2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 広島散策 偶然編 | トップページ | 広島散策 宮島・番外編 »

広島散策 宮島

Cimg2066  やはり、ここは外せないでしょう。

広島駅から市電で、約1時間。 市電の路線案内図を片手に 

 「ふむふむ、今 紙屋町かぁ。ここ辺りが広島でも賑やかな通り? あっ!広島球場が…。昨夜の人々はいずこへ…?  原爆ドームがすぐ近くに…… 」

など、ちっとも飽きる事無く1時間の広電の旅を満喫しました。

無知とはいえ、宮島が船で渡るとは始めて知りました。

しかも、ここの歴史は古く推古元年 (593年) で、平清盛が仁安3年 (1168年) に現在の規模に造営したそうです。

 Cimg2072 私のイメージした、厳島神社と少しイメージが違いました。 そこで……

 ♪ヒロシです…

「宮島に来ました。あの海に浮かぶ鳥居では無かとです。鳥居の下にはたくさんの人達が…。

 いったい何をしてるのでしょう? 潮干狩りでもしてるのでしょうか?

 鹿もいました。一瞬、奈良公園と間違いそうです。 しかも、ここの鹿は、人慣れしてて、

食べ物を取りに来るとです。 恐ろしかとです…」

 と、こんな風です。 

Cimg2064  でも、平成8年にユネスコの世界遺産に登録されました。 この歴史ある、建造物に対しても失礼のないように訂正します。

 「秋の紅葉時期に、またいらっしゃい。 山一面が真っ赤に燃えますよ! 」 と。

 次回は是非、そんな宮島に出会いたいと思いました。

Cimg2061 Cimg2067 日本的な風景です。

 能舞台。

 いにしえ人は、この回廊から満月を眺めながら、 美しい能の舞いを楽しんだ事でしょう。

 しばし、日本の歴史に触れた時間でした…。

« 広島散策 偶然編 | トップページ | 広島散策 宮島・番外編 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 広島散策 偶然編 | トップページ | 広島散策 宮島・番外編 »