2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 5700株のシャクナゲ | トップページ | 地域限定ビール »

いわさきちひろ ピエゾグラフ展

Cimg2494_2   今、ピースミュージアムでは、いわさきちひろさんの、優しくて 心が穏やかになれる 絵画展が開催中です。

 ちひろさんを知る ビデオが流れていました。 お客様も熱心に見入っていました。

 Cimg2496 若者も 水彩画の優しいタッチを見ています。

 広島で被爆した子供達の手記 “わたしたちがちいさかったときに” の詩や文に ちひろさんが絵を描いてます。

その絵を見ながら文章を読むと、胸が痛くなりました。

そこには、あどけない子供ではなく 寂しさや、悲しみや、憎しみを持った子供達の表情が ありました。

 たった一本の絵筆だけで 見事にその子の心の中を表現出来る ちひろさん。

Cimg2495  もう一度でも、二度でも 足を運びたくなりました。

5月9日まで、開催されてます。

GWは、是非 長崎へお出で下さいませ。

« 5700株のシャクナゲ | トップページ | 地域限定ビール »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

ピーススフィアでちひろさんの心に会える事はとても素敵。長崎で会える事がいい・・安曇野、も東京も出掛けたけれどやはり、それぞれの・気持ちが話しかけてくれる。遠くをみる少女が好き悲しいひとみの子供達はこの手いっぱいにだきしめたくなる。近くにいるなら逢いに行けるのにね。でも気持ちだけ・・夏に行くからね・・そっと待ってて、思いながら、いたことをみるからね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 5700株のシャクナゲ | トップページ | 地域限定ビール »