2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 私好みの…… | トップページ | 今夜は「満月」 »

「からゆきさん物語」

掲示板でも、ご紹介しましたが この度、長崎県の郷土作家・宮崎康平氏の 思い入れの深い本が出版されました。

Cimg5115 これは、「からゆきさん」 (当時は唐はマレー半島のクアラルンプールやシンガポールあたり。貧しい農家の娘さんが口減らしのため、身体を売って異国の地へ行くこと。) の、実録を元に 書き起こした小説です。

まだ、康平さんがお元気の頃、昭和33年、の梅雨明けのある日 友人の吉田安弘氏が一人の お婆さんを連れて来た。かねてより

「凄い からゆきさんを見つけましたよ!」

と言う、噂は聞いていたので 康平氏は大喜びで、お二人を二階の書斎に講じ入れたという話しは有名です。

 「風に立つライオン」の出版元 不知火書房より10月4日に発行されました。

332ページ。 ¥2,625 (税込)

すべて、手打ちで活字を入力する手間 (最近の作家は、パソコン入力で 簡単に印刷まで出来る) 事と、発行部数の関係で、この値段になりました。

「どうぞ、ご理解下さい。」 と、不知火書房の弁。

 なかなか、読みやすい内容です。Cimg5114

 3年前に、102歳で亡くなった 私の義祖母は、口ノ津出身でした。 おばあちゃんから

「私の子供の頃は 口ノ津の港から、からゆきさんが船で行きよんなった。」

と、聞いた事がありました。 決して、大昔の話しではなく

明治・大正時代の出来事です。

 是非、映画 「まぼろしの邪馬台国」 を、見た感動で、宮崎康平氏の作品も読んでみませんか?

【雨やどりにて、発売中!】

« 私好みの…… | トップページ | 今夜は「満月」 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。お久しぶりです。宮崎から森下です。不知火の彼が、雨やどりに本を置いてきましたと電話があったので、久しぶりに思い出して、HPをのぞかせてもらいました。すてきなHPに変身されたのですね。長崎の写真がいっぱいで懐かしいです。

そういえば、「夏長崎から」が、終わってしまって、長崎市まで行ってません。なかなか行く機会がないのが残念です。夏まだまだ長崎から」応援しないといけませんね。

ではでは。また、お邪魔します。

森下先生、お久しぶりです。
はい、不知火書房の米本さんがお見えになりましたよ。 見上げるくらいの大きな方で、私と言えば、まるで“大木に停まった蝉”みたいでした…笑

 どんな理由であれ、“雨やどり”を思い出して頂き有難うございます。
“魂の継承”と言う事で 【夏・まだまだ長崎から】を頑張っています。 森下先生も 是非!応援くださいね。 また、長崎にも遊びにいらして下さい。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 私好みの…… | トップページ | 今夜は「満月」 »