2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 長崎の作家もの | トップページ | 長崎の初日の出 »

大晦日の諏訪神社

Cimg0462  長崎の諏訪神社の風景です。時間は12月31日、午後11時50分。 まさに新年を迎える人々で一杯です。

 しかし、この写真からはあまりその様子が伺えません。例年よりも参拝客は少なかったと翌日のニュースで言ってましたし…。 実はこの時間私は……テレビの前にいました。

「年の初めはさだまさし」を、睡魔と闘いながら見てました。

と言うことは…この写真は…わが娘が写したものです。Cimg0461 実はもう5年前のことですが、高校受験を控えて大晦日まで、塾で鍛えられていました。

 終わった頃を見計らって、みんなで迎えに行き、その足で諏訪神社に「合格祈願」へ行きました。 さぞかし、お腹も減って寒いだろうと思い 「年越しそば」 を用意して…。

 さて、その年越しそばをどこで作ろうか! あつあつの、つゆをポットに入れて、もう一つのポットには熱湯を持参したけれど…。

そして、駐車場の隅っこでそばを熱湯で湯通して、どんぶりにそばとつゆを注ぎ入れ、蒲鉾とねぎで出来上がり。 “ふうふう”いって食べてました…。

 「それで、見事合格?」 って聞きたいでしょ?

 ………残念ながら…見事に…失敗しました。(涙)

 受験シーズンになると、必ずこの話題で盛り上がります。

 「やっぱり、寒さに耐え空腹に耐えてこそ、祈願しないと…。 何せ、お祭り気分だったもんねっ!」 と。 反省してます…(汗)

« 長崎の作家もの | トップページ | 長崎の初日の出 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 長崎の作家もの | トップページ | 長崎の初日の出 »