2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 前夜祭は…… | トップページ | ここは……何処~だ? »

孔子廟のおもてなし

Cimg4833  孔子廟の裏手には、屋台が数軒作られていました。

中華菓子 ・ ハトシ ・ かんぼこ ・ カレー ・ おでん ・ 肉まん……すべて、無料で振舞われていました。 帰りには、 お土産付きでした。

関係者の方々が いかに力を入れてるかが伺われます。

 博物館もあります。

今回は、売店フロアーのみが開放されていました。

が……以前 行った時は、その素晴らしい展示物に目が釘付けになりました。

Cimg4839  紀元前の中国と、世界の様子。

日本は……やっと、紀元後に 縄文時代や弥生時代が登場。 

また近い内に、博物館内の展示物をゆっくりと時間をかけて、訪ねたくなりました。Cimg4836

 先日、長崎の旅を満喫した “かつのり” さん。

(こちらの、書き込みでお馴染みですね。)

彼は、こちらの “3年間パスポート” を購入したそうです。

金額は 2000円。 3年の間に、何回も訪れて 中国の歴史を学んで欲しいと思います。

Cimg4921  雨やどりも “プチ らんたん” 気分。 

Cimg4924  通りには、こんなフラッグが、お客様を お迎えしています。

「長崎へ、行きたく (帰りたく) なった人 この指止~まれgood

« 前夜祭は…… | トップページ | ここは……何処~だ? »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

は〜い!その指、とーまった!
一番にとまれたかしら?

チーフ、なんて美しい写真なんでしょう!
孔子廟は、初めて長崎を訪れた時に、半日観光バスツアーで行っただけです。
真夏(『夏、長崎から』の時期ですから…)の日射しの中で、白い石像が眩しかったのを覚えています。
中がどんなだったか…、残念ながら記憶にないんですよ。何してたんでしょう?

ランタンの灯った孔子廟は、別世界ですね。本当、中国のよう。
温かい灯りに、白い石像がとても優しく見えます。

あ〜、いいな〜!
かつのりさんは、また長崎を訪れたんですか?羨ましいなぁ。
東京からだと、なかなか行けません(T_T)
でも、次回(いつになるかわかりませんが…)、行く楽しみ、期待感、もういっば〜いですo(^-^)o
あっ、ハトシ、まだ食べた事がありません。
どんな味かしら?これも、次回の楽しみです。
『長崎おいしいモノガタリ(物語)』なんぞ、連載して頂けると嬉しくです。

東京は、ガンガン雪が降っています。積もりそうです。三連休なのに残念。まぁ、特に予定もないのですが(^^ゞ
お家でボーッとしよう!
では、また(^^)v

追伸 『春を待つ女』(笑)残念ながら?深い意味なんてないんですよ〜。
ただ、早く暖かくなって欲しいなぁ〜って(笑)

わ~、懐しい!
何度も長崎を訪れていたのですが、ここを初めて訪れたのはつい数年前のGW。1歩足を踏み入れたとたん、南山手の洋風な雰囲気とガラっと違っていきなり中国、って感じで、こんな近くなのに雰囲気が全然違うんだな、って不思議な感じがしましたね。お天気がものすごくよくて、外廊下(石像の後ろ側)でしばらく休んでいました。やたらと眩しかったのを覚えています。その雰囲気とはまた全然違った様子。いつか私もランフェスに行きたいと思います!

 まぁ、色気の無いこと。 みきさん、嘘でも…
「もちろん、人生の春に決まってるでしょ、失礼なannoy
って、言って欲しかったわhappy01

 孔子廟良いでしょsign02 夏の日差しの中にいらしたのね。 180度、今のランタンと様子が違いますよ。
「長崎おいしいモノガタリ」 なかなか、good idea ですね。
益々、私の食べ歩きが広がりそうですが……それも、これも仕事!仕事!


 まめはるさん、こんにちは。
まめはるさんも、この孔子廟はいらした事があるのですね。
確かに、電車の線路を越えただけで、中国と西洋が混在してるのも長崎ならではの風景かも知れませんね。
 “強い夢は 叶う”
いつの日にか、ランタンはキット見る機会がありますよscissors

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 前夜祭は…… | トップページ | ここは……何処~だ? »