2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 「そうだ、京都へ行こう!」 その④ | トップページ | 「そうだ、京都へ行こう!」 その⑥ »

「そうだ、京都へ行こう!」 その⑤

 お茶会も無事終わりました。

ライトアップされた、高台寺の広い庭園は、見応えがあります。

真っ先に飛び込んだ、景色は……臥龍池に写るたくさんの木々でした。

以前、初めてこの景色を見た時は、もう心臓が止まりそうでした。 漆黒の闇の中、水面に映るそれは まるで “奈落の底” を見るようでした。

 その時は、そこが、池とは知らず

「何て、終わりのない深い谷なのでしょう! ここに落ちたら もう最後ね!」

と、凍りつく思いでした。 でも……今回は、少し違ってました。

Cimg6228 外気の気温にも左右されるのかも知れません。

今回は、比較的暖かい夜でしたから…。

 右は、臥龍池に架かる “臥龍廊” です。 屋根の形や

瓦が まるで龍の背に似てるからこの様な名が付きました。

Cimg6223 秀吉と北政所をお祀りしてる場所が “霊屋 おたまや”。

霊屋の扉から、外を見たところです。

秀吉像と北政所像が、左右にあり それを囲む華麗な蒔絵は 必見です。

Cimg6225  見事な天井絵です。

龍が 邪気を払い、また守り神として 何百年も この場所に鎮座してるのです。

園内には、多くの 重要文化財があります。 が……

昼間の明かりの中で見る それとは違って 夜の拝観もちょっと スリリングで趣があります。

Cimg6236_2  ライトアップされた竹林は、如何でしょう?

貴方も、次回は 是非この高台寺の茶会に参加してみませんか?

通り一遍の京都ではなく、“大人の旅” の京都も好きです。

 次回は、“夕涼み茶会 陣中席” 7月24日~8月2日 金・土・日 です。

 秀吉が戦いの前に 武将たちに茶を振舞った と言う故事に因んだ 高台寺独特の茶会です。 大きな道具は、見応えがあります。 お一人様 5800円

« 「そうだ、京都へ行こう!」 その④ | トップページ | 「そうだ、京都へ行こう!」 その⑥ »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「そうだ、京都へ行こう!」 その④ | トップページ | 「そうだ、京都へ行こう!」 その⑥ »