼントです。

今なら……全色揃っています。 雨やどりでも 発売中。

送料は 全国一律 ¥500  です。 ご注文は、メールでも、お電話でも結構です。

心より お待ち申しあげます。Cimg5354

 白鳥座期間限定ブログ

 http://blog.livedoor.jp/hakuchoza/

こんな角度も珍しい……

Cimg5316  皆さんが、愛して止まない “稲佐山”

いいえ、長崎っ子が 愛して止まない “稲佐山” かも知れませんsweat01

 あらっsign02 ここは何処かしらsign02   それは……

Cimg5321 大波止にある ドラゴンプロムナードのすぐ隣り。

こうして 全体を改めて見ると 龍が寝そべってる姿に見えますね。 その頭には 蛇踊りの玉が……

そんな 不思議なオブジェですcoldsweats01

Cimg5322  その隣りに 長崎港ターミナルビル があります。 

Cimg5323  正面はこちらです。

五島行き。 上五島行き。 高島行き。 伊王島行き 。 そして…軍艦島行きなどが……入出航します。

ターミナル内を歩くとCimg5319  こんな不思議な橋?が架かってます。

いったいこれは、何なのでしょう…?

 私は、以前行った事がある 両国国技館の隣りにある

“大江戸博物館” 内にある 大きな日本橋が浮かびました。 申し訳ないけれど それとは、大違いです。

Cimg5318  平日で、2Fには パラリと数人の方々が……。 でも……「美味しい」 と、評判のうどん屋さんや、定食屋さんがあって なかなか楽しく見学できました。

 何より、最初にアップした 写真のような場所を発見した事ですねheart04

ちょうど、丸1年になりました。

Cimg5278  (一見、高級そうに見えますが……うふっ) 我が家の庭ですhappy01

手前のもみじが、青々と緑の若葉をつけたので 思わずシャッターを押しました。

Cimg4197  (もみじの木が) 新人とは、言え いまいち去年の秋は、紅葉が美しくありませんでした……。 不完全燃焼のまま……落葉の秋を迎えました。

Cimg4237 最後の一葉も落ちて、いよいよ秋の深まりを予感した日々。Cimg4284

そして、去年の大晦日に 珍しく長崎地方にも大雪が…。

白い綿帽子をかぶった もみじです。

そして、この春に 美しい若葉をつけました。

Cimg5279   小さな木 一本にも ささやかながら “春夏秋冬” があります。 何だか、ドラマチックで 感動してます。

 小さな、小さな私の人生。 でも……誰にも負けない 自分色の人生を送りたいですね。 

森林浴を楽しもう。

Cimg5193  翌日は、小鳥のさえずりで目が覚めました。

ちょっと、贅沢な気分です。  美味しい朝食の為にも、“あさめし前?” に、少し散策する事にしました。

Cimg5197 朝日が木々の間から、キラキラと差し込みます。

Cimg5207 Cimg5196 森の中で、ひっそりと生きてる植物。

ひっそりと生きてる小動物。

Cimg5195 ふと、天を仰げば 木々の緑が 優しく覆っているようです。

Cimg5201 “あさめし前” に ほんの少しだけ (40分位…) 歩いただけなのに こんなに自然が満喫できました。

帰ってから、食べた朝食が どんなにか美味しかったかは、言うまでもありません。

  (返す返すも、朝食の写真を 撮らなかった事が、悔やまれます……sweat01)

学生気分で……

Cimg5187  数年振りに、キャンプ体験に行きました。

子供が小さい頃は よく行ったものです。

ここは、長崎県西彼杵半島のほぼ真ん中にある “県民の森” です。

 丸太で出来たバンガロー。 車も横付け出来る便利さ。 寝具も完璧。 オール電化。

ねっsign02 昔、体験した テントを張って…蚊に刺されながらの それとは大違いです。

Cimg5188  4月の平日。 さすがに私達以外は 誰もキャンプをする人は居ませんでしたsweat01

 これが、夏休みともなると 賑やかに あちらこちらで バーベキューの美味しい匂いがするのでしょうね。

Cimg5190 もちろん、この日の夕食は……焼肉でした。

東京から参加した M子さんは、焼肉に ちゃんぽん麺を入れる事に ビックリ。

「あらっ、これって長崎の常識よねぇ~scissors

と、長崎人の私達。 皆さんも是非! お試し下さいね。

 キャンプ場案内のHPが あります↓

 http://www16.ocn.ne.jp/~kenmin/c001.html

 意外と写真を撮ってませんでした。 バンガロー内をもっと詳しく 説明したかったのに……残念coldsweats01

Cimg5192 春とはいえ まだ肌寒い日。 夜もグッと気温が下がります。 こうして、ストーブも完備されていました。

Cimg5210  

あっ、こ!これは……!

Cimg5216  最近デビューした歌手は、ご自分の歌は すべてCDです。

福山さんは、デビュー20周年。 

これは まぼろしのEPレコードと言ってもいいかも知れません。

しかも……音楽関係者のみに送る SAMPLE盤です。

 A面 note 追憶の雨の中

 B面 note かなしみは…

音浴博物館の方が おっしゃるには

「実際に、この曲が発売されたのはCDのみです。 福山さんのデビューは ( レコードとCDの ちょうど過渡期だったので) 結局は、レコードは1枚もありません。

奇しくも このレコードが最初で、最後の一枚になりました。 」 と…。

 さぁ、この貴重な レコードを見に あなたも 【音浴博物館】 へ、いらっしゃいませんかsign02

“的” を絞った お方とは……」

Cimg5226  もちろん、 その “的” とは……さだまさしさんですheart04

これは、シングル版。 Cimg5224

発売された LPレコードは 恐らく こちらの博物館には全部揃っているでしょう。

懐かしいLPが 所狭しと 保管されていました。

私達 (全員がファン) は、次々に懐かしくて、貴重なLPを 探し出して ドキドキしながら レコード針を そっと置きました。

 針を落として zizizizizi~ と、音が聞こえる間の あの時間……久しぶりの緊張が、甦りました。

Cimg5222 ほらっsign01 懐かしい “白鳥座” のレコードもこんなにたくさん。 鬼無里村の超珍しい 切り絵の表紙もありました。

Cimg5218 Cimg5223 館内は、昭和の香りでいっぱいです。

 しかも、それらの機器は 決して “展示品” で終わらず、 “現役” で、今なお 私達に奥深い音色を聞かせてくれます。

素晴らしい、音浴博物館。

長崎大好きの あなたなら こちらも一度は、是非!訪ねて欲しい場所ですね。

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »