2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

spring has come!

Cimg0752  “カフェ・ド・マサシ”コーナーにチューリップが一輪。

可愛くって思わずパチリ!

その向こうには白鳥座のコンサートポスターが…。

春と共に白鳥座がやってくる~ぅ。

長崎ランタンフェスティバル

 今年のランタンは例年よりはるかに人出が多いとの事です。

一説には“美川効果”とも言われ メイン会場の湊公園での歌謡ショー。 翌2月24日は“皇帝パレード”にも参加。 湊公園はパンク状態でした…。

あいにく私は仕事で行けませんでしたが、先日(2月25日)の“馬祖行列”は見ることが出来ました。

Cimg0755_1 Cimg0760_1 “馬祖行列”とは……

 江戸時代、長崎に入港した唐船の乗組員たちが実際に行っていた行列。

航海安全の神様を唐人屋敷の天后堂や興福寺の馬祖堂に安置するまでの行列を再現します。

Cimg0762  湊公園に集まった人達です。

会場にはぶたまん、角煮まん、焼き鳥、よりより、ごまぱん、ランタングッズ…などなどがひしめき合っています。

Cimg0768  高さが15mはあるでしょうか? 今年は金色の豚が縁起もので、ランタンのオブジェも豚です。

右のランタンも親豚が居るのが分かりますか?その足元には可愛い子豚ちゃんたちも……。

Cimg0767

 今にも飛んで行きそうなドラゴンです。これも体長が10mはあるかも知れません。迫力があります!!

Cimg0770  浜の町アーケードです。

マクドナルドと大丸の交差点には、いつも沢山の人が行き交っています。

 ましてや、ランタンのオブジェが飾ってあるアーケード。

道行く人は、誰でもがケータイがデジカメで写していました。

あちらこちらに…

Vfsh1483_1  自由飛行館前です。

夜ともなれば浜の町から崇福寺までランタンの光が伸びて、貴方をいざなってくれます。

 幻想的な世界です。

Vfsh1484_1 崇福寺門です。

午後5時からは入場料が要りません。でも、本当はその時間からの崇福寺が一番美しいのに……。

この事は“狙い目”です。次回の参考に、どうぞ!

Vfsh1481_1  中島川にかかる眼鏡橋です。

長崎中のランタンは赤とピンクです。でも……ここのランタンは黄色のみです。

 “川に架かる黄色いランタン”……

あの夕張で見た“黄色いハンカチ”を意識してるのでしょうか?  でも…こちらも素敵っ!!

  以上、写真提供は…山口氏です。 有難うございます!また写して下さいね。

アミュプラザもバレンタイン!

Cimg0701  長崎駅に二月に入って、こんな神社が出来ました。

「アミュプラザ神社」 です。

 若いお嬢さんが絵馬に思い思いの「願い」を書いて鈴を鳴らしています。

 果たして、ご利益はあるのでしょうか?

長崎駅もすっかりランタンの出番を待ってるようです……。

ピースミュージアムへ行きました。

Cimg0699  今、現在2月18日まで、「地域に根ざした美術」 と言う事で、平和・環境・古典画などをテーマに、作品展が開催中。

 受講生18名の力作が46点を展示されてます。

 ところで、ミュージアムの入口にこんなモニュメントがあるのをご存知ですか? 去年の夏に完成し、入口が分かり難かったので…。側面にはカタカナで

「ナガサキ ピースミュージアム」と書いてあります。 ここも、撮影ポイントの一つですね!

みごとに完成!

Cimg0697  私が、デザインしたパールです。

インドネシアで、南洋パールの養殖をしてる友人から、真珠の玉だけを買いました。 (専門用語で言うなら…) 照り・巻き も美しく一級品です。

 「友人」 と言う特権を活かして随分お安くしてもらいました。 宝石店の方と相談しながらデザインを考えました。

Cimg0590  こらが、もともとの玉です。 真ん中のパールは13mm。両脇は10mm。

 デパートの宝石売り場で買うとウン十万するのに、私のお小遣いでも買えるくらいです。

嬉しくって、思わずブログしていま~す!

遂に出た!!

Cimg0694  長崎に来たら 「やっぱり、ちゃんぽんでしょう!」

「でも…あまりにも多すぎて一体どこのちゃんぽんが美味しいのかしら?」

 と、旅行者の皆さんが思うこと。お店にいると、

「どこがお勧めですか?」

Cimg0695_1 と、良く聞かれます。長崎人の私でさえ迷ってしまうほどです。

 そこで、この本登場! 2007年2月1日発売 ¥630

サイズはA6かな? 15cm×11cm の手のひらサイズ。

開いてみると、先ずはちゃんぽんのルーツ。そして、いかにちゃんぽんが栄養満点でなお且つヘルシーかと。

 各、お店のスープと具と麺の特徴がぎっしりと掲載。ちゃんぽんの他にお勧めメニューも紹介され、至れり尽くせりです。 また、エリア別に編集され特色があって面白い。

例えば、新地界隈は¥735 (特製ちゃんぽんは¥1500前後も!)

南山手や駅前も¥900前後 (観光地だから…?)

でも、大波止や、住吉、郊外などは¥600  なかなか面白い。

佐世保市、大村市、島原市、などのお店も紹介されてます。 長崎大好きのあなた!

もう、買うしかないでしょう!!

これも好きです。

Cimg0664  先日、紹介した 「祐徳稲荷神社」

ここの、名物がこの 「糸きり羊羹」 です。お値段は…¥200or¥300 (すみません。忘れました…)

あずきの粒が入った、素朴でなつかしい味。祐徳さんに行ったら必ず買わないと頭が痛くなります…。

そして、我が家はそれぞれが蓋の頭に名前を書いて “my ようかん” として、食後やティータイムに頂きます。今年87歳になる祖母も“バーバ”と蓋に書いて、大事に食べます。

 この筒の底を押すと、上からムム~ッと羊羹が出て、添付されてる糸で切って食べます。 熱めの煎茶と一緒に頂くと

 「日本人で幸せ~!」 と思う瞬間です…

永井隆博士 生誕100周年

Cimg0687  戦前の長崎大学医学部で、教鞭をとりながら医者として過ごしていた永井博士。

 自らも被爆しつつ、弱っていく体でありながら数多くの被爆者の治療にあたった方です。晩年は、この二畳ほどの小さく狭い家に幼子二人と友に原爆症と戦って息を引き取りました。(奥様のみどり夫人は原爆投下の、その日に亡くなられました…)

 平和祈念像のすぐ近くにあります。

Cimg0677   如己堂 (にょこどうと読みます)

   己の如く人を愛せよ!

永井博士が生涯大切に思い続けた言葉です。

 3月3日。この地で生誕祭が行われ、近くの山里小学校の生徒たちが作った「祈りのキャンドル」が優しく光ってます。

Cimg0683  よーく見ると、小学生の字で 「平和」 の文字が…。

永井博士の著書に 「あの子」 「この子を残して」

など素晴らしい本が沢山あります。

機会がありましたら是非、“永井隆記念館”にもお寄り下さい。

今日は、かなり吹雪いてます!

Cimg0662  今年初めての雪。

昨夜からグ~ッと気温が下がり夜中にはうっすらと屋根に積もりました。

雨やどりの窓から写した大浦天主堂の教会の様子です。

雪に不慣れな長崎人は朝から交通機関で迷います。

Cimg0655  (何が一番安全な交通手段なのかを…。)

 さて、今朝早く(でも、ないか!) ♪雪の朝 を写しましたが、さっぱりでした。

                   平和祈念像では、お掃除をされてたおじさんに、

 「今頃、来ても雪はとっくに溶けとるバイ!」 とニヤリと笑われました。グサッ! 

仕方がないので、(我が家の庭代わりの?) 浦上天主堂と記念像をパチリッ!Cimg0654   Cimg0657

家々の屋根がうっすらと、雪化粧してるのが見えますか?

まんまる

Cimg0652 暦の上では今夜が満月。

これは、昨夜の浦上天主堂に見えたお月様。

ライトアップされた教会に寄り添うように輝いています。

 去年のクリスマスから、ずっとライトアップが続いています。 発光不足でちょっと手振れが…お許しを。

午後6時頃の風景です。「ADVANTAGE」の♪まんまる が浮かんできました…

また、行ってきました…。

Cimg0645 BAR猪ノ口屋。

メニューも豊富で、お店のしつらえは和なのに、メニューは洋が多いのも面白い。

手前はイベリコ豚の生ハム(¥800)。ブルーのボトルは今!秘かにブームになってる“BANNZAI CIDER”です。

昔~しに飲んだ、懐かしい味がするサイダーでした。

Cimg0633  お店の中を写しました。 床の間に飾ってあるのは蒔絵の丸盆とお膳のようです。

お正月や、おくんちの時はキット一人ひとりにお料理が振舞われたことでしょう…。

棗や抹茶茶碗も飾られていました。

小さな中庭があります。

長崎の商家には、この中庭は必須アイテムです!Cimg0640

…と言うのも“おくんち”の庭見せで表通りから、家中が見られて、 「キリスト教を信仰してません。」 の証になると言ういわれがあります…

(詳しくは“おくんち”に来て、お調べ下さいね。)

 こんなにお洒落なランプが下がってます。 市松模様ってどこかモダンで新鮮。

 お店のフロアーや、着物柄、洋服のジャケット、etc. などに市松模様を使うと何だか

“おしゃれの上級者”って気がします。  Cimg0639

  Cimg0635                  Cimg0641          

手洗い場もクラシカル。

もう、日本中を探してもこんな風景は見れません。

古いものを、手入れしながら大切に受け継ぐ事って、

とても大切なことですね。  私も、大いに反省するところです……。

 ここのHPはなかったけれど…

     http://www.c-nagasaki.com/2007/01/vol40_bar.html

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »