2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 陶器展 | トップページ | 洋館 M邸 »

土ものの器

Cimg0883  作者は、中村哲見さん。

長崎市内の 田手原 (たでわら) に工房を お持ちです。

一つ一つが、手作りで その暖かさが伝わってきます。

お値段も、お手頃です。 お湯呑茶碗も ¥1000~

手の平に ほっこりと入る抹茶茶碗も 私が買えるお値段でした。 記念に 一つ買おうと思います。

Cimg0880 クラシカルな洋間に、土ものの器が とても映えます。

展示ものの先には、暖炉が見えます。

今、このブログを書きながら お隣りの大家さんに聞きました。

Cimg0881 「もう、この暖炉は使ってないのですか?」

 「これは、石炭使用だから……。最近まで薪を使ってたけれど、パチパチと火の粉が飛んで危なかった…」

 と。そして……

 「雪の日は、煙突から入って来た雪が 部屋の中を舞ってたよ。」

 ですって。 まるで、雪と一緒にサンタクロースが降りて来そうな煙突ですね。

 朱塗りの盆には、つる首の一輪挿しが、似合っています。Cimg0898 

ツリーの形をしたランプ。

 何だか、光さえ暖かいです。

Cimg0884

« 陶器展 | トップページ | 洋館 M邸 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 陶器展 | トップページ | 洋館 M邸 »