2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

武相荘

Cimg3722  美しい茅葺屋根の母屋。

お二人は、この家に 60年近く一度も引っ越しもせず、“現状を変えたくない” “前だけ見て暮らしたい” の思いで晩年も “らしく” 生活を続けていきました。

Cimg3719 母屋の玄関には 季節の草花が

“野の花の如く” 活けられ 訪れる人々をさりげなく迎えてくれます。

Cimg3724  母屋の縁側。

残念ながら 内部は撮影禁止だったので、 この目と足と、肌で しっかりと感じながら 拝見させて頂きました。

 Cimg3734 Cimg3726 

 敷地内には、木々のざわめきが心地よい 散策路もあります。 竹林がまっすぐ天に届く絵画のように…。

 もみじが真っ赤に色ずくのは、あと幾日でしょうか?

Cimg3728  母屋の側面には、もうすぐやってくる季節の為の 冬支度。

この 白洲邸 (武相荘) 全体が、大きな物語のようで まるで “宝物” のような時間がゆっくりと過ぎていきました。 

訪ねたい場所

Cimg3711  ここは、何処でしょう?

 初秋の東京都町田市です。 もっと詳しく言うと “鶴川駅” が、最寄の駅です。

私が、数十年前からずっと、ずっと憧れていた場所 …… 武相荘 (ぶあいそう) です。

Cimg3709  周りの景観とは 随分かき離れた その趣きある 茅葺屋根の母屋。

ここの住人が 白洲次郎 ・ 正子ご夫妻です。

右写真は、皆さんも一度は見た事があると思います。

 「従順ならざる唯一の日本人」

 「マッカーサーを叱った男」

 「日本で最初にジーンズをはいた男」

 そして、遺言は

 「葬式無用。戒名不要」 と、全てに於いて “格好良く” 生き抜いた人でした。

Cimg3712 Cimg3715  紅葉した葉っぱが 落ち葉となって、訪れる人を案内するかのように 点在しています。

ふと、母屋から振り返って長屋門を見ています。

 武相荘のHPです。  是非! ご覧ください。

     http://www.buaiso.com/

 初秋の一日、私が どんなにかこの場所で、“充実した一日” を過ごしたか、ご紹介したいと思います。

とんてんとん祭り

Cimg3931  実は、2~3日前から決めていました。

「波佐見の帰り、足を伸ばして 伊万里へ行こうsign03」 と。

何を隠そう……今年、新社会人となった長女のマンションへ寄り道です。

 前日から、ビーフシチューや、里芋の煮物、長崎の揚げかまぼこ、新地のごまぱん……etc. などを準備して…。 いい母親 してま~す。 イエ~イscissors

Cimg3923  「伊万里って、伊万里って……カブトガニの町なんだぁ」

と言う事を発見し、こんな不思議な陶器のオブジェが 商店街のいたる所にあって、

何だか楽しい町でした。Cimg3925  しかも…ちょうど、伊万里くんちの最終日。

 背中で “風切る” カッコいいおじさん発見heart04

「素敵です。写真を撮っていいですか?」 と私。

Cimg3926  「ハイヨッsign03」 ってクルリッと回ってこんな感じ。

長崎くんちの “御花” と似ていますね。

Cimg3930  子供達も可愛いです。 最終日で、夕方着いたので お御輿も、踊りも 全く想像がつきません。 いったい、どんな お祭りなのでしょうか?

Cimg3929  ただ、長女いわく

「伊万里市に こんなにたくさん人が居たなんて……。 普段、みなさん何処にいるのかしら?

この商店街を歩いたのも 初めてよlovely」 と。

 まだまだ、自分が住んでる町を、開拓する余地はあるようです。

 帰りに、伊万里牛を買いました (一応、美味しい肉で有名です)

 もちろん、その日の夕食は 伊万里牛の焼肉パーティでした。

娘が、少しずつ見知らぬ土地に 慣れ初めているのも嬉しかったです。

陶箱弁当は……。

Cimg3909  青陶房さんは、やはり人気の窯元さんです。

毎年 新作の陶器に お食事が盛られています。

Cimg3911  左上の器。 おこわと、角煮、浅漬が入った器が 今年の お持ち帰り出来る器です。  お店では ¥2500 で販売されていました。

お煮しめも、大根の煮物も、スープも、デザートも 全て手作りです。

 他には、みそ田楽やきりたんぽも、炭火でじっくり焼かれていました。

大満足のお弁当。 こちらの社長……吉村ご夫妻の人柄もあってか、毎年 楽しみにいらっしゃる人々でいっぱいでした。 もちろん、私達も その一人です。

Cimg3908  非売品ですが 陶器で出来た 可愛い動物たち。

遊び心満載の、青陶房さんでした。

クラッシックな陶器

Cimg3903  こちらは 売り物ではなく 展示品です。

しかしながら……こんな風な陶器は、幼い頃 皆さんのお家の 食器棚に入っていませんでしたか? 私は、“その頃” の記憶がふぅ~っと甦ってきました。

Cimg3902  苔むした庭も いいでしょ?  趣があって……。 

 この日は、長崎を出発する頃 大雨でした。 波佐見に入った途端、雨が止みました。

この庭も 雨が降ったあとでしょうか?

 一層、その美しさを醸し出しています。

Cimg3915 Cimg3920_2

 毎年、紹介するので この煙突も見覚えがあるでしょうsign02

何回行っても、静かで 穏やかで 懐かしい町です。

 ドイツからの可愛い留学生も 窯業大学で学んでいました。 他にも アメリカやイギリスからも……。

故国へ戻って、日本で学んだ陶芸を 発展させて欲しいと思います。

やっぱり行きたい “秋陶祭”

 今年も 青陶房さんから ご案内を頂きました。

私は、友達を誘って行きました。 もちろん2週間ほど前にお弁当も予約して……

Cimg3921  春の “桜陶祭” と違ってお客様は少ないです。

が……訪ねる私達にとっては 駐車場や、お買い物なんかがとてもスムーズでいいです。

Cimg3916 Cimg3917  毎年 訪ねる窯元は決まってるのですが、何故か心は躍ります。

“赤井倉” さんも好きです。

店内も 古民家風な店構えに 作品を展示しています。

Cimg3904

Cimg3899 Cimg3901 火鉢も箪笥も時代を超えて、一番良い席に鎮座 されています。

ごろん! と寝転びたいくらいに いい空気が流れています。

Cimg3898  まぁsign03 先客が居ましたよ。 “にゃんこたんぽ” さんが……

お勧めの “フレンチ”

 外海から、大瀬戸を通り 大島造船所がある、大島があります。

十数年前に橋が架かり 交通の便がよくなりました。

そして……この大島に 知る人ぞ、知る 美味しいレストランがあります。

オーベルジュ あかだま です。 HPを ご覧ください↓

  http://homepage3.nifty.com/akadama/

 Cimg0743 緑に囲まれた やすらぎの場所って感じです。

Cimg0744 ポテトグラタンや、Cimg0745 きのこのスープ

Cimg0746 なんとか、かんとか (名前を忘れましたcoldsweats01)

Cimg0747 子牛のステーキ、デミグラスソース。

Cimg0748 締めのデザート。

 もう、私の小さな胃袋はパンパンに膨れました。 満足です。

Cimg0753  あかだまのオーナーです。

何だか、雰囲気がありますね。

Cimg0750  次回は、是非 夕陽を見ながら宿泊したいと思いました。  都会の喧騒から 逃れたい人は、こんな場所でリフレッシュしてみませんか?

西海丼

 長崎県西海市の 名物は “西海丼” です。

西彼杵半島 (詩島、バイオパーク、元オランダ村、県民の森、遠藤周作記念館……等がある半島) は、全てが海に面しているので、新鮮な魚介類が豊富です。

Cimg3609   長崎新聞の日曜版 “とっとって” が、たまたま 西海地区のお店や名所等を紹介していました。

 スリリングなドライブも 少し落ち着いたら 急にお腹がすきました。

「さて、どこでランチタイムにしましょう…restaurant

と思いながら …… 力を込めて運転する娘を横目に、私の頭は食事の事でいっぱいです。

Cimg3540  そして、偶然に見つけたお店が、まさに!今日の とっとって で見た、お店でした。 なんて、ラッキーscissors

 注文したのは、やはり 写真で紹介された

「海鮮西海丼」 ¥1350 です。

 新鮮な刺身をご飯に乗せて食べました。 うちわ海老が入った みそ汁は、その出汁が出て 美味なり。

ほんのり甘味もありました。

Cimg3610  しばらくは、娘の運転で スリリング・ドライブが続きますが その “おまけ” として 美味しいランチが待ってるので、それも 「有り」 としましょうheart04

初ドライブ

Cimg3554  皆さんは、 自動車免許を取得して 初めて走った場所を覚えていますか?

 長崎では……雲仙方面 又は 西海橋方面。 そして 大瀬戸方面です。

 上記写真は、映画 “解夏” の1シーン。 石田ゆり子さん演じる 陽子が、マリア像に祈った教会です。 もちろん、皆さんは行った事が あるでしょsign02  外海にあります。

 実は、我が家の次女が 幾多の困難を乗り越え やっと 免許を取りましたcoldsweats01

 それで とある日曜日に 彼女の運転する車に乗って 試運転。 選んだ先が 大瀬戸方面です。  もう、生きた心地がしませんでしたsweat01sweat01

 教習車の助手席に付いてる ブレーキを、付けて欲しいくらいです (娘には、内緒。

経験を積んでこそ、上手になるのですから……)

Cimg3552  そして……ここ外海 (そとめ) は、フランスのボスヌール地方と姉妹都市を結んでいます。

ルート202 を走ると 先ず 青い橋。Cimg3547

 しばらく走ると 白い橋。 

 写真を見て 分かる様に、信号もほとんどなく 車の数も少ないです。 初心者には、先ず 何度も走る事が大事。

カーブや、登り坂、下り坂のブレーキや、アクセルの踏み方を おのずと覚えていきます。

Cimg3537  最後の橋は 赤。

もう、分かりましたか? 

 フランスの国旗 トリコロールです。  この町が、姉妹都市って事も うなずけますね。

 スリリングなドライブでしたが、写真だけは ちゃっかり助手席で撮ったチーフですscissors

もう一つの楽しみ

Cimg3652_2  毎年おくんちの中継を 各テレビ局は、ゲストを迎えて リアルタイムで解説をします。 今年のゲストは……

 NHKは、島崎和歌子さん。Cimg3657

 NBCは、郷土史家の越中哲也先生。

 NCCは、脚本家の市川森一さん (長崎出身です)

 NIBは、後藤象二郎役の 青木崇高さん。

幸いな事に、私の場所から 青木さんが、良~く見えます。

なかなかカッコいいですheart04

 出し物が 進むにつれ 彼の身振り手振りが、何だか

大きくなります。

Cimg3658 右写真の2枚は、

 もってこ~いsign03

で、ノリノリの青木さん。

 私は、ついつい

「他県の方が、おくんちを見ても 面白いのかしら?

退屈しないのかしらsign02

と、要らぬ心配をし、出し物もそこそこに、 彼の行動を 常にチェックしてましたcoldsweats01

Cimg3681  彼の周りの方々は、いたって 普通に見てます。

でも……彼は、  もってこ~い病 にでも なったのでしょうか?

来年は、是非! 長坂組 で活躍して欲しいと思いました。

Cimg3682  この、長くて大きな手を見ると……またまた 胸キュンです。

 各踊り町の 手ぬぐいをGETした時は、 ニッコリ笑って お隣りの解説者の方に、嬉しそうに 見せていました。

 その後、NIBの特集で 「後藤象二郎が歩く長崎」 みたいな番組が ありました。

それを見ても、彼がいかに長崎の町を 気に入って頂けたかと言う 思いが伝わって 嬉しかったです。

 そして、ふと……東京に帰って “龍馬伝” の撮影で一緒になった福山さんとの 会話を想像してみました。 (妄想族のチーフですぅ)

青木さん 「長崎くんちを見ましたよ~。 いやぁ、素晴らしい祭りですねぇ。迫力があって、伝統があって、男気があって……僕、すっかり “くんちファン” になりましたぁ。」

福山さん 「良かろぅ? あの “もってこ~い” を聞くと、血が騒ぐなぁ。 さすが、400年の伝統がある祭りさ。 来年は、おくんちの季節に 帰りたかぁ~ (と、つい長崎弁が出てしまう…) 」

 きっと、こんな会話があった事は 間違いないでしょう…coldsweats01

勇ましい男衆に “胸キュン”

Cimg3678  築町の “御座船” です。

この狭い踊り場を、 目いっぱいに旋回して、迫力雄姿を目の当たりにすると お客様は、もう 大興奮です。

  もってこ~い   もってこ~い  の大喝采でした。

Cimg3654 銅座町の 南蛮船 も、立派でした。

この日は、ポルトガル大使夫妻も 特別ご招待で、一層の盛り上がりでした。

Cimg3651  特使役の フェルナンデス ミゲル氏。 もう、すっかり長崎の住民になっています。

Cimg3662  今年、特別出演の 籠町の 蛇踊りも勇ましい。

Cimg3637  八坂町の川船は、とても上品です。

でも……一度 山車が回ると、迫力ある動きになって、ハラハラ ドキドキです。

 美しくて、優雅で、たくましい 男衆です。 

やっぱり……“おくんち” は、凄かです。

Cimg3611   今年も私は、幸運にも 特等席の “長坂” で、見ることが出来ました。 それなのに…無料ですgood

 午前7時に 始まりますが、私達は 午前5時集合です。 まだ…真っ暗です。

星空が一面に見えて とても感動しました。

そして、東の空が (蛍茶屋や、彦山の方向) うっすらと明け始めました。

Cimg3614  太陽が登り、花火の音で おくんちが始まりました。

一番手は 馬町の傘鉾と本踊りです。

Cimg3620  長坂の人々は、2時間もの 長い時間 “もってこ~いsign03” の練習をしたので、どなたも気合が入っています。

おくんちは、テレビから見るのではなく、 “参加” しないと、楽しくありません。

Cimg3612  長坂にも、たくさんの人・人・人……lovely

Cimg3644  桟敷席 (有料です) にも、 秋空をバックにたくさんの人達が 各踊り町の出し物を 楽しんでいました。 

長崎の台所 “築町市場”

Cimg3603_2  アーケードを抜けて、中央橋を渡ると “築町” になります。

ここは、“長崎の台所” と呼ばれ市民に親しまれています。

年末になると、大変賑わって その雰囲気が大好きです。

お正月の食材も こちらで買えば、何でも揃います。Cimg3604_2

ここの 鯨屋さんは歴史も長く、有名です。

今では 超貴重品になった 鯨の数々。

Cimg3605_2 鯨の皮、ベーコン、さえずり、百ひろ……etc.

恐らく 数十万はするでしょうね。

おせちの中に、せいぜい数枚しか 入っていません。

しかも……向こうが透けて見えるくらいにcoldsweats01

Cimg3606_3  魚卸業の店先には、約2メートルはあろう “カジキまぐろ” が飾ってありました。

 それぞれの、踊り町の特色が出て、見飽きません。

もう、私の心は 7日の本番に向って、ドキドキ感が カウントダウンされてますscissors

 長崎には “くんちバカ” と言う言葉があります。

私は、まだ…そこまでは行ってないと思います。 多分……sweat01

いつまでも残しておきたい “長崎の家”

Cimg3590  庭見せのもう一つの楽しみが、そのお宅の庭を拝見出来る事です。

 長崎でも、市内の中心部が 踊り町になるので 歴史ある古い町家が、まだ残っています。

今年は、ここ 八坂町の料亭 “春海” が人気です。

玄関も、お座敷も 確かに年代を感じさせる風情が残っています。

しかし お客様を迎える仕事柄 どこを見てもCimg3597 手入れが行き届いてるのが、心地よい。

 緋毛氈に数々のお供えもの。

床の間の前には、煙草盆の飾り。 和ろうそくの光。

日本式の “しつらえ” が美しい……confident

Cimg3601  この町には、古くから開業されてる “小児科” や “歯科” も、お庭を開放されていました。

 町内の世話役さんが、私達の後ろに並んでた人と お知り合いらしく、話し声が聞こえます。

「こちら(小児科) の子供さん達は、皆 長崎をでて東京にいらっしゃいます。 ご両親は、ご高齢で もう、このお宅には誰も住んでいません…」 と。

「まぁ、もったいない。 あぁ、私が宝くじでも当てて このお家を買いたいわっheart04

と、心の中で そっと思った事でした。 

庭見せ(にわみせ)

Cimg3579   まもなく、“長崎くんち” が始まります。

今年も、10月7日~9日の3日間。 お諏訪さんが賑わいます。

去年、初めて見た方は その素晴らしさにキット、感動されたと思います。

 そして、10月3日は 庭見せです。

今年の踊り町の 出し物を、お披露目します。

祭りで着る衣装、山車、そして お供え物など…。 何より それらの品々を飾る場所が素晴らしいんです。

Cimg3571  これは、東濱町の竜宮船。

美しい飾りつけで 本番を待っているようです。

Cimg3574 こちらは、“羽衣の舞” の衣装です。

中学生の女子が、この衣装を着て、新体操で奉納踊りを踊ります。 

新体操なんて、時代の変化と共に 内容も変化するのですね。 なかなか 見ものです。Cimg3587  「八坂町の、庭見せが 素晴らしいらしい…」 と、聞いたので さっそく出掛けました。  料亭 “春海” の、玄関先に 川船が飾ってありました。

そして、“春海” の前には、 「一度、お庭を見たいhappy01」 と、思う方々の長蛇の列。

 私も…友人と一緒だったので お喋りしながら楽しく待つ事に しました……scissors

私が好きな お店

Cimg3528  先日、長崎在住のご夫婦から 頂きました。

お二人は、東京出身ですが……長崎のペンギン水族館で 海をぼんやり眺めていて…

「そうだsign03 長崎に住もうheart04」 と、数年前に 長崎市民になった方です。

 このパッケージが なかなか良いでしょ?  サブタイトルに

“幕末の志士たちを支えた 大浦 慶” と、あります。

Cimg3529  NHKの “龍馬伝” で、長崎のシーンに出てくる

余 貴美子さん演じる 大浦慶。

彼女は、もともと 油問屋の娘でしたが、商才にたけて

この時代、日本茶を外国へ輸出する事で巨万の富を得た女性です。

 油屋町には、“大浦慶の居住跡” の碑もあります。

 彼女をヒントに このお茶が出来たのでしょうか?

 このお店の 品々は全~部、センスの良さが光っています。

長崎へは、もう何度もいらしてる皆さんsign03 次回は、是非!こちらのお店へお出かけ下さい。

チーフの一押しのお店です。

 長崎県庁のすぐ 近く。 動画もあります。ご覧下さい ↓

    http://machi-log.jp/spot/90613

 実は、雨やどりの動画も あります。 気が付いたらご覧下さいね。

もう数年前に撮影したので、チーフも少しだけ若いですcoldsweats01  

Sさんは、今も昔も若々しいですscissors

もう、こんな季節になりました。

Cimg3532  10月に入ると、急に 秋らしくなりました。

夏と違って、 お洋服の アレコレ組み合わせ出来るのが 楽しみです。

去年まで、あまり好きでなかった洋服も 組み合わせで “突然” 好きになったりして……。

 

 さて……雨やどりには、もう来年のカレンダーが入荷しました。

Cimg3534 Diaryは、濃紺でシック。 中身の形状は、例年通りなので

使い慣れて 便利だと思います。

 さて、来年のDiaryには、 “さだまさしコンサート heart04 の文字が どれ位 埋まるのでしょうか?

中を開くと こんな感じ。

 今年のボールペンも スマートでおしゃれ。

軸には MASASHI SADA の文字が刻まれています。

Cimg3536  数に限りがあります。 お早めに  お求め下さいますように。

尚、 一所懸命日めくり は、まだ、入荷予定は……未定ですcoldsweats01 

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »