2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 聖福寺 | トップページ | 聖福寺 その3 »

聖福寺 その2

 聖福寺の境内には、色んな碑があります。

Cimg2295  これは、異国の地へいく、お春さんの悲しみを思う歌の石碑です。

Cimg2294 吉井勇の句がこの石碑の後ろに刻まれています。

 また、こんな不思議な石もあります。 茶せんの供養塔でしょうか?

幸いな事に、これらの石碑に分りやすい説明文がありました。 多くを語りません……この看板をご覧下さい。

Cimg2298 そして、これを読む限り、鬼塀は、多くの瓦を集めて作った “リサイクル瓦” だったとは……こうして見ると、当時のアイデア作品。今で言うなら “エコ瓦” ですね。

Cimg2299 また、建物のあちらこちらに中国のおめでたい食べ物……桃の細工がみれます。

 また、蝙蝠・こうもり もおめでたい鳥として、こうして描かれています。

 だから、カステラの老舗 “福砂屋” も蝙蝠マークです。

また、長崎のお祝い物に使われるのが“桃カステラ”。 やはり、この2つはセットです。

Cimg2301_2 Cimg2306  また、本堂の屋根を見ると、こんなに生き生きとした鬼瓦がはめ込まれていました。

 屋根も結構傷んでいます。 歴史ある、建造物を維持するには、大きな労力と財力が必要なのでしょうか?

« 聖福寺 | トップページ | 聖福寺 その3 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 聖福寺 | トップページ | 聖福寺 その3 »