2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

私が好きな長崎

 先日、“夏・まだまだ長崎から” の会議が始まる時間より 早めに到着したので、NBC長崎放送の近くを 歩いてみました。

子供の頃、いとこが住んでいたので よく泊りがけで遊びに行ってました。 だから、この町を歩けばとても懐かしい気持ちになります。

しかも…その家はまだ残っていました!

今は全く知らない方が住んでいるようです。が…ぼんやり 間取りも覚えています。

「こんにちは~」 と、お尋ねしたい心境です。Cimg4331

 いいえ、この家ではありません。(念のため)

が、この界隈にはまだ こうして長崎の家を大事に守って住んでいらっしゃる方も居ます。

 だから、こうして 【高層マンション 建築反対!】

の看板を随所に見ます。 この、塀の素敵な事!

Cimg4326_2  この先には、諏訪神社や長崎歴史博物館などがあります。 つまり…長崎奉行所跡なのです。

長い歴史の中で作り上げた その町 ならではの特色が確立されたのです。

古いものは壊す→便利で合理的なビルを建てる

もう、こんな 方程式は止めたいですね。

Cimg4334  こんな、碑もありました。

斉藤茂吉氏の住居跡です。 ちょっと、写真が見づらいですが…

大正6年に、長崎医学専門学校の教授として来崎され、

大正10年までこの地で過ごしたそうです。

 茂吉さんの歌碑も、長崎のいたるところで見る事が出来ます。 文学散歩……なんていかがでしょうか?

ハガキが届きました。

Cimg4319  さだまさしさんの、ファンからお便りが届きました。

毎年、 “夏・長崎から” に参加される方です。

「……、先日 この絵はがきを見つけました。 嬉しくなって、お便りしました。」 と。

 いいえ、嬉しくなったのは私のほうですよ。

 ハガキは、「雨やどり」でした。

 突然、降り始めた雨に まだあどけない子供達が、ひっそりと雨やどりをしています。

 風の画家……さださんが、初めてそう呼んだ画家の作品ですね。

Cimg4318  今から約30年ほど前に 「帰去来」 のアルバムを制作してたスタジオの1階に喫茶店がありました。

そこの壁に飾られた絵が、この雨やどりでした。

そして、当時 無名だった中島潔氏の作品が 初めて世に売れたのがこの絵。 もちろん!さださんが初めてのお客様でした。

 この本には、中島潔さんの作品が 約100ページにわたり 美しい色彩で収録されています。

 実は、この本も数年前にファンの方から頂きました。

しかも、この「雨やどり」のページに 中島潔氏の直筆サインがありました。 お気持ちが嬉しくて……。

今でも、雨やどりの大切な大切な宝物です!!

梅雨真っ最中。

Cimg4237  皆さんの町は、今日も雨ですか?

長崎も、ずっとずっと雨ばかり。 しかも……6月下旬とは思えないほど、冷たい雨が降っています。

観光客もほとんど通らないし、何だか

「虚~しく、悲~しく。」 なりますね。

 そんな時は、思いっ切り 【雨】Cimg4298 に浸ることにしています。

さださんの、三部作 「雨の章・夢の章・虹の章」 の一部。

もちろん こんな日は 「雨の章」 です!

 カフェド・マサシ コーナーで、一人ゆっくり 雨の長崎を眺めながら ♪本当は泣きたいのに~

と、口ずさんでいます。 ちょっと、アンニュイな雰囲気。

(小粒だけど…) 大人の女を演じています。 うふふ

○○さんちのジャム その②

Cimg4225  先日、高島トマト祭り で、たくさん収穫してきたトマト。

まだ青々してるトマトさえ ちぎってきた 主婦魂まっしぐらの私……汗。

あの時の、達人主婦が教えて下さった通り……

陽が当たる縁側に置いとくと、本当に1~2週間で、真っ赤に熟しました。

Cimg4223 こんな風に……。さすがに毎日がトマトメニューだった我が家は 全員が、少々“飽き気味”の様子。

そこで……またまた、ひらめきました。

「そうだ!ジャムを作ろう!!」

 作り方をパソコンで検索し、、早速 実行。

Cimg4307 右がジャム。

「お味の程は…?」 と、みなさん興味津々?

「もちろん、もちろん、グー!!」 よ。

(もともと、糖度が12度以上もある品種ですから)

 左の容器は、トマトピューレを作りました。

こちらは、スパゲティやピザのソースを作る時に大助かり!

 そんな訳で、ビワもトマトも「最後の一つ」まで、無駄なく大事に使い込んだのが……プチ自慢かな?

○○さんちのジャム その①

Cimg4113  初夏の宝石……枇杷。

もう、長崎の露地ものの枇杷は、終わってしまいました。

我が家のビワも今年は、たくさんの実をつけて楽しませてもらいました。

Cimg4224  色んな鳥が飛んで来ては、まっ黄色に色付いた枇杷の実だけを、つつきに来ます。

 せいぜい取れて、一回分で これ位。 これが、一週間ごとに収穫します。

そうそう、食べれるものではありません。

そこで、ひらめいたものが……ビワジャム です。Cimg4290

初めての挑戦でしたが、パソコンで “びわジャムの作り方” って、検索すると……もう いっぱい 載ってます。

 そして、作ったのが じゃ~ん!

とても美味しく出来ました。こんなビンに3個。 こうして、ヨーグルトにかけると、甘くて爽やか。その上、いつまでもビワの色が変色しません。

私って…私って…ジャム作りの…天才かも~ぉぉ。

長崎の町家…和食「よひら」

Cimg4247  長崎・思案橋から丸山町方面へ行きます。

カステラの老舗 “福砂屋” の本店があります。 そこを、通り過ぎると 突き当りには、有名な 史跡料亭 花月 があります。

そんな、長崎の古い歴史のある町の一角で、ランチタイムをしました。

ここは、もともと 料亭でした。 が……Cimg4245 20年近く空き家状態でした。

が、数年前に手を入れて、もともとあった形状はそのままに活かし 見事復活しました!

Cimg4246 こうして、レトロな雰囲気も残っています。

Cimg4241 一口サイズのお料理が、たくさんの種類 籠盛りされています。

今日は、このメニュー。 お値段は ¥1500 です。

他に、豚バラの陶板焼き。 又は湯豆腐とメインを選びます。

 

Cimg4242  デザートは、抹茶ムース or おしるこ。

美味しいコーヒーも付きます。 女性を意識した、量と品数。  

「また、行きましょうね!」 と言う気持ちになりますから…。

大徳寺

Cimg4252  また、行って来ました。

すぐ近くで、美味しいランチを頂き お腹いっぱいになったので、 

「少し、歩いてみましょう…」

 と言う事で。

美味しくて、ボリューム満点の梅が枝餅は、Cimg4253 4個入って ¥600 です。

「さるく博の 丸山コース」 に入っていて、当時のままの様子を垣間見る事ができます。

「大徳寺の大クスの木」 も有名です。

樹齢は800年と、言われますが

(一緒に居た) 大木大好きさんがおっしゃるには……

「いやぁ~、この木は800年以上は経過してるはず。しかも こんなに保存状態が良い大木 は、そうそう滅多にないわ!」 

 と かなり気に入って、樹皮を 優しく“トントン”と調べているようでした。 いかがでしたか?

Cimg4250  大人が両手を広げても、10人で 一周出来るでしょうか?

800年生きた クスの木 は、堂々として威厳があります。

この木の周りには、妖精が無数に飛び交っているかも知れませんね。

 美味しい“マイナスイオン”を、たっぷり頂きました。

デザート代わりに……笑

レイコランド cafe

Cimg4295  昨日の長崎新聞の “声の欄” に載っていました。

嬉しくって、思わず 皆さんに紹介したくなりました。

 この文章を読んで、この公開録音がいかに、楽しくて、暖かくて、玲子さんのファンへの心使いを 感じられる事でしょう。

 ラッキーにも、当選して参加出来た方は……

「うん、そうそう! そんな楽しい時間だったわ。」 と改めて思い出し、

「悔しい~!! 何が何でも行くべきだったわ!」 と悔やまれた方も居るでしょう。

 そんな貴方も、こんな貴方も、この日収録のラジオが来週あります。

    6月23日(月曜日)30日(月曜日)

    いずれも  21時10分~22時 

 「長崎ではないから、無理です~」 と言うあなた。 インターネットでも見れますよ!

         http://www.adapt.co.jp/reiko/radio.html

ふるさと心の風景

Cimg4277  今、全国の郵便局で こんなに素晴らしい切手シートが販売されています。

さださんと親交の深い原田泰治さんの、素晴らしい故郷の絵が切手になりました。

80円切手が10枚入って、30ページ余りの解説本付き。

これで、何と! ¥1,200 です。

この 第一集は“夏の風景” で、5月に発売されました。

次は9月1日。 第三集は、11月4日。 ラストは、3月2日。 春夏秋冬の風景が見れます。Cimg4278

ページを開くと、それぞれの絵について解説があります。タイトルが “ふるさと心の風景” とあるように、懐かしい風景・建物・食べ物・色 など、どれも心を “ほっこり” と 包んでくれるものばかりです。

 まだの方は、是非 郵便局にて お求め下さい。

大切な、宝物になることでしょう……。

どうしても、気になるのです…。

Cimg4283  無理やり、用事を作って駐車場へ行きました。

何と!何と! 巣には、たった一匹だけ。

いったい、他の兄弟たちはいずこへ……?

(たぶん…) 末っ子の、このツバメは 飛ぶ勇気がないのでしょうか?

私は、気になって下から、声を掛けました。

「さあ、飛んでごらん!お兄ちゃん達はみんな飛んで行ったわよ。」 って。

Cimg4285 しばらく二人で押し問答 (ちょっとオーバー?) してたら……なんと、兄上様たちが帰って来ました。

巣に帰ってきては、また 飛び立ちます。 ほんの、そこらへんを一回り!って感じです。

 飛ぶのが楽しくってしょうがない。 って様子です。

兄上達は、巣に一人残ってる弟に、何やら話してます。

Cimg4286 そして、しばらくすると……じゃ~~ん!

 なんと、末っ子の坊やも勇気を出しました。

「まぁ、素敵っ! さあ、思いっきり飛んでご覧なさい。」

と、エールを送りました。 

 それからの、行動は ご想像どおりです。

一周飛んでは巣に戻り、飛んでは戻り、しながら 練習を繰り返していました。

こう毎日、変化があるなら一日たりとて 見逃す訳には行きません。 困った!!

Cimg4232  ツバメちゃんと全く関係の無い写真です。

昨日・今日と 写真が地味だったので、今が一番美しい、

額紫陽花を、ご覧下さい。

子ツバメの冒険

Cimg4275  お馴染みの “ツバメファミリー” です。

今朝の様子は…こんな感じ。 随分 大きくなった子供達は、もう この家がそろそろ狭くなった頃です。

Cimg4280  そして、たった今!

忘れ物を取りに、車まで戻ったら……なんと!

子ツバメの一人が巣の外に……!

残りの4匹は、キットこう言ってるのかも知れません。

「お兄ちゃん、大丈夫? まだ、飛ぶには早いし、ママが帰って来たら叱られるよ。」 と。

 この光景を見て、直ぐに思い出した絵本があります。

【こすずめのぼうけん】 です。まだ、子供たちが小さい頃に 毎晩読み聞かせた絵本です。

 ちょうど、このツバメ達みたいに 巣で育てられた小すずめは、そろそろ旅立ちの日。

ある日、ママが…

「さあ坊や、今日は初めて飛ぶ練習よ。 まず、あの生垣まで…」 と言います。

ドキドキしながら勇気を出した小すずめちゃんは、思いのほか 良く飛んだので

「わーい、ここまでも飛べたから、もう少し先まで…」 と、どんどん巣から離れて飛んで行きます。 ふと、気付くと…見知らぬ場所。しかも、もう夕暮れ。

 坊やは、急に心細くなります。 さあ!それからです。自分の家を探しに戻りますが…

そうそうに簡単ではありません。

 あひるの家に行くと 「“ガァガァ”と鳴いてごらん?」 とあひるのママが聞きます。

「“チュンチュン”しか鳴けないんです。」 と坊や。

 次はノガモの家。ここも、やっぱり鴨の鳴き声は出来ません。白鳥の家に行ったり、コウノトリの家に行ったり…。 もう、スズメは、身も心も疲れ果てました。

 すっかり、夜になりました。 暗闇の中で、灯りが点いた家に……

「もう僕“チュンチュン”としか鳴けないんですぅ。ウルウル…」 すると…

「えぇ、それでいいんです。うちは“チュンチュン”と鳴く鳥の家なのよ! …坊や~、どこに行ってたの? ここが、あなたの家ですよぉぉぉぉ~」

「ママ~」 と、親子で無事を喜び合うのです。 子供達はこの、ラストシーンが大好きで、

このシーンが近づくと、今か今かとドキドキしながら出番を待ちます。

 そして、母子で毎晩 このラストシーンの臭い芝居をしては、満足しながら深い眠りにつきました。 懐かしい、懐かしい思い出です。

 今更、【こすずめの冒険ごっこ】をしても、二人の娘は「ふんっ!」 と、鼻で笑われるでしょう……少し、寂しくなった子供の成長です。

高島トマト祭り

Cimg4214  高島のもう一つの産業が、養殖です。

今日は、この祭りに彩りを添えて、平目の販売がありました。 体長が約35センチくらいの平目が、¥1500 です。

また頭の中で 「あの人・この人」 の顔が浮かび、2匹お買い上げです。 但し、

「5枚に下ろして差し上げます!!」

の言葉があったからです。

去年、丸ごと一匹買って、5枚に下ろすのに台所中生臭くなり、1時間も格闘しましたから…。

Cimg4209  広大なトマトハウス。

パワー溢れる皆さんが、たっぷりトマトを採ったあとです。

「ツワモノどもが、夢のあと~」 って、感じです。

Cimg4211  わずかに残ったのは、青い青いトマトでした。

まさか、こんなに青いのは、追熟は無理でしょう。

 この日の夕食は……高島づくし でした。

美味しかった~!!

高島トマト祭り

Cimg4207  今年も、やっぱり行って来ました。

「本当に、好きねぇ~」

と言われそうですが……高島トマトが大好きなんです。

 この日は、あいにくの雨模様。 大波止ターミナルから、船で行きます。 この日、高島へ行く人々の長蛇の列!

皆さん、張り切っています。Cimg4208

 島をあげての歓迎モード。ほのぼのな空気。

 今年は、私も去年の経験を活かして 、キャスター付きのバックを持参。首からは、紐付きのかごバック。

ハサミでちぎっては、かごにポン! かごにポン!

袋いっぱいになりました。   本日の収穫です。 

Cimg4223_2 「えっ? たったこれだけ? 大騒ぎしたわりには…」

と、言われそうですが…。 家に帰るまでに、あの人・この人 と お裾分けして、寄り道してる内に、これだけになってしまいました…汗

 でも皆さん大喜びされたから、満足・満足…!

“トマトの冷製パスタ”“トマトサラダ”“トマトグラタン”etc

ありと、あらえる料理に活躍しました。Cimg4225

 実は…第二部のトマト達も、こうして出番を待っています。

 収穫してる時に、まだ青いトマトまでちぎってる人がいたのでビックリ。 聞けば…

「陽が当たるところに置いとけば、真っ赤になるとよ!」

と。 これは初耳でした。 半信半疑で、ちぎってきました。 すると……

さんさんと陽が射す縁側に並べたら、ほらっ!こんなに赤く色付きました。

 お陰で(?) 我が家のトマト料理は、まだまだ続きそうです…汗。

レイコランド・カフェ

Cimg4175  会場では、玲子さんを囲んで写真撮影がありました。

そして、帰りにはそれぞれが写った写真がプレゼントされます。 トロピカル調の可愛いガラスの額入り。

何と言っても、素晴らしいのは その額に玲子さんの直筆サインが入っている事です。

トークの中でも、盛んに

「昨夜は、ほとんど眠れなかった…。」 と話し、金山さんには

「あんたは、ゴルフで眠れなかったとやろぅ?」 と長崎弁。

 この日の参加者は、150名強。 全ての人々にサイン入りが行き渡るように、徹夜でサインをされたのですね?  大切に大切にしなきゃぁ。

Cimg4173 会場には、こんな楽しい「立ち位置看板」 が…

企画・制作は、 【夢’S cafe実行委員会】の皆さんです。

Cimg4189  この日は、レイコランド~関係がほとんど貸切状態。

2回分の収録と、玲子さんのライブショー、抽選会、バイキングのお食事。

至れり尽くせりの、一日でした。

野母崎ゴルフクラブ・NBCラジオ・そして玲子さん、お世話下さった皆さんに感謝!感謝!です。

 放送日は、6月23日。30日。 時間は21:10~22:00 

レイコランド・カフェ 500回記念 公開録音

Cimg4186  当初の予定より はるかに増えた参加者の皆さん!

大型バスも3台。 長崎より野母崎ゴルフクラブまでは、約50分の道のりです。

車内では、玲子さんとさださんの歌が、ずうっと流れ 心は既に“さだ兄妹”にマインドコントロールされていました。(笑)

長崎生まれの、長崎育ちの私も 久しぶりの野母崎方面までのドライブ。

海と山が交互に見れて楽しかったです。Cimg4178

 クラブハウスからは、何と! 軍艦島(正式名は端島) が直ぐそこに見えます。

あいにくの曇り空ですが…ちゃんと軍艦の形に見えるでしょ? 晴れたら、もっと鮮明に見えるのに…。

Cimg4179 グリーンも広々として、綺麗です。

残念ながら、私はゴルフはしませんが……これを機会に挑戦したくなりました。

Cimg4180 遠くに見える、島々。

一番左が、軍艦島。

真ん中が、中の島。 そして、右端が高島。→ここの、トマト祭りには、今年も行きました。

後日、ブログで紹介します…。

 こんな、美しい風景の中で、楽しい公開録音が収録されました。

6月23日。6月30日。 の2日分です。是非、NBC長崎放送のレイコランド・カフェをお聞き下さいね。  明日も、つづく…。

皆さん、お久しぶり~!!

 わーい、わーい、やっとブログが開通しました。

  自称 “長崎を守る会会長” の私と致しましては、長崎の情報を (たった、1週間でも) 流せなかった事は、とても心苦しく思っておりました。 これで…安心です。

Cimg4230  早速ですが……今、長崎の町のあちらこちらでは、紫陽花が満開してます。

グラバー園も、出島資料館も、シーボルト邸も、紫陽花の鉢植えがキレイに飾られていました。

これは、最近引っ越された お隣りさんの庭に咲いてる紫陽花です。今が、見ごろです。

 「主(あるじ)なしとて、春な忘れし…」 って、感じですね。

Cimg4232  こちらは、我が家の庭に咲いた “額アジサイ” です。

今朝、写しました。 雨に濡れた可憐なその姿が好きです。 青陶房の一輪指しの花器に飾ると、地味な玄関も素敵に演出できます。

Cimg4233 これが、全体の花。

すべて、一株のアジサイです。

 紫陽花寺の紫陽花は今が一番の見頃でしょうか?

 

♪今日ぉ 鎌倉へ行って来ましたぁ

遂に……子ツバメが誕生!!

Cimg4131  ほらっ!

黄色の口ばしを“ピーチクパーチク”鳴いてる子ツバメちゃん。

久しぶりの出勤で、車を止めたらいきなりコレです。

「あらっ? 遂に産まれたのね!」

って感じです。  雛って、本当に口ばしが黄色なんですね。 可愛い~!

Cimg4147  親ツバメが餌をあげる場面に出会いました。

あまりの早わざに、カメラを取り出すヒマさえ与えません。

カメラを構えて、10分くらい……(本当は、もっと短いのかも知れませんが、私にはとても長く感じたのです。汗)

やっと、親ツバメが登場。

5匹の雛は、

 「ママ、私に頂戴!」 とか 「僕の番だよ!」 とか 「○ちゃんは、さっきも食べたのよ!」 とか、話してるに違いありません。

 子ツバメが巣立つまで、目が離せないファミリーです。

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »