2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 島原半島 ぐるり旅 その③ | トップページ | 島原半島 ぐるり旅 その⑤ »

島原半島 ぐるり旅 その④

 小浜は、かつて 【夏・長崎から in 小浜】 が開催された場所でもあります。

たしか、普賢岳災害の後に、

 「島原半島の皆さんを元気にしよう!」

と言う趣旨で。 ゲストは……もう、皆さん良~くご存知ですね。

 海岸に沿って、広場があります。キット、会場はここだったと聞いてます。

今は、その先に 海上露天風呂 (茜の湯) があります。 公営だから、入浴料は たったの¥300

夕日が沈む頃に、入るのが大お勧めです。Cimg2898

お風呂と海が一直線。 (写真はイメージです。)

橘湾の夕日を、独り占め出来ますよ。

 小浜温泉街から、くねくね道を登っていくと、雲仙へ到着。 あたり一面、硫黄の香り。  嫌いじゃないけど……

ちょっと、キツイです。

 Cimg3435 レトロ感漂う、 雲仙観光ホテル。 

 当時、上海航路で来日した欧米人の避暑地として、

昭和10年10月10日にオープンしました。

館内は当時のまま、大事に手入れされてます。

Cimg3433 まるで、ヨーロッパのプチホテルに来てるよう……。

階段の向こうは、ダイニングルーム。 壁紙も、レトロ溢れる模様です。

Cimg3431  お部屋も拝見させて、頂きました。

 ラグジュアリーツインのお部屋で、ルームサービスも出来ます。 よく、芸能人がお忍びで、いらっしゃるそうです。

「えっ!例えば、どんな方が…??」

と、はやる心をグッとおさえて、静かに耳を傾けただけでした。   (何て、大人の女性でしょう……うふっ)

Cimg3434  エントランスロビーから、2階、3階の客室へ続く階段です。

 手摺りも、絨毯も、ガラス窓も、差し込む光さえ 歴史を感じさせてくれます。

次回は是非、泊まりたいですね。

« 島原半島 ぐるり旅 その③ | トップページ | 島原半島 ぐるり旅 その⑤ »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ブログを覗けば貴女の家の衣・食・住・休日の過ごし方までが手に取るようです、恵理子さん元気ですね、
元気印の恵理子さん、私にパワーを下さい。
結婚式以来、少々ノイローゼかうつ病か・・・・・

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 島原半島 ぐるり旅 その③ | トップページ | 島原半島 ぐるり旅 その⑤ »