2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« やっぱり…2人追加しま~す。 | トップページ | で、やっぱり…… »

古賀人形展

Cimg3041  長崎を旅した時、この人形をどこかで見た事がありませんか?

 題名は 西洋婦人 です。

長崎出島のオランダ屋敷、カピタン プロムホフ夫人だと言われています。 手を引いてる子供はヨハンネス。 まだ2歳の子供です。

 しかし、当時の日本は外国婦人の在留を、法律で認めていなかったので涙を呑んで、帰国したという逸話の主人公です。

 出島岸壁の、目と鼻の先に 「愛する夫」 「愛する妻子」 が数年振りに再会したと言うのに……。 そんな時代でした。

 その為、約80種類ある古賀人形の一つ一つにストーリーがあります。

 古賀人形は400年の歴史があります。中でも、16代 小川セイ さんの功績は大です。

二十歳で小川家に嫁いだセイさんの、歴史を読むと胸にキューンときます。

Cimg3042 ピースミュージアムでは、さださんがグレープ時代に訪れた、この古賀の藤棚の様子を見る事が出来ます。

他にも何点かカメラに収めてきました。

Cimg3045 Cimg3046

作品のいずれもが、土人形の持つ素朴で温かみが伝わってきます。 それに、黄、赤、青、白と大胆な色使いも温かみを感じさせます。

 なお、期間中は 販売もいたします。 種類によっては、数ヶ月待ちになります。 が、一つは欲しくなりますね。

« やっぱり…2人追加しま~す。 | トップページ | で、やっぱり…… »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« やっぱり…2人追加しま~す。 | トップページ | で、やっぱり…… »