2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« “年令識別” が出来る裏ワザ | トップページ | 上海の “森ビル” »

この風景を見たくて……

Cimg4436  先日、上海へ行きました。 実に…30年振りの上海です。

 30年前に “日中友好青年の船” で行ったっきりです。

あの頃の中国は 国交が回復したばかりで 町中の至る所に “毛沢東” の肖像画があり、人民服と、子供達は赤いスカーフを巻いていました。

Cimg4438 長崎 ⇔ 上海 は、週に2便運行されています。

わずか、1時間30分の空旅です。 東京へ行くより近いです。 しかも……時差も1時間。

 ハウステンボスが、澤田社長になって 中国からのお客様の勧誘に意欲的で、去年は 久々に “黒字” に転換出来たそうです。

だから…中国からのお客様が 圧倒的に多く、日本からのお客様は少なめ。 しかし 空っぽで引き返すよりは……と、言う事で 長崎発着のツワーが出来ました。

 Cimg4472  上記の写真。 

note フレディ もしくは三教街  の世界のイメージだったので、どうしても この眼で見たかったんです。

実際に見たのは、船上からでした。 しかし……時代を感じさせる重厚は建造物は、ヨーロッパの古典建築そのものでした。

 新旧が交差した街……上海。  少しだけ、レポートしたいと思います。

« “年令識別” が出来る裏ワザ | トップページ | 上海の “森ビル” »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こないだ長崎に行ったとき、さるくのガイドさんが、長崎ー上海航路があった、と言っていました。長崎から上海へ船で行けるの??とびっくりしましたが、やはり長崎は中国との結びつきが深い都市なんだな~、と感じました。
"日中友好青年の船"って、どんな船だったんですか??

今年6月に、今度は 長崎~上海間の船の定期便が運航されます。 日本で一番、上海に近い町が長崎なんですよ。

 “日中友好青年の船”
九州は8県ありますが、毎年各県から約50名の男女が選ばれて、約2週間の研修を兼ねて、日本と中国の友好を図る旅です。
50名が8県で 約400名。 先生や県庁職員、報道関係、医者や看護婦…など総勢500名余りの大所帯。
 商船三井のにっぽん丸(その当時は、1万トンでした)に乗って、500名が寝食を共にします。

 もう、今頃の若者はとても出来ないでしょうが、あの頃の私達は結構、熱く燃えていました。今でも…年賀状のやりとりが続いていますよ。

「長崎から上海、直行便があるらしいよ。行きたいなあ~」というと娘に「長崎まで行く方が時間がかかるやろ!何言ってん?」と突っ込まれました。
1時間30分だと、高松まで行く時間だ~~~。

チーフの報告で我慢します。
ありがとうございました。

こういちままさん、とにかく…上海まで、たったの1時間30分ですよ。近いでしょ?

しばらくは、私の上海レポートが続きます。
拙い文章ではありますが……ご覧ください。
そして…上海へ旅した気分になって下さいませね。

長崎まで、交通費を払ってまでも 「長崎発着」 のツワーをお勧めしたいくらいの充実の企画です。airplane

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« “年令識別” が出来る裏ワザ | トップページ | 上海の “森ビル” »