2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

長崎港に美しい帆船が…

Cimg1103  4月27日から帆船まつりが始まりました。

水辺の森公園にはたくさんの人達がその美しい雄姿を見ようと集まっています。 これは海王丸です。

帆が張った姿は、やはりつくづく船が「女性名詞」である事を実感させます。

Cimg1104 左の船が海王丸。右が日本丸。大きさは同じです。

ここでも、稲佐山はしっかりと写真に納まっています。

(余談ですが、稲佐山って長崎のどんな所からも見えますよね。小さな小さな路地の先に見えたり、建物の隙間から見えたり……だからこそテレビ塔の機能をはたしているのでしょうが…。)

長崎を離れ、数年ぶりに帰省した時、列車から最初にCimg1094

目に飛び込む風景が稲佐山だそうです。

数十年前、さださんも、福山雅治さんも真っ先に迎えてくれる稲佐山を見て

「長崎に帰ったんだぁ~」 と実感したのでしょうか?

Cimg1099 これは、まさに今!フェイファンが乗客を乗せて、港クルーズに出発した所です。

Cimg1096 右は日本丸の帆先です。

長い長い列に並んで希望者は帆船に乗せてもらえます。

Cimg1085  船に飽きた子供達は、早速水遊び。この日の気温は22度まで上がりました。

Cimg1089 青空をバックに連凧ものびのびと宙に舞ってます。

テントの中は産地直送の新鮮野菜や果物。パン・漬物・手作りまんじゅう…etc.

Cimg1110 運河では、地元学生が製作したのソーラーカーも走っています。

帆船まつりは、長崎市民にとって、まさに家族ぐるみで楽しめるお祭ですね。

やっぱり、長崎が好きっ!

Cimg1132  帆船まつりの会場を後に、久しぶり東山手界隈を歩いてみました。

 「がんばらんば」の地図にも書きましたが、ここがさださんがラップの曲に合わせて不良した(?)場所です。

 オランダ坂を登った所には、長崎らしい風景がいたる所にあります。

Cimg1137 Cimg1131 シャッターを押しながら、

「だから、私…長崎が好きっ!」

って、何回も声に出して言ってました…うふっ

右の写真は2004年に長崎コンベンション協会が発行した「ロケ地マップ」の表紙の場所。

Cimg1134  レンガ塀が続き、時間の長さを感じさせる蔦がビッシリと絡まっています。

レンガ塀と洋館の屋根、そして緑……見事に調和がとれてます。

 不思議な事に、その町の魅力は「道に迷った時」に、思いがけず発見するものです。

Cimg1138  狭い路地裏に迷い込んだ時、そこに住む人々の生きた生活が垣間見えます。生活の臭いもします。その土地の言葉も耳元に優しく響きます。

 さあ!次回長崎に来る時は、ガイドブックは持たないで、

「足が向くまま…」 歩いて見てください。

 たくさんの発見と驚きがありますよ!そして、キットこう言うでしょう…

 「やっぱり、長崎が好きっ!」

今度はサクランボ。

Cimg1145  真っ赤に実った可愛いサクランボ。

また、お隣りさんちです。 二十歳になる双子の坊やが3歳の時、この家のママが親指ほどの苗を植えたのを今でも覚えています。

 「いったい、何年したらサクランボになるかしら?」

って、毎年2人で話していました。

Cimg1143 Cimg1144  数年後、こんなに、立派に実りました。

木のてっぺんから赤く実って、小鳥が先に食べます。しかも「食べ頃」をちゃんと知っているようです。

 全体が約5メートル前後の木です。 →の写真は

先日まで満開だったこでまり。もう、だいぶん枯れ始めました。その左は今が出番とばかりのサクランボ。 季節ごとに草花を楽しんでます。

肝心の「味」ですが……甘すっぱくて、さわやか。道行く人は、何にも言わず、声掛けもせずに、1個、2個とつまんで通ります。

 私も、すぐ近くに「ゴミ出し場所」があり、行きはゴミ。帰りはサクランボ。この行動を楽しんでます!!ここの奥さんは、

「恵里子さん、小鳥が食べる前に取りに来てね!」 って、毎年言ってくれます。

新商品がぞくぞくと…

Cimg1074  お待たせしました。

最新版・雨やどりグッズです。

先ず、第一弾は皮製のCDケースです。黒・オレンジ・オフホワイトの3色。  中にはCDが8枚入ります。

そして、表に ヴァイオリンとMasashi Sada の押し型をデザインしました。 ちょっと、大人の雰囲気です。

Cimg1052 Cimg1053  色目はパソコン画面と多少違います。 が、いずれもどれにしようかと悩む程に、素敵な仕上がりです。

定価 ¥2,800 

限定 100個でございます。

 第二弾は、PURE MALT ボールペンです。 つまり、ウイスキーの樽材を使ったボールペンです。 ダークブラウン・ナチュラル・オレンジ の3種類をご用意しました。

ダークブラウンは大きいサイズもございます。 そして、こちらにも Masashi Sada の名入れを致しました。 

Cimg1060 Cimg1061 定価 ¥1,200

各50本の限定です。

 この春は、大人の女性を意識して 「まっさんグッズ」

も、選定いたしました。

Cimg1066 いずれも、4月23日のブリックホールでのコンサート会場で 初デビューです。

皆様、どうぞ宜しくお願いいたします。

本日入荷!

Cimg1055  いよいよ5月12日から全国一斉ロードショーの“眉山”

それを記念して徳島の吉本醸造様より、映画“眉山”のプレミアム記念ボトルが発表されました。

左の写真がそれです! 秘蔵酒・熟成15年余…

早速、お味見をしました。日本酒だけど色は美しい琥珀色。日本酒でもなく、ワインでもなく、とろ~りとした口当たり。 確かに15年以上は眠ったであろう、そんな深みのある味でした。

 お値段は 300ml.入 \2100 です。 3000本限定で、シリアルナンバー付き。

今回吉本醸造様より、200~300という若い番号を頂きました。 これって、かなり貴重です!

Cimg1056_1  「もっと気楽に飲みたいわ!」

と言う方には、これはいかがでしょう…。

ワンカップ(180ml.) で、表のラベルにさだまさしさんのサイン入です。 3色揃っています。 1本 \280 です。

 いずれも、徳島でしか買えない【眉山】

 雨やどりでお求め下さいませ。 お早めに!

お陰さまで4周年。

Cimg1029  長崎市南山手にお店を開いて丸4年が過ぎました。

出逢ったお客様はいったい何人いらっしゃるでしょうか?

これからも、スタッフ一同 「こころ安らぐ場所」 であるように努力したいと思います。

 長崎に「帰ってきたら」是非!お寄り下さいね。

 心よりお待ち申し上げます。

あまりにもいい天気だったので…

Cimg1002  水辺の森公園を散歩しました。 桜が終わりつつじが満開です。白・赤・ピンクと花の色も様々です。

 4月、5月の紫外線が一年中で一番強いと言われます。つい先日まで「寒の戻り」があってストーブまで点けてた私としては、この日差しさえ有り難いと思います。Cimg1003

 せっかくなので、水辺のレストランでお茶しましょ!

 店内は、白を基調とした

インテリアでまるで船内にいるようです。 以前、玲子さんのコンサートがあったのもここです。 また、さださんのお母様が中心となって活躍してる “MSコーラス” の発表会もここでありましたね。

Cimg1004  お店の入口にこんな案内板が…。

【お散歩の途中に テラスでお食事はいかが?

 ワンちゃんもご一緒できます】

 何だか、幸せな気分になりました…。

陶々亭(とうとうてい)

Cimg1016  とある、お店のご招待で陶々亭でお食事をしました。

ご覧のように建物は純日本のたたずまい…。しかし中華料亭です。 もう50余年の歴史があります。

 和の門構えを入ると、格子戸の玄関が迎え入れてくれます。

Cimg1017 Cimg1018

 こちらのご案内に

【唐人屋敷界隈に通じる路地の一角。 石畳のオランダ坂を登れば、明治初期の豪商が贅を尽くした黒塗りの佇まい……中華料亭・陶々亭】

 【古き良き長崎ノ異国情緒の中で、ご家族や大切な方とのおいしいひとときを心ゆくまで…】 と書いてあります。

 Cimg1019 中庭です。 また昔ながらの縁側がどこか懐かしい雰囲気です。Cimg1020

 それでは、一番気になるお料理のコメントを…!

 なんて上品で、素材の良さを最大限に活かしたお料理の数々。

 新地の中華料理の油っこさが全くありません。あっさりとした、深みのある味。スープのだしは、かしわだけからとったそうで、時には日本料理?と思えるような味加減です。

 「あぁ、説明はいいから早くそのお料理を見せて!!」

って、言われそうです。 実は、次から次に出てくるお料理をあれこれコメントしながら頂くだけで、精一杯。写真どころではありませんでした…お許しを!

 すべて予約制で、お一人様 7,350円~。 長崎大好きな貴方…

次回は是非!こんな歴史ある佇まいで中華も素敵です。お進めです…

外人さんも「がんばらんば」がお好き?!

Cimg0975  先日から、大型客船が長崎港に何回も入港してます。

お店の前では「がんばらんば」のDVDを流しています。

 先日の光景。 まず、右にいるご主人が「がんばらんば」がすっかり気に入ったらしく身振り、手振りで踊っていました。 そのうち、奥様を呼んでます…(私の想像でアフレコすれば……)

「おーい!このDVDを見てご覧よ。すごくノリが良い音楽だよ。しかも!このおじさん(すみません…さださんの事です。)がバリ!リズム感があって、面白いから…。」 と。

すると、奥様登場…

「どれどれ? まぁ、なんてノリがいいんでしょう。ワッハハハ…」

 と、まぁキットこんな会話があったと思われます。何回もリピートして見てましたから…。

今日は、榊原郁恵ちゃんが…

Cimg1008  お店の前を、郁恵さんによーく似た人が…。 思わず声をかけました…

 「郁恵さんでいらっしゃいますか?」 と図々しい私。

「えぇ!」 と躊躇しながら応える郁恵さん。

 「まぁ、嬉しい。実はこのお店“長崎出身のさだまさし”さんのグッズがあります。見ていって下さいね。」

すると、雨やどりオリジナルの“まっさんストラップ”が「可愛いっ!」と好評でした。

Cimg1009 しかし、残念ながら 「購買」には及ばず…。

写真撮影もダメ!ダメ!

 遠くに離れた時に 「はい!パチリ」

テレビで見るより、ずっと可愛くスマートでした。

何より、このピンクのスプリングコートがお似合いでした。

長崎北消防署

Cimg0981  先日、消防署の横を通りがかると……。

何やら、賑やかな声。 「いったい何事?」

すると、壁面に長~い梯子段が掛けられ、その梯子を時間を測って登り切る訓練のようです。

ゆうに、15メートルはあるでしょう。 試験官の「よーい!」の掛け声でいとも簡単にするすると登っていきます。

Cimg0983_2 ほんの10秒もしないうちに、もう一番上まで登りました。

建物火災やビルの上層部火災には、危険がいっぱい!

市民の安全を守る為に、こうした地道な訓練を日頃からされてるのですね。

 

さだまさし写真展。

Cimg0998  館内の写真を数枚。

A3サイズのカラー版。やはり、一枚一枚貴方の目でご覧下さい。

Cimg0999  今日は、「美しき日本の面影」 のCDがバックで流れていました……。

ピースミュージアム

 今月、4月23日で4周年を迎えます。 (お陰さまで、雨やどりもです。)

Cimg0997 今、ミュージアムではさだまさしさんの写真展が開催中。さださんを、30年以上写真を取り続けた森田研作氏の写真が約50点余り…。

 どれも、ステージでの躍動感を感じさせる作品ばかりです。

 もしも、長崎のコンサートに参加予定の方は、必ずこちらもお立ち寄りください。 きっと、充実感で「心がいっぱい!」になりますよ。

Cimg0996_1

懐かしい風景。

Cimg0948  デジカメの中に、まだ写真が入っていました。

嬉野にある小学校です。あいにくのお天気で空の青さも、桜のピンクも鮮やかではありません。

 しかし、こののどかな風景。どこか懐かしい風景。キット校庭では子供達が元気いっぱいに飛び跳ねてる姿が想像出来ます。

 日本の美しい風景……少しずつ薄れていくようで心が痛みます。

フリーマーケット!

Cimg0905  長崎市浜口町の電停にこんな建物があります。

長崎西洋館……。食べ物屋、雑貨屋、美容室、イベント会場etc.大小、30店舗のお店が集合です。

 クリスマス時期になると大きな本物のツリーも飾られます。

 ところで、ここの隠れた人気イベントが月一回のフリマです。 一度も、出展に当選したことが無いのですが……先月、ついに当選しました。

 家中の品々を、片付けながら必要と不要を分け、洋服はきれいに洗濯してアイロンをかけました。アクセサリーはPP袋に入れ、見やすいように…。

 いったい、いくら売れたでしょう……。何と! ¥118,400 です!

 これには、ビックリ。 何回も私のブースに足を運んでくれる人が 「ここのお店が一番いいわ!」とお褒めの言葉。 日頃の営業用スマイルで、売りまくりましたから…。

 本当にお祭り気分で楽しいし、その上収入があって、家の中はスッキリ!

まさに、「一石三鳥」の喜びでした…しばらくはフリマにはまってしまいそうです。

スウェーデン国王来崎。

Cimg0918  先日も、お話しましたが…3月30日、カール16世グスタフ国王とシルビア王妃夫妻が、長崎を訪問されました。

 Cimg0913 被爆地である事や、オランダ商館医として長崎で活躍したスウェーデンの医学者の業績を讃える石碑があることなどから、訪問地を長崎に選ばれました。

 国王夫妻の訪問と言うのに、意外と警固が緩いのです。

こんなに間近で写真も撮れるなんて…。 不思議な事に、国王は誰も見ないで、王妃ばかりを見つめています。どこの国も同じでしょうか?

今度は、「こでまり」…

Cimg0977  海棠の花が過ぎると、今度は「こでまり」が出番を待ってました。 それは、我が家ではなくお隣りの庭で……。

 まっ白の小さな花がびっしりと咲けば、まるで可愛いてまりのようです。 この季節、お隣りの前を通るたびに、

「お庭、拝見!」をします。

右の写真は昨日(4/5) 写しました。

あまりにも青空が美しく、ググッとローアングルで

空を入れてみました。Cimg0978

白とブルー……自然が作る美しいコントラストです。

「一体、いつになったらチキガリの報告があると?」

 と、わずかでも思った貴方……お答えしましょう。 先ず、結論を言うと

「今回は不思議な力の抑制力で、断念せざるをえなかった…!!」と。

オーバーな様ですが、本当です。順調に昭和町を通過し、バイパスに入った途端、車がノッキング状態になったのです。初めての経験で怖くて怖くて…

 実は新車で、1週間前に「一か月点検」をしたばかり。なのに!なのに…!

JAFが来て、レッカー移動をして、それは、それは大変でした。

 キット、「オーラの泉」風に言えば守護神がいて

「今日の遠出は避けなさい!」と教えたに違いありません。そんな訳で潜流酒造は諦めたのです。社長さん!キャンセルして申し訳ありませんでした…。

私のインフルエンザが、ひどくなったのは…

Cimg0949  雨の日の夜、まなび野(シーボルト大学のまん前)にある、“カフェ・ジーノ”に行ったからです。

 駐車場から雨が降る中、ジーノまでの道のりが結構ありました。素足のままに冷たい雨があたって…おぉ!ブルブル…

 何故、私が素足になったかと言うと、波佐見の帰りに嬉野温泉の“立ち寄り湯”…椎葉山荘の野趣溢れる露天風呂でのんびりしたのです。 これが、湯冷めの一因かも?

 私は、さすがお腹いっぱいだったので(コーヒーさえ入らないくらい!)友達にお付き合いしました。この時間はシンプルなメニューのみ。Cimg0952

 何は、さて置きすぐに写真撮影です。

彼女はたった一言……「ブログも大変ねぇ~」

こんなに美しい桜並木は…

Cimg0922  嬉野のインターを降りて、武雄に向かう道。女2人、おしゃべり三昧。 すると…突然、目の前にこんなに見事な満開の桜。

「ねぇ、ねぇ、ひき返して桜を見ましょうよ!」

Cimg0923

 こんなに、見事な桜なのに意外と知られていません。 この道は結構ひんぱんに通るのですが…この季節に通るのは初めてです。

Cimg0924  これが、東京や大阪の大都会にある景色なら……連日、連夜。花見客でいっぱいでしょう。

 桜にとっては、沢山の人に見られて

「美しい!美しい!」 と、賞賛されるのが幸せでしょうか?

それとも、空気の良い、大自然の中で桜の妖精たちはのびのびと過ごす方が幸せなのでしょうか?

 私も、さださんみたいにこの場所の桜を、「my sakura」に決めようかしら……。

家族全員が…。

Cimg0953  噂の“タミフル”です。

先ず、高校生の次女が友達からうつされました。

病名は“B型インフルエンザ”です。 大げさな位のマスクを付けて病院から帰ってきました。

 その2~3日後に主人がインフルエンザに…。もちろんB型です。 それで、波佐見には行けなかったのです…。

すると…今度は私が昨夜あたりから何だか熱っぽい。体全体がかったるい。

病院に行くと先生は 「インフルエンザですね。」と!

「え~っ!調べもしないで?」と私。 先生は、綿棒を思いっきり鼻に指し込み粘膜を取られました。 もう、涙がぽろぽろ…。 こんなに検査が痛いのなら初めから素直に

「はい!インフルですかぁ?」と言うべきでした…反省。

 唯一、先週から福岡に“オレンジレンジ”のコンサートに出かけた長女は「無事だったぁ。」と思っていたら…と~んでもない!

 すでに、長崎から菌を持っていき、しっかり高熱で帰ってきました…。トホホ…

波佐見散策。

Cimg0929 青陶房のお店です。たまたま誰もいない時に写しましたが、人でいっぱいでした。Cimg0930

 あいにくのお天気だったので、テントが張られてました。 この中で、雨も気にせずゆっくり食事が出来ます。

Cimg0944 町のあちこちに登り窯のエントツがあります。もう、これは使われていないようです。

Cimg0947 エントツの横は駐車場です。 でも…この日は喫茶店に早や代わり!Cimg0946

 たった今、お昼を食べたと言うのに

「別腹だから…」 と、もっともらしい理由をつけてぜんざいを頂きました。

Cimg0934 Cimg0936

 町全体が、美しいギャラリーのようです。“和”のテイストを散りばめたお店。

美しいテーブルセッティング……器は買わず、飾り方などをチャッカリ盗みました。うふっ

Cimg0938  なんと!

トイレまでもが、陶器です。重厚な雰囲気がいい感じ。

Cimg0931

 この写真…思わず、シャッターを押しました。

子供たちにとっては、退屈な陶器市。

塀の上に乗って、マンガでも読んでる方がいいのかも?

この子達のママは、今ごろめがねにかなった器のお買い物で、忙しいのでしょう。

名物?陶箱弁当

Cimg0926_1  これは、“赤井倉”というお店のお弁当です。

ワンプレートに沢山の手作りおかずが並んでます。どれも、これも美味しくてぺロリと頂きました。

これで、\2,300 です。 ちょっと高いかな? と思ったのですが、このお皿お持ち帰りが出来ます。だけでもお店では \2,500 で売られてます。 ちょっと得した気分です。

Cimg0927_1  左が“青陶房”のお弁当です。 本当は、こちらのお弁当を食べたかったのですが(お皿が目的?)予約のみでした。もう二月で予約がいっぱいになったそうです。

 せめて写真でも…と、思った私は 今!まさに食べようとしてる方に 「写真だけでも撮らせて下さい。」 と。

恐るべき、おばさんパワーです!!

この器は25×25のサイズ。 お店ではこの器が\3,000 で販売されてました。

そう思うと、随分お得な “陶箱弁当” ですね。

いい物に出会いました。

Cimg0954 あいにくの曇り空の中、今年も賑やかな桜陶祭が行われました。

 一緒に行った友達は(彼女は有田の陶器市しか知りません)

「何だか、若いお嬢さん達が多いね。道行く人は皆、若いわ!」ですって。 それほど、波佐見の陶器は若い人たちに圧倒的な支持を受けてるようです。

Cimg0956  上記が今回、私が買った品々です。

まず、白磁のコップ、桜模様と無地を買いました。

薄い薄い、繊細な陶器です。日本茶にも、コーヒーも合いそうです。

Cimg0957  これも一目ぼれしたものです。 ほんのりベージュ色をした、これまた薄い薄い生地です。 ビールを飲んだら、キット細かい泡が出るでしょう…。楽しみです!

 まん中の絵柄はぶどうのつるかな?

両脇は……セイタカアワダチソウ?

それとも……吾亦紅?

Cimg0959  実は、これが一番のお気に入り。一輪挿しです。

海棠がここでも見事に調和してます。 これから四季折々に季節の花を飾るのが楽しみです。

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »