2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« “軍艦島” を世界遺産に……! | トップページ | 20th Aniversary »

こんなに 生き生きと暮らしていました。

Cimg1339  有名な 藤城清二さんの  軍艦島の版画です。

テレビで取り上げられて、ピースミュージアムの入場者も 連日多いとの事です。

石炭を掘削する シンボル的鉄塔には、小人がちょこんと乗っています。 藤城さんの 世界ですね。

Cimg1340 島の子供達も、

島のおばさんも、皆 たくましく生きています。

Cimg1341  すべて、この島だけで生活が出来るほど、

映画館も、病院も、神社もお寺も、公民館も ありました。

Cimg1342 ひしめきあった、アパートの屋上も 立派な遊び場です。

Cimg1343 もう、かれこれ35年ほど前になるでしょうか?

まだ、学生だった私は、仲間と一緒に 

「閉山する 端島を 記憶に残しておこう…」

 という、思いで カメラを提げて、上陸しました。 まさに、

この写真のとおりの風景が そこにはありました。 帰りの船の中で

「端島の人たちは、もう 帰る故郷が ないんだなぁ~」 と、ポツリと言った 先輩の言葉が 忘れられません。

Cimg1344  小さな桟橋は、いつもこんな 荒波が舞っていた事でしょう。

それでも…島の人達にとっては、唯一の 窓口でした。 

« “軍艦島” を世界遺産に……! | トップページ | 20th Aniversary »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« “軍艦島” を世界遺産に……! | トップページ | 20th Aniversary »