2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

国際ターミナルに直結しています。

Cimg2311  ターミナル玄関を出ると、左手に ミュージアムがあり、福田先生のモニュメントが あるテラスにそのまま行けます。

皆さん! 夏には是非 いらっしゃいませんか? ミュージアムがファンの皆様で 溢れていたら 直ぐお隣りの このターミナルに場所を変える事も出来ますし……。

第一、空調も完備されています。 あっ! ただ一つ 報告する事があります。

 ターミナル内は、福山雅治さんの曲が ずっと流れていました。 私的には、それも“有り” です。 が…… やはり、ココは “長崎セレナーデ” が、似合うと言う事に……coldsweats01

Cimg2308 駐車場も24時間利用出来て、便利です。

Cimg2314 しかも、直ぐ隣りです。

駐車して 1、2、3歩で ピースの玄関へ続きます。

 「オープンして、来客数が 確実に増えました。」

と、ピーススタッフの方々。

 さあ、また一つ長崎を訪れる楽しみが出来ましたねsign02

 

素敵な空間

Cimg2309_2 先回の芝生にあった “謎の物体” の正体はコレです。

建物内に自然光を取り込んだ、エコ照明です。Cimg2304

ターミナル内は、広々としています。

先日の、外国船入港の際は この場所でスムーズに 入港手続きが行われました。

長崎観光をする外国人で 溢れていたそうです。 でも…普段は、こんな感じ。

 ターミナルから、長崎港が一望出来ます。 大きな、窓から見る景色は、まるで絵画のようです。

 Cimg2310_2 (残念ながら…) ピースミュージアムから 稲佐山は見えなくなりましたが、直ぐ お隣りの このターミナルからは、こんなに見えます。

だから…“稲佐山を見たい病” になったら、こちらの場所で治療をうけて欲しいですねhappy01

Cimg2305_2  玄関です。確かに普段は 閑散としていますが、何だか 私は落ち着ける空間でした。

 Cimg2306_2 このドアを出ると……ほらっ! 左側に何だか、見慣れた建物が…。

そうsign03 ナガサキピースミュージアムです。 

緑の芝生は、いこいの場所

Cimg2297 芝生のスロープを ゆっくり歩くと、ピースの建物、全体を見る事が出来ます。

福田先生の ♪のモニュメントも元気です。 まだ 「芝生養生中」 なので、入る事は出来ませんが 夏頃には 一面の青々とした芝生が さぞや綺麗な事でしょう。 楽しみです。

Cimg2300 反対側は、長崎港が一望できます。

海風が 磯の香りを運んでくれました。

長崎の 「海の記念日」 の花火大会の際は、キット この場所は 特等席に なる事、間違いなしです!

Cimg2302   何やら、丸くて手摺りが付いた物体が 辺り一面に…! それは……しばらくすると答えが、出てきますよ

Cimg2303_2 鏡になってるドアの前に立つと、いきなりドアが開きました。

そして、これまた 突然にエレベーターが…。 恐る、恐る 「閉める」 ボタンを押すと…

総ガラス張りのエレベーター。 「ヒエ~、びっくりeye eye」 それでも、やっぱり ピースが見えますね。

 さあ、ターミナルビルの1階に着きました。

遂に完成しました。

Cimg2295 Cimg2307 3月26日、「長崎港松ヶ枝 国際ターミナルビル」 が……。

 ピースミュージアムの建物が 何処かわかりますか?

芝生の緩やかなスロープが ピースを囲むように出来ました。 本当に素敵です。

ピースを 訪れる人が 益々多くなる事でしょうscissors

 当日は サン・プリンセス号も入港し たくさんの外国の観光客も

オープニングセレモニーに参加されました。Cimg2280

いかに大きな客船 (77,400トン) かが想像出来ると思います。

 この日は、お店も お客様で賑わったので、 写真はとうとう撮りに行けずdown

 次の日に、ひなたぼっこを兼ねて 出掛けてみました。

あっ、石原良純さんだぁ~

Cimg2263  先日、お店に居たら すぐご近所のおば様が、

「グラバー園の出口付近に 石原良純さんが居るよ~。」 と。

直ぐに デジカメを持参して……。 すると、石原さん こんな感じで お話中。

 写真後方にいる、ママと赤ちゃんとおばあちゃん。 石原さんの電話が済むと

“2ショット” の写真を撮っていました。

私は (以前、話したように…) 恥ずかしがり屋なので お声かけが出来ませんでした。

 何の撮影だったのでしょうか?

 Cimg2271 右写真は 海洋気象台の標準木です。

今日の様子です。 道下から 写しました。

だいぶん咲きましたが、ここ数日の雨と寒気のせいで

せっかく咲きかけた桜cherryblossom も、 また蕾が後戻りしたようです。

 三寒四温……春は、あと少し?

コミュニティーバス “らんらん”

Cimg2269  長崎市民の足……らんらんバス。

電車が 100円の頃に このバスも、どこまでいっても 100円でした。

そして……来月 4月から 120円に値上げされる事になりました。

 その代わり、路線が大幅に変わり 大変便利になりました。

Cimg2270 私は、まだ一度も 利用する機会がありませんが、

南山手も、崇福寺前も、歴史民俗博物館も、停車します。

普通、大型バスが回りきれない 狭い道幅も可能な、路線を回るのです。

 らんらんバスのHPです。残念ながら まだ更新されてないようです。 長崎バスに、注意せんばannoy

 http://www1.city.nagasaki.nagasaki.jp/koutsu/bus/ranran.php?bus_kind=0

ちょっと、ヤバイ感じです。

Cimg1894  もともと、夫の趣味でした。 まっ!早い話しが “鉄チャン” です。

 長女が、親元を離れ 約1週間。 寂しいのか、どうか分かりませんが……

最近 こんなもので遊んでいます。もちろん、夫が…です。Cimg1896

 長年の夢 らしいので、黙認してますが……。

Cimg1897_2  いい年した、おじさんが 何だか楽しそうですcoldsweats01

それにしても、とても精巧に出来てます。

スイッチを入れて、自由自在に 発車させたり、停車させたり……。

Cimg1895  最近は、1×2m四方の 凄いジオラマを購入しました。

山あり谷あり、トンネルあり。 プラットホームもあります。 ……で、そのジオラマの 置き場所が 長女の部屋です。

「あらっ、本当に寂しいの? このチャンス (彼女の部屋を鉄道部屋として、使うこと) を狙ってたのでは…?」

と、つい言いたくなるような行動ですannoyCimg1894_2

 何だか、怪しい~down 

早速……チェックしました。

Cimg2233 Cimg2232  引っ越しも、一段落。

「どこかで、お昼でも食べましょう。」

と言う事になり、周辺を あちこち車で走りました。

スーパーも、大型電気店も、百均も、ファストファッション店も、何でもありました。 やれやれ、一安心。

初めての土地なのに、車中からこのお店を発見しました。

「あっ! あのお店はどう? 何か、感じがヨサゲよ!」 と。 

 こういうのは、妙に臭覚が働くチーフです……。

Cimg2223 Cimg2225 Cimg2227 ランチタイムなので、どれも¥1000 前後です。

「早速、一軒 お店を見つけたねscissors

Cimg2228  食後のコーヒーとデザートが付いたランチは お安いです。

 小さい事だけど、少しずつ “自分の落ち着き場所” が、出来てきたら いつの日にか

“住めば都” になるのでしょう。 こうして、ブログ書きながらも ついウルウルに…weep

巣立ちました。

Cimg2238  我が家の長女が、この春 大学を卒業し社会人に なります。

 初めての一人暮らし。 親も子も 何だかドキドキheart02

アパートには、洗濯機、IH調理器、冷蔵庫、レンジ、エアコン etc.が 完備されてるので、身軽な引っ越しでした。

 食器やタオルやランドリーグッズなど いつしか彼女好みの色に変わるのでしょう。

それも又、楽し。 学生時代と違って、働いて、初めて企業から お金を頂くのです。

Cimg2240 たくさんの困難に出会うでしょう。 悲しい事も有るけれど…確実に成長するのです。 エールを送りますnotes

 アパート周辺は こんな感じ。

かなり、田舎です。 川沿いには 桜の木がいっぱい。

「もう、桜が満開でしょ? 花見を兼ねて 見に行くからsign01

と、理由をつけて 今月末に また、会いに行ったりして……happy01

 当の本人は…

 「まだ、ホームシックには ならないわ。」 とか

 「研修期間中に“恐い”と思ってたお局様は、意外と優しかったわ。」 とか

 「今夜は、スパゲティーを作ったのよ」 とか。 “おままごと” 真っ最中のようです。

季節はずれの雪?

Cimg2159  ある日、ふと庭に目をやると……一面の雪景色。

よくよく見ると……Cimg2164 木蓮の花びらです。

毎日、毎日 たくさん落ちます。 見上げると、木には まだこんなにたくさんの花が……sweat01

今、掃除しても おんなじネ! 次の日は、また同じような雪景色。

 そんな理由を 勝手につけて掃除をサボってますぅぅ。

Cimg2162  でも、ほったらかしの庭にも、ちゃんと 自分の出番を知って 毎年花を咲かせてくれる子供達も います。こんな風に…。 

いったい、我が家の庭には 何人の子供がいるのか 把握出来ずにいます…coldsweats01

長崎にも……本日、開花宣言!

Cimg2251  今日、1時間前に写した ソメイヨシノです。

数日前の、汗ばむほどの陽気。 一転して、真冬に逆戻りした ここ数日間。

「訳くちゃ、分からんsign02」 って、感じです。  でも……雨やどりから数分の場所に、海洋気象台があり、そこの庭に “ソメイヨシノの標準木” があります。Cimg2261

 それが……この木です。 足元に 白い立て札があります。

拡大すると…

Cimg2250  イマイチ、文字がはっきり見えませんが 間違いありません。

Cimg2249  テレビ局も数社来て、盛んに写していました。

「開花宣言は、間もなくですか?」 と 謙虚な態度で聞くと

「本日、出せれましたよ!」 と。 まぁ、何て ラッキーsign03 (プチ、幸せscissors) すると…

「どうして、写真を? 報道関係の方ですか?」 と聞かれ…

「いいえ、ただの…一般人ですぅ。」 と、これまた謙虚に答えました。

 すると……NHKの方からは

Cimg2255「写真を、撮ってる姿を 写させてください。」 と言われ

民放 (NIB) からは

「今日は、どうしてこちらへ? 趣味で写真を?」

と、インタビューされました。  突然のカメラにも、動じる事なく にこやかに答えるチーフです。

 つぼみもこんなに膨らんで、春の予感を感じる素敵な時間も すぐそこまで来ています。

やっぱり…銀嶺へ行きました。

Cimg2194  歴史博物館を出て、鼈甲体験や、ガラス体験の店を通り過ぎると、ちょうど お白洲芝居がある正面に 着きます。

Cimg2197 「そろそろお昼ね。 今日は、銀嶺でランチタイムしましょう…」

と言う事に決まりっ! メニューを見て、即決。

「龍馬ランチ下さ~い。」 

 Cimg2195  コーンスープと、かつおのたたきのサラダ。 新鮮で美味しかったです。

Cimg2196  メインは、ローストビーフとポテト、春雨とひき肉のパイ包み、それに いり玉子?みたいな……。

あとは、パンかライスを選べます。 ¥1200 です。

 美しい庭園を 眺めながら、ゆっくりとランチするのもお勧めです。

 友達は

「私、長崎に住んでるのに一度も、博物館には来た事がなかったわ。 今日は、本当に楽しかった~。 お声をかけてくれて有難うheart02

 と、お礼に このランチをご馳走になりました。 うふふ……ちゃっかり者のチーフですscissors

寸劇も人気です。

Cimg2176  館内は、テーマごとに 色んな展示があります。

“長崎奉行所の 一年” では、Cimg2173 執務中の場面や、長崎くんち、出島の荷受。

右写真は、オランダから 送られた象に驚く人たち。

木目込み人形になってて、手が込んでます。

Cimg2182  そして、どうせ行くのなら 絶対に土日曜日に 行く事をお勧めします。

Cimg2183  奉行所内の お白洲芝居がとても面白いんです。

かなりの年令の出演者 (写真を、クリックすると 一目瞭然でしょ?) の皆様の演技に、大笑い。 はっきり言って、ちょっとダサいんです。 が……それが、Good!なの。

 皆様も是非、見学コースに 入れて下さいね。

今回は “不思議な三人の龍馬” と “いろは丸事件” の話しでした。

こんな写真も 撮れます。

Cimg2188_2 Cimg2180  「まぁ、チーフったら ドサクサで福山さんと2ショットですね。」

と、誰かさんの声が 聞こえそうですhappy01

 館内は、比較的 写真撮影は可能でした。 むしろ ほんの一部を除く が、少ないくらいです。

あれこれ写してると、スタッフの方が

「福山さんのファンですか?」 と、聞かれ 思わず

「いいえ、あくまでもプチです……sweat01」 と、素直でない私。

Cimg2178  すると、「あぁ、そうですかぁdown」 みたいなテンション。

私は、心の中で

「何故? どうして私に聞くの?」 の思い。

しばらくすると、その質問の意味が分かりました。

 他のお客様が、この福山さんの前で写真を撮るのを見て

「写真だけ撮るのは、肖像権等でいけません。 が、写真をバックに2ショットで 撮るのはOKです……」 と。 「な~んだ! そんな意味?」 と私。

 それで…まだ、舌も乾かぬ内に

「あのぉ~、2ショットで 写真のシャッターをお願いします。ヘコヘコcoldsweats01

の私。 そんないきさつで、撮った写真がコレです。 あと、一歩前に出たら もっと、実物っぽい写真になったのに……。

 他にも、全出演者のサインが あったり、 龍馬伝の撮影裏話など、たくさんの資料も展示されています。

 長崎へお越しの節は、またこんな長崎もお勧めです。Cimg2190 Cimg2189

長崎歴史文化博物館

Cimg2193  やっと、念願の “龍馬伝館” へ、出掛けました。

ずっと、ずっと 行きたかった場所です。

左が、坂本龍馬像。 風頭山に建つ龍馬と 寸分も違いません。

右が、岩崎弥太郎像。 高島に建つ像と同じです。

 入って、直ぐに この2体の像が迎えてくれるので 迫力があります。

Cimg2192  “龍馬伝” の題字の作者 紫舟さんの書も 飾られてありました。(先日、彼女のトーク&ライブが ありました。)

縦2メートル×横1.5メートルの立派なものでした。

Cimg2170  売店には、素晴らしい “長崎刺繍” も飾られています。 手には Cimg2171 触れる事は出来ませんが、本当に間近で見れますよ。 登り龍の力強さが 伝わってきます。

 入場料は ¥500

でも私は、先日の 大江戸博物館に負けないくらいの、安さだと思いました。

見るものがいっぱいで、飽きる事がありません。

 さぁ、ご一緒にいかがですか?

今日も……島の話題です。

Cimg2169  先日、郵便受に こんな立派な冊子が 入っていました。

「へぇ~、さすが 今まさに、時の人。 龍馬や軍艦島かぁ。」

と思いながら ペラペラとページをめくりました。

 そして、Cimg2166 あるページで 私の目が “点eye” になりました。

ほらっsign03  私達が、愛して止まない島……詩島が。

こんなに、はっきりと表示されています。

 “長崎市も認める 詩島” ですね。

何だか、嬉しくなったので 皆様にもご紹介したくて…。

因みに…(さださんが)

「ゴルフへ行くときは、詩島から直接 船でゴルフ場の 海岸まで行かれるんですよ!」

 と、管理人の坂本さん。確かに、そのコースが はるかに近いですものね。

今度は……伊王島。

Cimg1937_2  大波止ターミナルに、無事 帰ってきましたsweat01

 Cimg1936_2 午後からは、今度は 所要時間17分の船の旅で、伊王島へ全員で食事会へ行きました。

ターミナルには、軍艦島のジオラマが精巧に作られています。

これを見るだけでも、当時 繁栄してた町の様子を 垣間見る事が出来ると思います。

Cimg1945_3   さて、伊王島までは コバルトブルー号で行きます。 比較的大きな船だったので 今度は大丈夫でした。

Cimg1939_2 Cimg1941_2 この不思議な形の器。

タジン鍋といいます。

野菜本来や、魚介類から味が出ます。1滴の水さえ入れませんが、7分後には こんなに美味しそうに出来ました。

ここは、オリーブ栽培でも 有名です。オリーブオイルやオリーブの実も入っています。

まさに、ヘルシー鍋ですね。

 先日の、佐田玲子さんのブログにも

「タジン鍋を 買いました~」 と、載ってました。 玲子さん、美味しく出来たかしらん? 

   やすらぎ伊王島のHPです。こちらもお勧めの宿です。 http://www.ioujima.jp/

遂に “軍艦島” じゃぁ~

Cimg1908  2月の ある雨の日。 

「長崎人として、一度は 軍艦島を見に行こう!」 と言う社長命令 (?) で、あいにくの天候の中 社員全員で参加しました。Cimg1930

 ちょっと小さめの この船に40人が 乗り込みました。

若いカップルや、熟年カップル、学生達……他にも乗船者は様々でした。

片道 30分の船旅です。

けっこう、スピードを出して走るので 白波立つ中 揺れる!揺れる! 船に弱い私は ちょっとヤバイ感じになりました。

Cimg1924  途中、三菱ドックの説明や、神の島教会のマリア像、女神大橋……など、長崎港には まだまだ魅力が いっぱいですheart04

note 外国船 汽笛響く  灯台にもたれ ひとり 

 “遠くへ” と、想い馳せた18の夏~note

 福山雅治さんの歌 “18 エイティ~ン” の歌詞通りの灯台も ありました。

 あぁ、やっと軍艦島が見えました。 嬉しいっsign03 本当に、軍艦の形なんだぁ~。

 しかし、この波からして “悪い予感”downdown

「え~、ただ今 船長の判断で ドルフィン桟橋への波が50㌢以上あるので、本日の上陸は 中止になりましたぁ」 と。

「何ですって? ショック!ショック過ぎる……crying」  私は もう、塩をかけられた ナメクジ状態です。 Cimg1915 Cimg1918  その後、最接近して 建物の アレコレを説明されましたが “話し半分” しか聞いていません。

Cimg1921 Cimg1922 

 それでも、ブログ魂が素晴らしい私 (自画自賛?) は、オエオエなりながらも、カメラの シャッターは 押し続けました。

 軍艦島レポートを、楽しみにしてた皆様方……、今回は これにて お許しを。

 しかし、私は 帰りの船の中で誓いました。

「必ず、リベンジ するぞ~~sign03」 って。 私って、意外と “負けず嫌い” かもbleah

 どなたか、 軍艦島上陸が出来た方、是非 こちらのブログで ご紹介下さいませ。

雲仙地獄

Cimg2114_2   「せっかく雲仙まで来たから、 久しぶり 地獄めぐりをしましょう。」

と、二人の意見が一致しました。  地獄見学の入場料は無料です。 でも…駐車場代が必要です。

 そこら一帯に、独特の 硫黄のニオイ。(私的には “臭い” ですが、友人は “匂い” と言います。 日本語は、語彙がいっぱいあって 素晴らしいです。)

Cimg2115 まるで、旅館の庭のように 間近かに地獄がせまっているでしょう?

Cimg2111  この、吹き出し口に 生卵を置いて 約10分で 温泉玉子が 出来上がります。

(ゆで玉子の事です。)

こうゆうものは 今!ここで食べるのが一番美味しいので 早速、私達も購入しました。 4個 ¥300 です。 大自然の中で食べる ゆで玉子は 美味しかぁ~。

Cimg2116  微笑ましい看板も 発見しました。

Cimg2125  至る所に 源泉が ボコボコと、沸騰してます。

恐る恐る恐る覗き込むと 足が すくみそうです。

 「久しぶりの 地獄めぐりも楽しかったね。 さぁ、今日も一日 遊びました。 帰りも 安全運転で……」

と、言う訳で 1時間少々の帰り道は、橘湾に沈む 夕日を見ながら 帰りました。

ライブラリー

Cimg2103  講演会も感動の内に 終わりました。

ホテルスタッフの方々は、とても感じの良い 対応でした。

「宜しかったら、お時間が許す限り 館内を見学されませんか?」 と。

Cimg2108  好奇心旺盛で、ブログネタを 常に追求する私にとっては、願ってもない事です。

静かな時間が、ゆっくりと 流れていました。 洋書ものもたくさんありました。 

 そして “日本の国立公園”  “焼き物紀行” “心を癒す高山植物” “美しい暮らし方” “センスある小物たち” “田舎に暮らす”  などなど、どれも私好みの本ばかり。

 一日中 木漏れ日の中、本を読みながら過ごす 贅沢な時間が ここにはあるようです。

 「今度は、是非! 泊まりたいわね。」

 と、友人と話したものです。

 

Cimg2105  Cimg2106  夏は、避暑地として 有名です。 今年の夏は 雲仙で 一泊過ごしてみませんか?

 「長崎 ⇔ 雲仙」 間を 1日2往復 ¥1200 で行けるバスも ありますよ。

“美しい日本語を体で味わうために…”

    先ずは、雲仙観光ホテルのHPを ⇒ http://www.unzenkankohotel.com/

 なんとも、素敵な アルプス地方のホテルみたいでしょう?

Cimg2151  さて、会場で頂いたパンフレット。

サン・テグジュペリの “星の王子様” です。 原題は “プティ プランス” 小さな王子です。

恥ずかしい事に、私はあまりにも有名なこの絵本 (と、言うくらいだから 子供向けの絵本と ずっと思っていました。) が、美しい日本語の朗読を 聞くうちに、まさにこれは

「哲学本」 とさえ思いました。 皆さんは、本の内容をご存知でしょうか?

 可愛い挿絵の この本を書店で見かけたら 是非sign01手にとって、読んでみてください。

 Cimg2093「心で見なくちゃ、大切なものはよく見えない。」 

 「水は心にだって 美味しいんだ。」

 「砂漠がきれいなのは、どこかに井戸を隠しているからなんだよ。」

 などなど、たくさんの 名文句がありますよ。

 こんなに、素敵なダイニングで開催されました。

Cimg2096 午後のひと時、ティータイムを楽しみながらの、朗読会です。

星の形をしたクッキーも、ちょこんと添えられています。

 Cimg2097  朗読者の 幸田弘子さん。 上記のパンフレットの お写真と あまりにも違ったので ビックリsign03

美しくて、上品で、一人で何役も こなされる凄いお方でした。 幸田さんは、

 朗読は、美しい日本語を、あなたの一番深いところに届けるための、声による演奏なのです。

 と、話されました。 素晴らしい時間に ご縁があった事に感謝です。

 

雲仙観光ホテル

Cimg2084  小浜温泉から、くねくね山道を 約30分車で走ります。

昔からある温泉地です。 今日は、こちらのホテルでCimg2078  こんな素敵なイベントがあります。

 少し、早めに到着したので ホテルの近くを散策しました。 お向いには ビードロ美術館が あります。

ガラスの絵付けや、マイ グラスも体験出来ますし、その奥には 日帰りの温泉施設もあります。

 Cimg2087   今年、75周年を迎えるこのホテルは、館内のあちらこちらに クラシカルな雰囲気が 散りばめてあります。

Cimg2090  大切に使いこまれたテーブルセット。 

Cimg2092   自然光が、差し込む重厚な階段。

2階フロアーは 宿泊棟になってます。

まもなく、開演時間です。 さて、どんな朗読が聞けるのでしょうか? 楽しみです……shine

小浜温泉。 うわさの……

Cimg2131  福井県小浜市も有名だけど……長崎県小浜町も有名ですよ! 先月、平成22年2月2日に OPENした、 日本一長い足湯 です。

昼過ぎに、この前を通過した時は もう長蛇の列。 凄いの、なんのってsign03

Cimg2136  橘湾を望む、海岸沿いに 102メートルの足湯です。

日曜日と あって、家族連れやお年寄りの団体、仲良しカップルなど様々。 のんびり、穏やかな 海を眺めながら 疲れた足を こんこんと湧き出る “掛け流しの湯” に、浸かっていました。

Cimg2135  ふと、誰かの声が聞こえました。

「ねぇ、折角なら、川下より 川上に 浸かりたいわspa

と。  なるほど~~。

 色んな人が、暖ったまる足湯。 ちょっと、神経質な人は 無理かも知れませんね。

私は、A型だけど……まったく気にならないタイプです。

だから、最後のお湯は ペットの湯 です。 能率よく考えてありますね。Cimg2138

間もなく、夕日が沈もうとしています。こんな素晴らしい景色を見ながら 足元から幸せ気分になれますよ。

Cimg2140  

 勿論、入場無料です。 Cimg2141 小浜温泉も歴史が長く、老舗のホテルや旅館がたくさんあります。 長崎市内から、車で約1時間。

レンタカーを借りて、時には こんな “長崎” もお勧めですよ。

Cimg2144

 

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »