2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 土佐商会跡 | トップページ | 鯖くされ石 »

長崎夜景

Cimg4040  先日、久しぶりに稲佐山中腹にあるホテルへいきました。

仕事で……(ここの所、強調sign01)

 この日は、松が枝埠頭にCimg4037 大型客船のダイヤモンド・プリンセス (11万5千トン) が、入港し、その雄姿が、対岸のホテルの窓から良~く見えます。

 船頭の上部あたりに、大浦天主堂が見えるのが分かりますか?

ピースミュージアムは、ダイヤモンド~に、隠れています。

 大浦界隈は 外国人のお客様で忙しかったそうです。 雨やどりも、お酒やマグネット (それにしても、何故 マグネットが好きなのでしょう?) 和雑貨が売れました。

Cimg4042  そして……午後5時30分。

暮れなずむ夕暮れ。 客船の明かりが灯り 午後6時の出航を待ちます。

前港は上海。 次港は釜山。

「長崎の印象は、如何でしたか? 想い出のお土産が出来ましたか?」

 私も、いつの日にかキット………ship

note 私、フェリーにしたの。 だって飛行機も汽車も~ 涙乾かすには短か過ぎるでしょ~

 う~んdown 確かに、この客船は 静かに、ゆっくりとタグボートに先導されて、港をあとにしました。

« 土佐商会跡 | トップページ | 鯖くされ石 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

すごく大きな船なんですね~。
教会との対比が、すごく臨場感あります(笑)
まるで大きなビルかホテルみたい!!

そして外国のお客様がたくさんお店にもいらっしゃる、そういった機会があるのは、お互い交流が持てる素敵なことのように感じてしまいます。
私は港町とは全然関係ない町で育ってますので、こういった機会に遭遇できる点でも、長崎は素敵な所だな、って思います。

こんにちは。
長崎の風景、大好きです。
今でも心に残っている風景があります。

毎年二人で行っていた『夏、長崎から』に、連れが行けなくなって、初めての一人旅。
いい年をしたおばさんが、不安がるのもおかしな話ですが、心細かったんです。
やっとたどり着いた稲佐山、夕焼けがとっても綺麗でした。
あ〜、来れたんだ〜って、涙が出ちゃいました。
それ以来、一人旅も平気になりましたね(^^)v

夜景は、ピカイチですね。
日本三大夜景の一つですものね。
まるで宝石箱をひっくり返したよう…。
チーフの写真もとっても美しいのですが、ぜひぜひ、皆さんに直接見て欲しい風景ですね。

あー、また長崎に行きたくなりました。
今頃は、クリスマスイルミネーションで更に綺麗なんだろうなぁ〜。
チーフ、長崎のクリスマス風景も、ブログで紹介して下さいね。

昨日は店長が不在のときにお邪魔させていただきました

学生時代の友人がさださんのファンということで連れて行ったのですが思った以上に大喜びでした(^^)

ありがとうございましたm(__)m

こんばんは
「フェリー埠頭」ですか?「黄昏まで」ではないんですね。
ダイアモンド・プリンセスは懐かしいですね。引き渡し、処女航海を見送りましたからね。

 心づくしさん、こんにちは。
せっかくお店にいらしたのに、私……不在でした。残念crying
きっと、又 近い内にお会い出来ますように。
“正しい休日の過ごし方”に早速 雨やどり訪問を載せていただき有難うございます。
 詳しくは、心づくしさんのコメントに書かせて頂きますscissors

 
 TSUBAMEさん、こんにちは。
 はい。フェリー埠頭だと……思いますcoldsweats01
最近は、【あなたが好きなさだの歌 ベスト3】 に、note風に立つライオン や note主人公と並び、この note黄昏迄 も、入っています。
さださん曰く
「ファンの皆さんも、こんな心境 (年令) になったのでしょうか?」 と。 聞くたびに、胸キュンになりますheart02

 まめはるさん、(多分) はじめまして。
ダイヤモンド・プリンセス号は 長崎港に入港する船では、その大きさはダントツ1位ですよ。キラキラッshine
ピースミュージアム前の松ヶ枝埠頭に着岸すると、本当に巨大で
写真撮るのも、一度は無理です。 5分割くらいでシャッターを押さないと、全景が写せませんsweat01
 いつの日か、まめはるさんが長崎で外国船を見れる機会がありますように……ship


 みきさん、こんにちはup
確かに、長崎の夜景って “百聞は一見にしかず” ですよね。
そして……何故、皆さんがあの熱くて、きつい 【夏・長崎から】 を、愛して止まなかったのか……sign02
 それはキット…
「コンサートが進むにつれて、刻々と変化する暮れなずむ夕日。
頬をなでる夜風。 久々に再会する仲間。 そして、感動を胸に下山する時、突然 目の前に広がる夜景。これが…う~ん、たまらんsign03
ですよね。
 長崎のクリスマス・イルミネーション?
了解です。 先ず……アミュプラザへGOxmas

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 土佐商会跡 | トップページ | 鯖くされ石 »